資生堂のエレガンス

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 永嶋久子
  • 小学館 (1999年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093963619

資生堂のエレガンスの感想・レビュー・書評

  • 資生堂に勤めていて、さまざまな国に訪れた、今は資生堂美容技術専門学校長の永嶋久子さんのエッセイ。語学習得について…『恥を承知で、とにかく覚えた単語やセンテンスは、すぐに話してみる』『恥をかいた数だけ、会話の能力は進歩している』 他には、『素敵だと感じる自分の気持ちを素直に相手に伝えることが、世界中からいろいろな人が集まるニューヨークのルールかもしれない。お互いが褒めあうことで、ファッションが磨かれ素敵なニューヨーカーが生まれるのでしょう。』『若いうちに、できるだけ多くの本を読むことをすすめます。それがさまざまな人々の人生に触れ、多くの影響を受けることになるのですから。』『たとえ10パーセントであっても、問題は自分に有ると考え反省できる人は、必ず伸びるといわれている。』『学ぶと言うことは、その気になったときがチャンスです。しかしながら、多くのことをどんどん吸収するには時期があることも確かです。〜ですから、この素晴らしい時期に学ぶと言う意欲を持ち、そのチャンスを得ることができたと言う幸運をぜひ自覚してほしいと思います。』 素敵な人だなと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

資生堂のエレガンスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

資生堂のエレガンスを本棚に「積読」で登録しているひと

資生堂のエレガンスはこんな本です

ツイートする