逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体

  • 44人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (8)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 井沢元彦
  • 小学館 (2000年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093893732

逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朝日新聞、岩波書店そして共同通信への偏向攻撃。しかし、著者のいう『朝日真理教』信者である私ということになりそうですが、それだけの意見ということはむしろ、著者とか読売、産経が偏向しているのでは?と思ってしまい、報道の中立性について改めていろいろな見方があると思います。過去の北朝鮮、中国(文革期)、北ベトナム礼賛、独裁・韓国へ冷たかったこと、など著者は主張し、そうかも知れないとは思いましたが・・・。『日本社会はどこへいく』はサッカー・岡田監督への協会の対応、五輪野球へのセリーグの対応への批判と気軽に楽しく読めました。

  • 「朝日真理教」のマインドコントロール まだまだある朝日の「偏向報道」 「和の精神」の弊害 「エリート」たちの愚 21世紀に必要な政治家の資質 

  • 大事な事がねじ曲げられる
    自分の国のことなのに、自虐的に不利になりそうなことを進める組織があります
    日教組(北教祖)、朝日新聞

    イデオロギー優先で情報を操作して、おかしな世論を作りだし自国の不利な情報を作る

    井沢先生は怒っております

全4件中 1 - 4件を表示

井沢元彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サミュエル・P....
西尾 幹二
有効な右矢印 無効な右矢印

逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体を本棚に「読みたい」で登録しているひと

逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体を本棚に「積読」で登録しているひと

逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体の作品紹介

朝日新聞、岩波書店、社会党、共同通信、日教組。日本人を騙し続けた罪を問う。

逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体はこんな本です

ツイートする