ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論

  • 379人登録
  • 3.83評価
    • (34)
    • (56)
    • (40)
    • (4)
    • (3)
  • 60レビュー
  • 小学館 (2011年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093897365

ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本は3.11で未曾有の東北大震災を経験した。 その時派遣された自衛隊はのべ10万人にも達する。 もくもくと震災の復興にあたる自衛隊の姿はテレビのニュースにも流れ国民の共感を呼んだ。 自衛隊は災害・又は防衛と不可欠な存在であることがわかった。

  • 小林よしのりシリーズは結構好んで読んでいる。こういった話題(政治)は文章だけで読むよりは絵も入っていた方が人物イメージがより明確になると思うからだ。
    タイトルは「国防」だが本書の前半は東日本大震災直後の現地取材がメイン、特に自衛隊の活動について焦点が当てられている。本書の後半では呉の海上自衛隊や高等工科学校への取材がメイン。そこから海上での実効能力、つまりアジア圏での海上国防に対する著者の考えが述べられている。
    台湾論でも感じた事だが相変わらず著者の取材能力は高く、それを漫画というメディアで表現しているので小難しい話を非常に分かりやすく読めるのが特徴的だ。
    自衛隊の幹部や現場の隊長のインタビュー等は他のメディアでは取り扱いが非常に雑になってしまう事が多いように感じられるので、こういったメディアで細かく取材された内容に触れられるのは貴重な体験と言える。
    ただ、著者が個性的で情熱的?な語り口を使うので、冷静に読まないと取材先の意見や言葉と著者の主張がごちゃ混ぜになり、少し偏った思考を作ってしまうような気もする。
    特に唐突に出てくる愛子天皇論なんかは本書の中における位置づけとしては完全に「?」な状態。それは新天皇論なりで存分にやれば良い事であって、自衛隊や国防に絡めてする話ではない。こういった部分は漫画のテンポの良さに流されず、冷静に分けて読み進める必要があると感じる。
    上記のように著者の非常に個人的な特徴が出ているところもあるが、本書の全体を通してはしっかり取材された自衛官の言葉に触れているのでそういった部分で興味深い一冊で有る事は間違いない。
    自衛隊の活動や考え方、特に東日本大震災における活動内容を読みやすいメディアで触れたい人には「国防」だと構えて入らずにお勧めできる一冊である。

  • 未曾有の災害である東日本大震災において、それぞれの立場で責任を全うした人々を描いているが、同じ人間なので各自のそれぞれの事情において葛藤があっただろうが、残念ながら、そこまでも掘り下げは、作者の意図的かもしれないが敢えて描かれていなく、結果として自衛隊礼賛的な部分が表層的に出すぎており、若い読者に誤解を与えかねないのが残念である。確かに献身的に活躍された自衛隊や消防、警察、作業員の個々の皆さんには感謝をしてしすぎることはないが、翻って、その指示をした政府や東電がじゅっぱひとからげ的に全ての人々が悪であるかのように描くのはやり過ぎだろう。非常事態に面し、それぞれに個々の責任の範囲において使命を全うすることしかできないはずなのだ。結果論的に全てを断じてしまうのは、神でもない人間には出来ようもない。

  • 護憲の意味について改めて考えさせられた。 
    やはり原発は日本の国土を危険にさらす。

  • 東日本大震災の取材を通じてよしりん先生が考える「国防」についてを訴えている本。国防は単に軍事的なものだけでなく、経済や文化も含めていかに国を守るかということを考えなければならないことがわかった。あと、あらためて自衛隊の銃声を認識させられた。同著者の「反TPP論」と併せて読むと、国防についての理解がより一層深まる。

  • 「戦争論」を読んで2冊目、貰いものだけど相変わらず読みごたえあるわ~(^o^;)ただ主に陸と海だったので、空も読みたかったなぁ(-_-;)自衛隊の仕事は予測できない事に、常に対応できる能力が必要だし大変だな(゜゜;)平和ボケの頭にガツンときたΣ(゜Д゜)

  • 国防についてだが、時期的に半分は震災・原発と自衛隊の論点である。本質的な国防という観点で言えば、自衛隊は最終的には日本の文化的統合の大本である天皇を守る為に存在するということを基本としている。全くもってその通りであり、三島由紀夫も言っていた事だ。後は原発と核武装の観点。脱原発で核武装せよ、というのが著者の考えである。私の考えと大きく異なるのは、著者はアメリカが日本の核武装を容認する時期が近いと記したが、アメリカがそんなことを認めるとは考えられない。核武装やるなら極秘裏でお願いします。

  • 三葛館一般 392.1||KO

    東日本大震災直後からの様子を描いた漫画。震災直後から被災地で多くの命を救い、被災地のために働き続けた自衛隊を目の当たりにした著者が、震災取材後に自衛隊の取材を行い、国防について考えた1冊。戦争や侵略が起こってしまったら・・・。「自衛隊」「国防」について、考えるきっかけになります。
                                  (うめ)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=61857

  • 震災や工科学校の記事を読み、自衛隊に対する尊敬の念が益々高まった。国(国体)を守るという事の重要さを、忘れている人が多い気がする。201404

  • 図書館でなんとなく。
    筆者の著作を久しぶりに読んだ。原発即時廃炉を言い出せないのは核セキュリティーの問題があるからという見方は現実主義的だなとおもう。

全60件中 1 - 10件を表示

小林よしのりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
小林よしのり
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論の作品紹介

拡大する中国の脅威、迫る食糧危機、牙を剥くグローバリズム、突きつけられたエネルギー安保。-もう目を背けてはいけない!「軍隊」だから救えた命、守れる国。『戦争論』から13年-国家の要諦、ここに完結。

ツイートする