ストーリー&テリング

  • 96人登録
  • 3.70評価
    • (11)
    • (25)
    • (26)
    • (2)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 松久淳 田中渉
  • 小学館 (2006年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093964814

ストーリー&テリングの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さらっと読めました。設定好きだし進み具合も心地が良い。けれど、あまり印象には残らないかも。

  • 図書館にて。
    よくあるドラマみたいに、最初から初対面の人に喧嘩腰で、その関係がのちに恋愛に変わる・・・みたいな、べたべたな設定・・・。
    独特のちょっと寒いオーバーな言い回しとか、ラストのオチとか、どうも時代がかっていてノリについていけなかった。
    内容も期待を裏切らない王道。
    楽しめなくはなかったけど、もう少しどうにかならないのかな。

  • 「最初の印象は最悪、だけど時間が経つにつれてなぜか惹かれていく二人」みたいなラブコメの王道パターンをそのまま踏襲してます。
    主役はバツイチシングルマザー&ファザーの二人ですが、実は本当の主役は直太郎なんじゃないかってくらい、キャラが立ってます(笑)

  • 「天国の本屋」を読んだことがありますが、
    この作家さんってこんな書き方したっけ?ってまず思いました。
    「絵門、真知子、思わず顔を見合わせる。」といった感じに
    助詞を略した書き方が多用されていたり、句点なしで長い文章をつらねてみたり、
    なんだか新井素子さんを思い出しました。
    でもってくどい印象を受けてしまいました。
    話の内容も、そんなに面白いものでもなく…読み終わるのに時間がかかりました。

  • すごくよかった…!「ラブコメ」と同じくらいすき!かわいい!子役を頑張って選んでぜひ映像化して欲しいです。

  • このコンビの作品読みつぶしたくなって一気に読みました。自分たちの過去の作品のエピソードや登場人物をうまく新しいストーリーに取り込むのがうまい人たちだなと思います。
    コンビの漫画家、第一印象最悪のシングルファザー&シングルマザー。親子。友情。いろんな「ふたり」が絡み合って、世界はめぐっていくんだね。

  • 松久淳+田中渉のアモーレシリーズ(この呼び方で良いのか!?)第2弾。
    「ラブコメ」が20代の恋なら、こちらは30代の恋。
    シングルファーザーとシングルマザーの、体中がむずがゆくなってしまうようなラブコメ作品。

    お約束の展開、お約束のすれ違い、お約束の大団円。
    それが心地良いんだ、ホントに。

  • 思わず声を出しながら笑ってしまった(照)
    性格に少し問題ありなシングルマザーとシングルファザーのカップルの話やねんけど。
    この2人だけじゃなくって他の人達も結構個性的で面白いし♪
    ほんわかと心が温まる感じで良かったよ。

  • 2010/10/8読了。

  • 期待通りの甘ぁ~いストーリーでした。「ラブコメ」よりも終始テンポ良くて読みやすかったように思います。シングルファーザーとシングルマザーの大人なんだけど甘酸っぱい恋愛模様がたまりません。

全26件中 1 - 10件を表示

松久淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ストーリー&テリングを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ストーリー&テリングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ストーリー&テリングを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする