日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く

  • 199人登録
  • 3.35評価
    • (11)
    • (18)
    • (44)
    • (7)
    • (2)
  • 17レビュー
著者 : 佐藤優
  • 小学館 (2006年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093897310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 優
ヴィクトール・E...
村上 春樹
田中 森一
佐藤 優
ロバート キヨサ...
佐藤 優
佐藤 優
有効な右矢印 無効な右矢印

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解くの感想・レビュー・書評

  • 試み、内容共に、圧倒的である。極東軍事裁判でA級戦犯とされながら、精神障害となり免訴。開戦時には、NHKラジオで、戦争に至る経緯と意義を説き続けた大川周明。何故、対米英戦争に踏み切ったのか。その解説を佐藤優が引き受けたのだ。最強の一冊である。

    巷では、領土侵犯に端を発し、にわかナショナリズムがブームとなっている。本屋にずらっと並べられた書は、論理に甘く、まるで虐められっこを発見し、ご都合主義で一方的な言い分を並べたてたようなものだ。はいはい、俺はこんな事実を知ってます、韓国くんって酷いよねーっと。大川周明ほど、あの時代の流れをバランス良く俯瞰していた人物がいるだろうか。イギリスの論理と謀略。その後のアメリカの第一次世界大戦への参戦の論理。油と市場を求めた植民地政策。満鉄を巡る攻防。時代は、一方向的に進む。論理必然的帰結として、日米の戦争が待ち構える。

  • 大義名分、イデオロギーは大事だな。

    どう物語を語るにせよ、少なくともこの話はもう世界、に限らず日本国内でもけりがついてしまっている気がする…。

  • 2006.10.10.5刷、並、帯付
    2012.11.26.津BF

  • 極東軍事裁判において、A級戦犯となった唯一の役人が広田弘毅ならば、思想家は大川周明である。大川の分析する日本に対する米英の経済的構造は現代の構造によく似ている。TPPなど、まさに戦後60年たった今、再び戦前と同じような構造が構築されようとしている(パワーバランスが変化しただけで)。
    大川が連合国を怒らせた理由は、単純に植民地政策に対して偏見や誇張で非難したことではなく、筆者の佐藤さんが指摘しいる通り、「まさに痛いところを突いた」という点に尽きるだろう。勝者が裁くという一方的な軍事裁判と、ABC級という曖昧な罪状。パール判事の文献も含めて、再読したいところだ。

  • 大東亜戦争開戦(対米英開戦)について、当時の日本政府は国民に対してその大義名分を明確にし、その説明責任を果たしていた!本書は、戦後の占領政策やWGIPの成果として歴史に埋もれかけた第一級資料「米英東亜侵略史(大川周明氏著)」をそのまま掲載すると同時に、それをもとにした歴史公証(佐藤優氏著)からなる。
    「米英東亜侵略史」は当時一級の思想家であり、戦後の極東軍事裁判においていわゆるA級戦犯として逮捕(結果として免訴)された大川周明氏が、真珠湾攻撃直後にNHKラジオで講演した内容をそのまま書籍化したもの。読んでんでいただければ分かるが、その内容は決して感情的・煽動的な内容ではなく、豊富な学識と正確な事実認識にもとづく非常に合理的なものと言える。「米英東亜侵略史」で明確になることは、当時の世界と日本の情勢とそれに対する当時の日本人の奮闘であり、現在の日本人が良く口にする「国民が政府・軍閥に騙されて勝つ見込みのない戦争に追いやられた」ということが神話であるということである。
    一方の歴史考証は、世界のインテリジェンスの領域において日本にこの人ありと言われ、日本では数少ないインテリジェンスの専門家である外務省職員(現在起訴休職中)の佐藤優氏による。非常に興味深い考証であり、世界各国の外交戦略を世界のその時の最強国だけが取れる自由主義という名の普遍主義(グローバリズム)と、最強国以外の国が取る地政学的な特徴に裏付けられた小世界が複数存在し棲み分ける多元主義に構造化し、近代から今日に至るまでその構造は変わっていないという考証には特に関心を持った。そして、日本の・日本人の本質を「大和魂とは、他者に自己の原理を強要しない、多元論的価値観で、国際協調の基本となる物事の考え方」と表現している点も興味深い。

