八重子のハミング―4度のがん手術から生還した夫がアルツハイマーの妻に贈る、三十一文字のラブレター

  • 11人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 陽信孝
  • 小学館 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093964111

八重子のハミング―4度のがん手術から生還した夫がアルツハイマーの妻に贈る、三十一文字のラブレターの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人間ってすごいなと思う。

    どれだけ強くなれるんだろう。 
    どれだけ耐えられるのだろう。

    夫婦や家族のきづなって見えないものが支えていると思った。
    人間の本来の醜さと優しさ両方が出たり入ったり、そうやって向き合いながら生きている。
    うまく言葉にできないけれど。

    ゆっくりしたお別れ~スローグッバイ~という
    言葉が、なんだか切なかった。

  • なけたぁー。かなしかった。人間って弱くて、でも強くなることもできるんだとかんじた。

全2件中 1 - 2件を表示

八重子のハミング―4度のがん手術から生還した夫がアルツハイマーの妻に贈る、三十一文字のラブレターを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

八重子のハミング―4度のがん手術から生還した夫がアルツハイマーの妻に贈る、三十一文字のラブレターを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

八重子のハミング―4度のがん手術から生還した夫がアルツハイマーの妻に贈る、三十一文字のラブレターの作品紹介

まさかの同時発病。老老介護4000日の軌跡。これは現代の『智恵子抄』である。

ツイートする