絶望している暇はない: 「左手のピアニスト」の超前向き思考

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 舘野泉
  • 小学館 (2017年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093885577

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

絶望している暇はない: 「左手のピアニスト」の超前向き思考の感想・レビュー・書評

  • 脳溢血の後に右半身が不自由になったピアニストのエッセイ。左手のための協奏曲に精力的に取り組むが、そこに気負いや悲愴感はない。何事も心の向くまま、飾らず気取らず自然体の生き方に、心地よく共感できる。

  •  半身不随から奇跡の復帰を遂げた左手のピアニストが奏でる35の言葉。本書の【はじめ】には、こう綴られている。「復活は奇跡ではない。苦難の道のりでもない。絶望もない。悲嘆もない。何かを失ったのでもない。両手で弾いていた自分も、左手で弾いている自分も、変わらない自分。あるがままを受け入れ、あるがままを楽しんでいる」
     内容的には、ちょっと物足りなさを感じるが、読みやすい。

全2件中 1 - 2件を表示

絶望している暇はない: 「左手のピアニスト」の超前向き思考を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

絶望している暇はない: 「左手のピアニスト」の超前向き思考を本棚に「積読」で登録しているひと

絶望している暇はない: 「左手のピアニスト」の超前向き思考の作品紹介

奇跡のピアニストが奏でる35の言葉

“左手のピアニスト”として知られる舘野泉。80歳を超える今も、国内外で年間50回近くのコンサートを行う現役の奏者である。

舘野泉の身に異変が起こったのは、2002年1月のことだ。在住するフィンランド・ヘルシンキでのリサイタル中、脳溢血で倒れ、右手の自由を失ってしまう。
しかしわずか2年のち、左手だけで演奏を行うスタイルで復帰を遂げたのだ。

『目の前に大海原が現れ、うねり、ぶつかり、音が香り、咲き、爆ぜて飛沫をあげているような、そんな感覚になりました。ピアノに向かうと、左手一本で弾いているのに、音が立ち上がってきた。僕の前に、「左手の音楽」という新しい世界が開けてきました。
自分はこれでまた、変わらず音楽ができる。僕を閉じ込めていた厚い氷が融け、一瞬にして光溢れる世界に戻って来たのです』(本書より)

舘野泉は、どんなときも絶望しない。むしろ、不自由や困難があっても、それは自分の知らないこと――つまり、新しい体験だから面白いのだという。
長期に及んだリハビリですら心の底から楽しんだと語る、舘野泉の言葉は、常に前向きで、新しい世界に対する好奇心にあふれている。


【編集担当からのおすすめ情報】
何があっても絶望しない。病を得て右手の自由を失っても、その状況すら楽しんでしまう舘野泉は、人生の達人。
困難に直面したとき、人生に迷ったとき、悲しみに打ちのめされそうなとき、大事なものを失ったとき、舘野泉の奏でる35の言葉は、きっとあなたの力になるはずです。

絶望している暇はない: 「左手のピアニスト」の超前向き思考はこんな本です

絶望している暇はない: 「左手のピアニスト」の超前向き思考のKindle版

ツイートする