バカでも資産1億円:「儲け」をつかむ技術

  • 127人登録
  • 3.66評価
    • (7)
    • (16)
    • (15)
    • (3)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 杉村太蔵
  • 小学館 (2014年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093965293

バカでも資産1億円:「儲け」をつかむ技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もと国会議員の杉村太蔵が書いた本。
    株式投資ばかりの本かと思いきや、今までの人生の転機とか、
    そういった話がメインだった。
    今までの人生で、国体でテニスで優勝したり、
    国会議員になってみたり、そのあとタレントになってみたりで、
    それぞれでどうやって機転を利かせてきたか、というのが
    面白かった。
    あと、国会議員だったりするときには、首相や
    与党幹部とかともあったりする機会もあるわけで、
    そういった人たちからどういったことを教わったのか、
    また吸収してきたか、という話もあって、
    とても参考になった。

    それにしても、「国会議員の立候補者を募集!」って
    なったときに、すぐに応募できるっていうのは、
    やっぱり何にもしてないわけではなくて、
    「棚から牡丹餅」の牡丹餅が拾えるところまで
    頑張っていたってことなんだなぁ、と思ったりもする。

    タイトルにある「バカ」は、一般的な意味合いの
    「バカ」とは違う意味だな、と思ったりする。

  • 正直うすっぺらい人という印象しかないが、この本を読んで印象が変わった。杉村氏は試験勉強はできなかったかもしれないが、社会でうまく渡る頭は優れていると思う。あと行動力か。
    ・与えられた目の前の仕事に対して真摯に全力で取り込む。
    清掃の仕事を与えられたら、それをやりとげるためにひたすら邁進する。
    ・タレント活動するときでもADや裏方のスタッフに対する態度には十分気をつける。
    ・趣味は武器になる。(この人の場合はテニス。国体優勝というから凄い)
    ・小泉元首相は普段から1分スピーチの練習を行っていた。
    ・転職は経験をすぐに生かそうとするのではなく、ゼロから始めるいう意識を持って愚直に働く人が成功する。
    ☆自分がバカということを意識して愚直に上司に可愛がられる努力を行い、すぐに行動する。

  • 軽いイメージしかなかった彼は彼なりに真面目に人生考えているんだなーと感じた一冊
    ★棚ぼたの為には棚の下にいろ。新しいチャレンジを恐れず一歩踏み出してみる。
    ★やる前に失敗を心配するのは時間の無駄。チャンスを得る為には悩む前に行動。
    ★1分で言いたい事をまとめる。相手に印象を残すには1分がちょうどいい。
    ★負けを認める事は将来勝つための闘い方と心得る。
    ★ボックスチャート(チャートがある一定の値幅で上下しながら横ばいの状態が続く)つまり、ボックスの下限で買って上限で売ると儲けが出る。
    ★ナンピン買いの注意点は事前に回数を決めておく。5回と決めている。資金を五等分して買う。

  • 65ページまで読んだ。
    元国会議員の自伝。
    メディアを通して見ると、バカな元国会議員でも、実像は違うのだろう。

  • 289.1

  • 思いの外、面白かった。

  • 実例などにそって考え方等載っており読みやすい本。正直薄っぺらい本かと思い気や、面白味があり、読みやすく、また実用性もある部分もありオススメ。

  • まず本の書名を見て杉村太蔵さんは株式投資をやっていたのは知っていたので株で稼ぐ方法かなと思って手にとったが、自伝的エッセイ(?)のようであり、これはこれで面白かった。
    もっと軽いイメージを抱いていたのだが彼はしっかり自分の考えを持ちフットワークも軽く行動力もあり、頼もしい一面も見せてくれた。
    奥様と娘さんを大切にし、杉村商事の社長さんやタレント業もこなす。
    決してバカではできないことである。

  • 杉村太蔵のヒストリーとそのポリシーがわかる。
    その心がけには参考になる部分もある。
    投資に関してはあまり参考にしていない。

  • とにかくスピード感を持って真剣に!自分は何を求められているのか?

全26件中 1 - 10件を表示

杉村太蔵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
伊賀 泰代
クリス・ギレボー
有効な右矢印 無効な右矢印

バカでも資産1億円:「儲け」をつかむ技術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バカでも資産1億円:「儲け」をつかむ技術の作品紹介

タイゾーが落選4年で資産1億を築けた理由

大学中退決定後の就職活動で連戦連敗、料亭発言で猛バッシング、選挙落選で貯金激減し家計の大ピンチ…タイゾーがドン底から這い上がるために実践した大逆転の法則とは?


金なし、学歴なし、スキルなし、コネなしの著者が、ビジネスの現場で勝負するために実践してきた「儲け」をつかむメソッドが満載。2010年7月の参議院選挙落選からわずか4年で、資産1億円を築くことができた秘密を初めて明らかにします。
ほかにも、部下力の高め方、失敗をチャンスに変える方法、財布を使わずにお金を貯めるワザなど、働く人だけではなく、就職活動中の学生、主婦にも参考になる示唆に富んだ内容です。著者初の単行本は、あのタイゾーに教えられるなんて! という「学び」が盛りだくさん。ビジネス・マネー書としても読んでいただける一冊です。

バカでも資産1億円:「儲け」をつかむ技術はこんな本です

バカでも資産1億円:「儲け」をつかむ技術のKindle版

ツイートする