愛犬王 平岩米吉伝

  • 29人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 片野ゆか
  • 小学館 (2006年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093897037

愛犬王 平岩米吉伝の感想・レビュー・書評

  • 昔から犬って人間に飼われていたんでしょうけど、意外にその生態に迫ったのは近年に入ってからだったんですね。フィラリア対策など米吉が残したものは大きい。同じ愛犬家として尊敬の念を持ちました。「犬は笑うのか?」その答えは「笑う」だと思う。彼ら犬にも感情があるのだからそりゃ笑うだろう。少なくとも私の飼ってきた子達は笑っていると思う。しかし、オオカミやジャッカルまで飼うなんて当時としては本当に「奇人」だったんだろうな。いい奥さんと子供に恵まれてほほえましかった。

  • なんだかすごい人に出会ったぞ!という感。
    とにかくびっくりした。
    犬を大切にしてきたとは決して言えないこの日本に
    こんなに犬を愛して愛して、
    動物たちへの愛と正しい知識を世に広めようと活動した人がいたなんて、想像したこともなかった。
    実在して、つい最近まで生きていたこの平岩米吉なる人物を
    私は犬を愛するひとりとして誇りに思う。そして忘れずに心に刻みたい。

    偶然手にして読むことになった1冊だけれども、こんなに面白いドキュメンタリー、伝記は初めてかもしれない。

  • 平岩米吉の生涯が要領よくまとめられているが、各著書と「狼と生きて」を読んでいるのであれば、あえて手にとる必要はないかな。

  • 平岩米吉の生涯が要領よくまとめられているが、各著書と「狼と生きて」を読んでいるのであれば、あえて手にとる必要はないかな。

  • 読もうと思いながらも、全然読めなかった。父の本です。amazonで900円で出品

全5件中 1 - 5件を表示

愛犬王 平岩米吉伝を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

愛犬王 平岩米吉伝を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする