僕の死に方 エンディングダイアリー500日

  • 1941人登録
  • 4.24評価
    • (369)
    • (295)
    • (123)
    • (19)
    • (5)
  • 367レビュー
著者 : 金子哲雄
  • 小学館 (2012年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093965200

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
横山 秀夫
湊 かなえ
池井戸 潤
村上 春樹
東野 圭吾
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

僕の死に方 エンディングダイアリー500日の感想・レビュー・書評

  • 41歳の若さで亡くなった流通ジャーナリスト金子哲雄さん。
    彼が最後の最後まで文字通り命をかけて綴った本書。
    ただただ圧倒された。
    彼の生き様、死様、あっぱれとしか言いようがない。

    肺カルチノイドと言う耳慣れない病気に罹った金子さん。
    日本でもほとんど症例もなく、有名な大学病院ですら診療を拒否したと綴られている。
    別名「がんもどき」とも呼ばれるそうで、癌に似ているが癌とは違う肺カルチノイド。
    この名前を少しでも多くの人に知ってもらい、今後の研究に役立ててほしいとの思いから、医師と相談して死亡診断書に「肺カルチノイド」と記載することを望んだそうである。
    金子さんの望み通り日本中の多くの人が彼の死によってこの病名を知ることになった。
    これだけもすごいことである。

    その他にも生前から自分のお墓を決める、戒名を決める、葬儀業者を決める、会葬御礼を書く、その彼の最後の最後まで自分をプロデュースし続けた姿には見習うべき点も多い。
    単世帯が増え続け、地域コミュニティが崩壊しつつある昨今において、自分の死後をどうするのか考える事は決して人ごとではない。
    私も人生折り返し。
    準備する事に早すぎる事はないだろう。

    それにしても金子さんの奥様のあとがきは涙なしに読めなかった。
    金子さんが執筆している文章にも当然奥様への愛がいたるところに見受けられるのだが、このあとがきを読むと奥様の金子さんへの思いがひしひし伝わってきてたまらなかった。
    素敵な夫婦だなと思った。
    奥様あってこその金子さんなのだなと。
    「僕が死んでも絶対に守るから」と言い残して去って行った金子さん。
    亡くなってもずっと金子さんはそばにいると言う奥様。
    こんな夫婦になりたいなと心から思った、一瞬。
    夫の姿を見るとすぐに忘れちゃうだろうけど(笑)

  • 読み終えた感想 心がざわざわして・・・『無』 
    自分の中にある価値観が、リセットされて「0」に戻るような・・・。
    メメント・モリ
    評価はつけられないです。

    読み終えて、ため息が出てきて・・・ぼーっとしてしまう。
    大きな大きすぎて、どうしたらいいのか分からない「もの」の
    一部に触れてしまったような感じで、とても重い。
    涙さえ出なかった。ざわざわする。

    私も一度死にそうになったことがある。
    その時は「自分は死ぬはずがない」と思っていたので怖くなかった。
    でも振り返って見ると、今は「死」が怖い。

    金子哲雄41歳 肺カルチノイドで闘病の末、在宅で治療し
    最期を迎える。
    ガン末期で在宅医療で、そうそう出来ることではない。

    本人も周囲も家族も強い意志がないと出来ないことだ。
    私だったら耐えられない。その重さに耐えられないだろう。

    ご本人も大変だったろうし、それを支えた奥さんも本当に
    大変だっただろう。
    実際に「在宅医療で最期まで自宅で・・・」と全て合意で決めている
    場合でも、「耐えられずに」救急車や病院に頼ってしまう患者や
    家族も多いという。。。

    意志を貫き通した立派な最期だったと思います。
    金子哲雄さん、奥様稚子さん 本当にお疲れ様でした。
    尊敬します。

    衝撃が去ってから・・・
    気持ちが落ち着いてから、また読んでみたいと思います。

  • 舌ったらずで眼鏡でちょっとぽっちゃりしてて、よくしゃべる人って印象の金子さん。
    いろんな情報番組に出てて、
    それがいつの日か凄く痩せていて・・・
    ダイエットをしたとその時聞いたけど、違った。
    それは本にも書いてあったけど、
    病気の事は伏せて、ずっと亡くなる直前まで仕事をし続けて。

    情報を提供し続けたい、みんなを喜ばせたいって気持ちが凄い。
    病気が発見されて、もういつ死んでもおかしくないって言われながらも、
    仕事を休もうとしなかった。