  • 大川周明について、ほとんど知らない。歴史のなかで葬り去られた『米英東亜侵略史』を復活させる試み。ふーむ。戦中、戦後のよみかたが変わる本。

  • 日米開戦後に、NHKラジオの放送用に作成された大川周明『米英東亜侵略史』の全文に、佐藤優氏が解説を付けたものです。当然のことなのですが、あの当時の人も本当に深い洞察力を持って考えをまとめて、ことに当たっていたのだなということが分かります。戦後60年が経った今読んでも、その論理性に飛躍したところがなく(一部を除いて)、その頃の情報量のことを思うと一級の知識人というものの底力を感じさせます。

    大川が、『敵、北より来たれば北条(*鎌倉時代の蒙古来襲)、東より来たれば東条』と言ったり、『元寇の難は皇紀1941年であり、英米の挑戦は西紀1941年』と言ってみたりするところは、ラジオ向けのサービスであるのでしょうが、一方で神風のような僥倖がなければ難しいという認識を語っているとも取ることができます。開戦に至った大川の説明(聞く人によっては詭弁になるのかもしれませんが)は非常に整合していますが、その先の勝利についてはほぼ一切論理的な説明がないことから、おそらく大川も含めてこの頃の世界情勢を把握できる人が至る認識であったのかもしれません。ただ、やはり中国含む亜細亜側の反応については、自らの希望するところを反映したものであって、明らかに現実を読み違えていたんでしょうね。

    中学の世界史の期末テストで、「東京裁判についてどう思いますか」という、教科書に手がかりもない先生の趣味的な問題が出されたことを思い出します。「日本の責任というものは償わなければいけないが、連合国という当事者によって裁かれるのではなく第三者の主導によって裁判が進められるべきでした」というような小賢しい回答をして、先生から「すばらしいです」のコメント付きで二重丸をもらいました。全くもってそれほど単純なものでなく、国際関係というものが今も昔も単純であるはずもないということがよく分かります。

    よい本ではないでしょうか。南北朝を描いた北畠親房の『神皇正統記』を佐藤氏も大川氏も非常に高く評価しているところからも思考が似ているんでしょうね。

  • 大川周明と言えば、東京裁判で東条英機の頭をポカッと叩いたイメージしかないが、世界でも有数の思想家であることをこの本で知った。
    大川周明が、英国や米国の非道を歴史を振り返る中から示している。そこには米国のダブルスタンダード、日本が米国により回線のやむなきに至った経緯が示されている。また、英国の残虐非道な植民地統治などは、英国人の狡猾さ、したたかさが有り余るほど伝わった。
    著者の佐藤優は、大川周明が世界に通用する思想家であるが故に、東京裁判において日本の正当性を主張されることを恐れ、精神病を理由として起訴しなかったのだと推測する。東京裁判は勝者が敗者を裁くと言うこと、事後法によって砂漠と言うことにおいて問題がある。よって認めることはできない。しかし、かといってかたくなに認めない訳にもいかない。事実として受け止めるしかないと言う。
    大川の思想としては神皇正統記が根本にあるという。その神髄は、日本の歴史は多様な思想を受容しながら、万世一系の皇統が保たれることにあると説く。よってファシズムは大川の流儀ではない。ただ、大東亜共栄圏の思想については、日本とシナとの間に共通の思想を構築することができると説いた。結局それは失敗に終わる。また、アジアを欧米の毒牙から救うためには日本が先頭に立たねばならないが、国力が弱い。よって国力が増大するまで、一時的に中国を植民地とし、欧米と戦い、日中が共通の理念で提携できるときがきたときに、大東亜共栄圏が成功するという思想を大川がもっているが、これは到底中国の容認できるものではなかった。
    この大川の思考から現在日本の中でも主張されている東アジア共同体について、佐藤は語っている。反対だと。そもそも東アジアで共通の価値観を見いだすことができない。それは大東亜共栄圏の失敗でも明らかなのだ。共通の価値観なくして、共同体は難しい。世界最強の米国を抜きにした共同体自体が、危険なのだという。
    いずれにしても大川の思想は、現代日本でもういちど見直されなければならないだろう。特に日本の国家意識がヘンな方向に向かおうとしている今こそ名のだと思う。

  •  ☆4・5点。読了。

  • 佐藤優の著作においては、単なる「(大いに主観的な)視点の提供」に留まり、妙味と説得力に欠ける。
    本来外交官に期待されていない素養における、視野や教養の幅広さをアピールすることで世間に自らの理を示す為の、彼なりの情報戦の一環で書かれたものなのかもしれない。

  • とにかく読むのがしんどい。入院中に読んでいたんですが読み出すとすぐ眠くなりました。ベッドの上だから躊躇無く眠れるので全然進まなかった。
    英国の取っていた植民地政策の酷さに正直驚いた。人権蹂躙をし尽くしたアングロサクソンが人権と声高に言う厚かましさを感じました。

  • ペリー来航以降、アメリカで継承された「太平洋制覇」戦略、モンロー主義の矛盾、執拗な満蒙への介入、在米邦人の排斥、そしてイギリス植民地政策の実態―緻密にして冷静な分析から導き出された「戦わねばならぬ理由」がそこにはあった。真珠湾攻撃直後、NHKラジオで放送され、ベストセラー書にもなった“開戦理由”を全文掲載!『国家の罠』著者・佐藤優が、戦時政府を代弁した「当時最高水準の知性」に挑む。

  • なぜ日本が第2次世界大戦を戦ったのか、
    いままで歴史を学んでいなかったせいで
    なんとなく日本が悪いと思っていた。
    そこに理由があった、というような文章であり、
    大川周明という人の話はたしかに理論的である。
    だが、作者も述べているとおり、開放したいがために、
    侵略するというのは強者の理論であり、
    弱者から見た場合にはそうは見えないであろう。
    その点には気づかなかったのだろうか。

  • 日本の開戦に対する誤解を正し、その正当性の検証と、今後の東アジアに対する外交戦略を提起したいというのは分かる。
    しかし、大川周明の論拠とその後の日本の大敗を冷静に見れば、著者の論とは反対に、ダブルスタンダードだろうがなんだろうが、帝国主義を貫くアメリカが結局強いということを改めて確認させられるわけで。
    英国の帝国主義が時代とともに崩壊したようにアメリカの帝国も時代とともに必ず崩壊する。
    そのときのために日本とるべきスタンスを見つける作業はしなければならないんだろうけど、もうすでにそういう見極めが必要な時期に来ているとこの著者は言いたいのだろうか。

  • <BODY >

    <P> 対中牽制を睨んで日本の外交戦略を「力の均衡の論理」に基づいて組み立て直すことが急務だ。具体的には、日米同盟の基礎の上で日本がインド、ロシア、モンゴル、台湾、ASEANと提携し、中国を国際社会の「ゲームのルール」に従わせ、日本の国益の増進を図るため連立方程式をくむことだ。そこで切磋琢磨していくうちに、自ずから「共通意識の理念型」が生成してくるかもしれない。<BR>
    <BR>
     1.改革は、日本人の活力が衰弱し、悪が跋扈するようになったから必要とされている。 2.改革のためには日本人の本源的生命力に内在する高貴で堅実な要素を再認識し、復興されることが不可欠だ。<BR>
     3.改革とは、日本人の本源的生命力に内在する善の要素によって、日本人に現れている悪の諸現象を克服することである。<BR>
     4.外国の内在的思想、例えばアメリカ型の新自由主義を善の要素とおもって日本に移入しても、それは短期的な弥縫策で終わることが目に見えている。日本という木に竹を接ぎ木することにしかならず、木の生命を更新できない。<BR>
     5.日本の改革の内在的論理は、日本の歴史の研究によってのみ把握することができる。それによって日本国家と日本人の本源的生命力がなんであるか掴むのである。従って、改革と日本史研究は表裏一体の関係にある。<BR>
    <BR>
    大川 周明 1886-1957 東大哲学科卒 酒田出身<BR>
    裁判で、水色のパジャマに下駄履き、東條の頭をたたいた<BR>
    <BR>
    極東軍事裁判<BR>
     戦犯 A,B,C級戦犯でA級戦犯が一番悪質という印象が浸透しているがこれは誤り<BR>
     A 平和に対する罪、 B 通例の戦争犯罪 C 人道に対する罪<BR>
     Aは国家指導部の戦争犯罪に関するカテゴリー<BR>
     歴史的観点から見ればC級が最も悪質<BR>
    <BR>
     </P>
    </BODY>

全17件中 1 - 17件を表示

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解くに関連する談話室の質問

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解くを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解くを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解くの作品紹介

ペリー来航以降、アメリカで継承された「太平洋制覇」戦略、モンロー主義の矛盾、執拗な満蒙への介入、在米邦人の排斥、そしてイギリス植民地政策の実態-緻密にして冷静な分析から導き出された「戦わねばならぬ理由」がそこにはあった。真珠湾攻撃直後、NHKラジオで放送され、ベストセラー書にもなった"開戦理由"を全文掲載!『国家の罠』著者・佐藤優が、戦時政府を代弁した「当時最高水準の知性」に挑む。

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解くはこんな本です

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解くのKindle版

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解くの文庫

ツイートする