傭兵の誇り―日本人兵士の実録体験記

  • 61人登録
  • 3.28評価
    • (1)
    • (8)
    • (19)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 高部正樹
  • 小学館 (2001年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093892612

傭兵の誇り―日本人兵士の実録体験記の感想・レビュー・書評

  • もう一人、傭兵だった人の本を読んでいるんだが、この人の場合は完全に「兵士」だったような印象。
    今、どうやって生きているのだろう…。

  • 生々しい。
    傭兵がジュネーブ条約にも国際法にも守られていないなんて知らなかった。
    戦場を身ひとつで渡り歩いた著者のことばには重みがある。
    いろいろ考えさせられる一冊。

  • 傭兵って、ライトノベルの中のイメージだったんですが、違いました。リアルです。

  • 『傭兵』という単語に萌えを感じるので、リアルを知る為に購入。生々しい話は興味深いものでした。RPGの傭兵とは別物だと実感。ちなみに、しっかり某二次創作のネタにもなったです。

  • 東南アジア、中東で実際に傭兵として活躍している日本人の自伝。傭兵の賃金は驚くほど低い――というか、賃金すら存在しない場合がほとんどだという。著者は、日本でアルバイトして軍資金を貯め、また各地の戦場へと旅立って行く。「最強の男」という言葉に挑戦し続ける男の声。

  • 著者は傭兵さん。現地でしか知りえない感覚と体験を当事者の、かつ日本人の言葉で語っている。一般的なエッセイに比べ共感は難しいが、言っていることは分かりやすい。
    何も戦争に関することに限らず、自分の言葉にどれだけの責任を持って行動しているか、ということを考えさせられる一冊。

  • 知らない場所で正規の兵隊より過酷な戦いを強いられる生活なんて想像もつかないけれど、生きている場所が戦場であろうとどこであろうと、結局は「自分は大丈夫なんだ」と思い込みながら生きていくしかないのかなと思った。
    この人テレビで見たときはとても穏やかそうな人だったので驚いた。

  • SAPIOに連載されてたものの単行本。日本にはまだサムライがいるということを教えてくれる。実体験だけあって、心に響くものがある。少し勇気をくれる本。

全8件中 1 - 8件を表示

傭兵の誇り―日本人兵士の実録体験記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

傭兵の誇り―日本人兵士の実録体験記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

傭兵の誇り―日本人兵士の実録体験記を本棚に「積読」で登録しているひと

傭兵の誇り―日本人兵士の実録体験記はこんな本です

傭兵の誇り―日本人兵士の実録体験記のKindle版

ツイートする