    スーパーのチラシと、女性週刊誌で育ったという金子さん。
    まさに主婦の味方。消費者の味方。

    金子さんの手記の後に、奥さんのあとがきも。
    あとがき最初のアーモンドチョコの話。
    金子さんの話もリアルな事なんだけど、
    奥さんのチョコの話で、もっとリアル感が胸に押し寄せました。

    とても読みやすいし、いろんな人に読んでもらいたい。

    改めてご冥福をお祈りします。

  • 昨年、突然の訃報に心底びっくりしたのはまだ記憶に新しい。
    さらに、その後まもなく本書が発刊されてさらに驚いた。
    病気を隠して仕事をつづけつつ、こんなものまで用意していたのか…。

    余命わずかの闘病記として読むには、ショックで泣き続けた、との描写はあっても、あまり悲愴感は感じられない。ひたすらに、どうすれば自分がお世話になった人に迷惑をかけずに仕事を続けられるか、感謝を返せるか、そのことに心血が注がれている。
    信じられないほど前向きで、常に周囲の人に喜んでもらうことを第一に考え、自分にできることを全うしようと、本当に今際の際まで仕事を続けた金子氏と、それを全身全霊で支え続けた奥様。
    お二人にただただ敬服するしかない。

    奥様の綴るあとがきは涙なしでは読めない。
    深い愛情にあふれたご夫婦だったんだな…。

    悔いなく生きるとは。心残りなく死ぬとは。
    終末期医療の在り方まで考えさせられる、深い一冊です。

  • 死について知りたくて読書。

    実は著者の映像はあまり見たことがない。亡くなってから初めて知ったに等しい程度だった。

    人は目前に迫り来る死とここまで対峙できるのか。自分の抱えている悩みなんて小さなと思い知らされた。本人が死の直前まで書き残し、最期は奥さんがあとがきとして書き添えている。このあとがきで機内号泣。すごい人、すごい夫婦だ。

    亡くなる直前までの膨大な仕事量。もし、仕事量を減らしていたら、延命したのだろうか。いや、むしろ、著者の場合は、逆だったかもしれない。

    幼少期から流通ジャーナリストになるまでの過程。奥さんのこと。仕事たにする思いも綴られている。

    肺カルチノイドという名称をもっと知ってしまうために死亡診断書に書いてもらうように生前に依頼していたなんてきっと自分にはできない。

    がん治療の現実や大学病院の話は衝撃を受ける。1999年に恩師を肺がんで亡くしたことを思い出す。

    自身の命が燃え尽きようとしているのに周りの感謝の言葉があふれる。そんな素敵な本当に惜しい人を亡くしたと思う。著者が死がしっかりと生かされることを願うばかりだ。

    読書時間:約1時間30分

  • 突然重篤な病を宣告され、死の淵に立たされたとしても、
    たとえ1%でも命を繋ぐ希望が残されていたら、
    どんなことをしてもそれに賭けてみようと思うだろう。
    蜘蛛の糸のような希望でもそれに縋り、生きる糧にするだろう。
    でももしも、1%の希望さえないとしたら...。

    金子さんはその暗闇の中を、仕事を唯一の糧に限られた命を生き抜いた。
    それは生き地獄だっただろう。
    しかし仕事を通して人を喜ばせたいという、
    利他の念が生きる勇気を与えてくれたんだろう。
    「肺カロチノイド」という特殊な病を、少しでも多くの人に知ってもらい、
    治療法の確立に役立てたいとの思いもあり、この本を執筆されたそうだ。
     
    最後は赤ちゃんのような顔になっていたとのこと。
    苦しむことなく、眠るように逝かれたこと、それだけが救いだった。
    貴重な体験を遺して下さったこの本は、
    現在闘病中の方をはじめ、多くの人の支えになると確信します。

  • この本を読み終えて間もなく、
    東京へ出かける用事があったので、
    これも何かのご縁だと思って、
    金子さんの眠る心光院を訪ねました。
    11月24日のことです。

    著書の中でも触れているように、
    確かに金子さんの眠るそこは、東京タワーの真下にあり、
    見上げると東京タワーが。
    それでいてそこだけはとても静かで、不思議と落ち着く空間でした。

    金子さんのお名前も確認することができて、改めてそこに埋葬されている事実を受け止め、ここへ足を運ぶ前に読んだ内容を思い浮かべながら、
    悲しみと言うよりは、淋しさを感じながら、
    ゆっくりと手を合わせ、祈りをささげました。

    難しいことと言えば、耳なじみのない病名くらいで、
    それ以外は、最期まで生き抜いたひとりの人間の、
    壮絶な日々が、優しい言葉で淡々と綴られており、どちらかというと金子さんはもとより、奥様の稚子さんに感情移入してしまい、涙することが多かったのは、わたしも妻だからでしょうか。

    金子さんは他に3人ご兄弟がいたそうですが、
    どの方も短命だったらしく、自分がいちばん長く生きられたと。
    それでもこの時代に41歳はさすがに若すぎますよね。
    わたしもそう思います。

    道半ばにしてその生涯を閉じなければならない悔しさは、
    さぞかし計り知れなかったことと思います。
    いろんな人生の終わり方があるけれど、
    生き方って最期まで、その人が出るものなのかもしれないと思います。

    もう、正直最初から最後まで涙なしには読めない1冊なんですが、
    感情的に読み終わるのではなく、自分の生き方に、最終的には最期の瞬間に、生かしていくべき内容だと思いました。

    エンディング的な作品は、何冊か読みましたが、
    年代が近いからか、金子さんのこの1冊が今まででいちばん印象的です。
    (余談だが「エンディングノート」は映画作品として印象的)

  • 読み終わっていろいろな言葉を探すが、うまく出てこない。妻稚子による「あとがき」に、死の近づいた金子を見舞った人が「悲しいというより、美しい景色を見た時のような気持ちで、涙が出てくる」と言ったことが書かれているが、本書の読後感もそれに近いように思われる。何か一編の美しい小説を読み終わったような清々しささえ感じられる、尊い読書体験だった。

  • 自分の葬儀のこと、遺産のこと等、死後のいろいろなことを決めておくエンディングノート。死ぬのはまだまだ先(っていうのも変な言い方だけど)だという状況下でなら落ち着いて作れるのだと思うけれど、余命わずかのときにそれを作るのはとても強い心を持っていないと出来ないと思う。
    病気にかかっていなくても、人間いつ何が起こるかわからない。逝ったあと家族を困らせないためにどうしたらいいかを考えておくべきだとつくづく思いました。

    金子さん、尊敬します。

  • 60代、70代、80代の理想の自分を具体的に描いて突っ走ってきた金子さんが、41歳という若さで亡くなる無念さと、一人残すことになる妻への配慮、亡くなる前日まで雑誌の電話取材を受けていたほどの仕事に対する姿勢。涙なしには読めない本でした。「地域医療が抱える問題を放置して死ぬことはできない」という、この本に込められた金子さんの思いが、無駄にならないことを願います。病気を周囲に隠しながら仕事を続け、ネット上で心無い書き込みを見た時のエピソードや、最後まで献身的に支えた奥さんや医療関係者の方々の姿は、誰もが知るべき事実だと思います。ご冥福をお祈りします。

  • テレビでこの本を紹介していた時だったか、
    「最後まで、お得情報をお届けしたい」という著者の意思で書かれた。
    というようなことを言っていたので、
    いつもテレビで拝見していたような具体的なお得情報が載っているような
    作品だと勝手にイメージしておりましたが、
    (それを求めて読んだわけではないのですが)
    自分の人生、生き方、これからの終わり方について
    真剣に考え、取り組んできた内容がかかれたエッセイ的な作品でした。


    本を読んで学んだこと、感じたことを、
    箇条書きにしてみました。

    ・表紙のオレンジ色は元気の色。

    ・金子さんは頭のいい人。
     そして、人を思いやることが身についている方。

    ・死はいつも身近にあるもの。

    ・人はひとりでは生きられないし、死ぬこともできない。

    ・死ぬまで働く。は、フリーだからこそできる。

    金子さんの人生や考え方を読んで、人間の人生はみんなそれぞれ違う。
    同じにはならないのではないかと思いました。

    自分に死が近づいた時に、
    こんなに立派に考えをまとめ、行動できるかは疑問ですが、
    人生は自分で考え、行動しないといけないと感じました。


    奥さんのあとがきが泣けました。

  • 奥さんのあとがきに号泣。

  • これは凄い本だ。死と向き合うさまをありのままに書いている。読み終わった後もずっと“読後感”が消えない。自分の死について考えさせられた。自分はどのように死んでいくのか。金子さんのようにお世話になった人たちに感謝の気持ちを表す余裕などあるのだろうか。
    いつも妻との夫婦関係を考えたりするとき、「いつか必ず別れが来る(どちらかが先に死ぬ)のだから、それまでわざわざ別れるのは止めよう」などと話したりしていたが、そこでいう別れ(死)など、本当に身近なものとして想像できてはいないのだ。

    最後に奥さんの文章で、金子さんがついに亡くなっていく様子が書かれている。本当にもうお別れだと言いながら、静かに眠りこんだまま息を引き取る様子は、なんとも言えない気持ちになる。もちろん、全編とおして泣かずには読めない。
    読み終えても感動が続いていたので、こうして初めてレビューを書いた。

  • 泣けた。私も最期は金子氏のようにいられるだらうか。

  • よく死ぬこと=よく生きること

    余命宣告をされたら、仕事をやめる人が多いのでは。
    余命0日と宣告を受けてから、生きる力となったのは、仕事に対する熱意があったから。
    それだけ熱意を持てる適職に出会えた事も素晴らしく、またうらやましい。

    死亡診断書の病名まで指定したのは、症例の少ない「肺カルチノイド」の知名度アップ、研究が進むことを望む著者の熱い思いの表れだろう。

    自分の使命を意識し、直前までまっとうされた。

  • 12月に入ってネットの記事かなんかでふと目にとまった本。
    珍しく「読みたい!」と強く思って探したがネットでは見つからず。
    2週間待ちとか入荷次第発送とか・・・
    落胆しつつ一応帰りに地元の本屋覗いてみたらフツーに売ってた。
    ビバ地方ヽ(´-`)ノ

    「余命ゼロ」なんてそうあるもんじゃない宣告を受けながら、
    自分の死を自分でプロデュースした500日間をまとめた手記だ。
    現在アラフォー半ばで、今後もおひとりさまで過ごすつもりの
    自分にとって、「死ぬ準備」というものは密接に関連する事項なので、
    そのあたりの心構えというかなんとなしのノウハウというか、
    そういうのが読み取れるかなと思って購入した。

    が。
    そんなカンタンなもんじゃなかった。
    死が怖くない人なんて、ぶっちゃけいないと思う。
    金子さんもそういう姿を隠さず描写している。
    それでも周りに迷惑をかけないように病気を隠し、
    その裏で死ぬ準備を着々と進める姿が次に続く。
    ラストは潔いというかすがすがしいというか、
    「え、これで終わりなん?」という感じのさらっとした文章。
    あ、読み終わったんや、とわかってからしばらくぼーっとしてしまった。

    自分が死ぬ時どんなふうに死ねるやろ。
    この本を読んでからよく考えるようになった。

  • 葬式の一切、お墓の事などを最初から最後まで取り仕切ったという(それだけでもすごいことなのだが)著者の金子さんの本という印象でなにげなく手に取った。

    今自分の持っている、ただでさえ少ないボキャブラリーでは到底表現しえない、想像以上に圧倒された感覚を覚えながら、この1冊を読んだ。
    普段、ただでさえ本を読むのが遅い私が、最初から最後まで、2日かからず、あっという間に読み切った。

    流通ジャーナリストになるまでのこと、なってからのことを綴っている時には、聞き覚えのある声で語っているかのよう。
    肺カルチノイドとわかってからも、聞き覚えのある声で語っているかのようではあるけど、
    葛藤、弱さも見え隠れしながら、語られていて。
    死の準備をひとつひとつ行っていく様子が、あまり手に取るように語られていて、
    読んでいる最中に、「この人、本当に亡くなった人なんだよな?」と何度思ったかわからない。
    相手の「喜ぶこと」を見つけ出すという信念を持って、金子さんが最期まで本当に仕事をすることを貫いた意志、力を感じずにはいられなかった。
    最終章に、奥さんの手記によって金子さんの最期の様子が語られているけど、本当にその意志を貫いたことを、ここからも実感する。

    この本を読んで、跳ね返って、自分が生きていることとはということ、自分がつくづく生かされていることを考えさせられた。

  • フォトリーディング
    死に方

  •  死ぬということ。

    “余命〜年”
    よく小説ではある設定。

    涙してしまう物語だ。

    でも、違う。

    現実の実際の作者の体験。
    死ぬ間際まで書き残した、生と死の間の生き様。

    不思議だった。

    人はいつかは死ぬ。
    誰しもそうだ。

  • サブタイトルがエンディングダイアリーとあるから、余命を宣告されてからの日記みたいなものかと思ったけど、日常的な経済関連の勉強にもなった。本当に、最後の最後までそういうことを知らせていきたかったんだろうなと思う。
    肺カルチノイドという病気だったらしいのだけど、何の前触れもなく余命を宣告されたわけではなく、顔のむくみやひどい咳が長引いていたのになかなか病院に行ってなかったらしい。そういうサインがでてすぐに病院に行ったら何か変わっていただろうかということも考えたんだろうな。それか、そういうことは考えないようにしたか。
    それにしても、改めてすごい人だったんだなと思う。就活の時なんか、一日に何社もまとめて集中するようにしてもらってたらしい。近場に集中させていたので交通費をもらってもランチ代が浮くぐらいだったのだとか。よく考えたなぁ。後、自分の記事を掲載した女性週刊誌の自分の記事のところに付箋をはっておき、テレビ局のを喫煙室においた戦略とか本当にすごいと思った。こういうやり方をしてテレビのオファーを増やしていった人って、金子さん以外にいるのだろうか。
    後、経済の話で特にためになったのが牛肉の話。鶏肉や豚肉の値段はどこでもあまり変わらないがスーパーで売られている牛肉の値段はその地域の経済力に比例するらしい。後、『牛乳、食パン、卵、豆腐』が安いスーパーはコスパがよくいいスーパーらしい。勉強になるなぁ。
    後、大学病院や専門病院ではカルテに書いてある病名や症状を相手にしているようで、患者はモノ扱いされているようだったという話。自分も今日、健康診断の結果をもらいにいったのだけど、こっちに目を合わせず、ずっと診断結果の書かれた紙に向かって喋られたのでなんとなく気もちは分かる(死を宣告された人の比じゃないだろうけど)。
    驚いたのが、姉二人と弟一人は幼いころに亡くなっているという話。長寿遺伝子の話をした後にそのことについて書かれていたけど、こういうのも遺伝子の問題なんだろうなぁ。いったい何が悪さしてるのだろう。

  • テレビの情報番組などで流通ジャーナリストとして生活に密着した説明で好評を得ていた金子哲雄さん。肺カルチノイドという難病で41歳でお亡くなりになったのが3年前。その金子さんが自分の死後に出版して欲しいと、生前に準備していたのがこの本の原稿。生涯無休を貫き、倒れるまで仕事を続けた。なかなかマネの出来ないことだと思います。

  • いい夫婦だなと思った
    買ってよかった本

  • あとがきに、金子と私の関係は、「凧」と「凧を揚げる人」のようなものでした とあり、理想の夫婦関係だったと思う 「肺カルチノイド」という病気があることを広めて自分のような減らしたいという思いで「最後に本を出したい」と言い出した

  • グアム旅行中に泣きながら読みました。
    金子さんは本当に本当に真面目な人なんだなーと思いました。
    仕事が生きがいで人が喜んでくれることが大好きで、奥様のことを大切に思っていて、こんなに夢中で生きている人の命が途絶えるなんて世は儚いです。

  • 苦しい病養の中、よくぞ執筆して下さったと思いました。金子氏が流通ジャーナリストとして世に出るようになった人間関係の築き方、肺カルチノイドと言う非常に珍しい病気・終末医療と在宅で死を迎える準備、遺産管理や死後に関わる葬式やお墓の事を生前に金子氏が全て自分で決めた事。在宅死亡後は救急車を呼ばない、死亡原因の病名を肺カルチノイドと書いてもらう事を生前に家族や主治医に伝えていて、自身の死のプロデュースは最後まで素晴らしかったです。死生観を学びたくて高野山の大学に行く心理は理解できる。誠実な人柄が分かる本でありこれからは昔のように家で最期を迎えたい人の為にも参考になる本でもあるだろう。

全367件中 1 - 25件を表示

僕の死に方 エンディングダイアリー500日に関連する談話室の質問

僕の死に方 エンディングダイアリー500日を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕の死に方 エンディングダイアリー500日を本棚に「積読」で登録しているひと

僕の死に方 エンディングダイアリー500日の作品紹介

突然の余命宣告。絶望の中でやがて彼は「命の始末」と向き合い始める。その臨終までの道程はとことん前向きで限りなく切なく愛しい。これは41歳で急逝した売れっ子流通ジャーナリストの見事な死の記録である。

僕の死に方 エンディングダイアリー500日の文庫

ツイートする