逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)

  • 466人登録
  • 3.58評価
    • (25)
    • (48)
    • (83)
    • (5)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 井沢元彦
  • 小学館 (1999年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094020052

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今回は、鎌倉幕府の成立から御成敗式目の制定までが扱われています。

    平安時代以降の中央の土地をめぐる政策に不満を抱き続けてきた武士たちが、自分たちで政権を作ろうとしたのが幕府だったとする見方が、本書の全体を貫いています。戦術の天才だった源義経は、武士による政権を作るために努力していた兄・頼朝の意図を理解せず、そのために頼朝に討たれることになったとされます。さらに同じ観点から、北条氏による源実朝殺害に至るまでの鎌倉時代初期の歴史の流れが解説されています。

    一方、北条泰時が制定した「御成敗式目」は、武士の「道理」を実現するものでした。著者はそこに、現代にまで続く日本人の「自然」理解を読み取ろうとしています。

    今回は主題が絞られているためか、政治的な発言がさしはさまれるのもあまり気にならず、おもしろく読むことができました。

  • 平家から源氏への政権交代は、源平の合戦で語られる両家の争いではなく、従来の公家政治と新興の武家勢力との争いであり、東国武家の棟梁である源氏が、公家政治を打ち破った戦いといえる。そして、源氏が3代で滅び、北条執権政治に移行したのは、源氏が東国武士集団の御輿に過ぎなかったことの証左である。そして北条泰時による「御成敗式目」によって武家政治が確立されたと解釈される。

  • この巻では、平安時代末期から鎌倉時代の事柄を著者の眼点で論じています。私としては、前巻までとは物足りないと思いますが、「源頼朝」の運命と言いますが人生に係わった人物の運命まで書かれています。そのため普通の歴史関係の書籍とは違います。

  • 平安末期~鎌倉時代に焦点をあてる。前4巻とは異なり、一級史料が多く史実の信頼性も高い時代のため、通説をなぞり細部を反証するスタイルになっている。論理の著しい飛躍がないため筆者にはむしろこちらのほうが性に合っている気がした。

    鎌倉幕府成立前後は中世日本史の山場なので面白くないわけがない。これまでのような通説を覆そうとする派手さはないものの、「源平合戦ではなく、実は源源合戦だった」といった逆説はとても興味深く納得感も高い。

    ・源頼朝と北条一族編
    ・源義経と奥州藤原氏編
    ・執権北条一族の陰謀編
    ・悲劇の将軍たち編
    ・北条泰時と御成敗式目編

  • 本巻で著者は、義経のアイドルとしての人気が、判官贔屓につながった、すなわち、「怨霊のタタリを予防するための「心構え」が「和」であり、それでは防ぎ入れずに発生してしまった怨霊への対症療法が「神として祀ること」および「判官贔屓する」ことなのである。」として、怨霊信仰と「和」の精神から判官贔屓の由来を説明している。また、明恵の「あるべきよう」=「日本自然教」が朝廷と幕府が併存する「朝幕併存体制」を成立させた、と説く。

  • (「BOOK」データベースより)
    源氏はいかにして平家を打倒し、武士政権を樹立していったのか。その解明の鍵は“源源合戦”にあった。また、義経は「戦術」の天才でありながらも頼朝の「戦略」を理解することができなかった。日本人が八百年にわたって錯覚してきた『平家物語』、そして「義経伝説」の虚妄を抉る。

  • 源氏勝利の奇蹟の謎

  • 本書では、井沢氏の主張してる、日本歴史学の三大ダメ主義の影が比較的薄い。

    ただ、その分析、考察は相変わらず鋭く、目鱗も多い。かえって、古代編よりも切れ味は鋭いと思う。

  • 相変わらず切り口は面白いし、「なるほど」と膝を打つことも多いのだけど、ふと疑問に思ったのは「自分たちの感性をどこまでこの時代に適合させていいんだろう?」ってこと。

    「怨霊」について現在とはまったく違う考えが膾炙していた、という主張はとても説得力がある。
    じゃあ
    「あいつ、向こうの仲間に入りやがって」
    とか
    「戦術を優先させて、戦略を台無しにするのは愚かな行為だ」
    とか、僕からしたらもっともな感情は、はたして当時はどうだったんだろうね。

    ほんの数十年前の小説を読んでも、たとえば貞節に関する感覚なんか今とまったく違ってたりして、だから僕たちが素朴に「アプリオリな感性・態度」と思っているものも、実は時代の産物かもしれない。
    なんかそんな想像をしてみた読後数時間。

  • ご本人とその政治的主張は非常にクセがあり(マイルドに言って)、好き嫌いが別れそうですが、彼の通史は本当に面白い。「怨霊信仰+コトダマ+ケガレ忌避+和の精神」という日本人の宗教観をベースに古代史から現代までを新たな視点で考察しています。粗い・甘い箇所もあるけど掛け値なしに面白く、目から鱗。考えさせられます。

  • 第五巻。

    鎌倉中心の武家支配の成立が、
    どういった経緯で起こり、
    そこに関わった人々が何を考えてどう行動していたかを
    読み解く。

    逆説の日本史シリーズでは、著者による徹底的な
    日本の歴史学会の3大ダメ主義、すなわち
    権威主義、史料至上主義、呪術的側面の軽視、への批判が
    展開されるが、
    おもしろいことにこの5巻ではあんまりそれが出てこない。

    あるいは、引用する先人たちの研究についても、
    「一部同意しつつ井沢流の別の見方を提示する」
    得意のスタンスが多くなくて、比較的に全面的同意が多い。

    では本書は、考察が鋭くないのかというと、
    まったくそうではなく、
    むしろ歴史学会批判にエネルギーを注いでいない分、
    日本人の考え方の成立という点を深く、実に納得いくかたちで
    考察されているように思った。

    とくに第5章の「北条泰時と御成敗式目」における
    日本の政治思想成立の読み解きは大いに感化される。

    日本的自然教の思想リーダー、明恵の教えを受けた
    軍事・土地争いの分担責任者である北条泰時が、
    「争いの当事者に納得させる」ことを重視して、
    律令体制を横において、御成敗式目という「道理」の
    判断を重ねていったこと。
    それはすなわち「開墾した土地は、その人間のもの」という、
    いわば人間(の脳)にとって非常にしっくりくる
    「貢献に対する報酬」を政治が支えることが日本史上で
    おそらく初めて、実現したフェーズであり、
    だからこそ、出自というか家柄が低く、しかも「執権」でしかない
    北条氏の武家統治システムが、武士たちの納得を集められて、
    長きにわたって続いていく土台になったのでは、ということを
    思った。

    そしてここに、天皇・公家は、官職の任命やらは行うものの
    実質的な政治統治は鎌倉が引き受けるという、
    著者のいう「朝幕併存体制」が成り立つことによって、
    今日まで日本人が持ち続けている
    「道理の概念」が現れてくるのではないかということを思う。

    明治”維新”は、天皇があらゆる意味で国家の中心というところに
    当時の政府が強引に「戻そう」とした動きだが、
    第二次世界大戦における日本の敗北によって、
    その天皇主権があっさり終わってしまったのも、
    そもそものところ、この「道理」のほうが強力に据わっていた以上、
    当たり前なんじゃないのか、とふと思った。

    自分の耕したものは、自分のもの。
    人々にとっては、それがもう当たり前だったのだ、と。

  • 天皇vs武士の構図で、その後の日本のあり方を決めた、この時代が一番面白いかもなぁ。日本初のアイドル義経が不死伝説を作ったことも大きなことだったと思う。ともかく面白かった。

  • 一般的日本人にとって、平安時代から鎌倉時代への転換の一大イベントと言えば「源平合戦」という認識が強い中、実はこれは「源源合戦」だったというのはちょっとした驚きの視点でした。  よくよく考えてみると木曽義仲と源九郎義経の話を知識としてちゃんと認識していたにも関わらず、その部分に関してはさほどじっくりと考えたことのなかった我が身を省みて、ちょっと情けなくなったりもして・・・・・(苦笑)

    ただ、その後しばらく続く「頼朝は実は単なる神輿に過ぎない」という話とか「戦術には長けていても戦略には無頓着の義経」という話に関してはちょっぴり冗長に感じてしまいました。  少なくとも KiKi にとってはそこらへんの認識は決して新しいものではなかった(既に人口に膾炙されていると認識していた)からです。  鎌倉時代においてなぜ源氏が3代で終わってしまったのか?というあたりにしても・・・・・です。  そんな中で秀逸だと感じたのは鎌倉幕府の体制図を持ち出し、実際にはその体制図に描かれている組織・・・・というか機能・・・・というかが同時並列していた時期はないに等しかったというくだりで、なるほど、それまでにない体制を作るということはそういうことなんだろうなと納得させられてしまった気分です。

    そして、「古代編から平安まであんなにも大活躍(?)していた『怨霊』がここへきて急速に衰えてきちゃった(著者の主張の中で)なぁ、これからどうするんだろう??」とちょっと意地悪モードの入った興味本位で読み進めていたところにドド~ンと登場したのが、「道理」という概念で、これにはビックリ!!  ここからいわゆる Nature とは別義の日本人が大切にしている「自然」という感覚、そこに横たわる「納得」という感情を説き起こしている部分はかなり読みごたえがありました。

    KiKi 自身はその話の中で語られる「明恵上人」という方に関してあまりにも無知なので、この方に関して、そしてこの方の思想に関してもっともっと知りたいという欲求がムクムクと頭をもたげてきちゃったんですけど、それだけでも今回の読書はとっても刺激に満ちたものだったと感じています。

    ま、何はともあれ、この時代を突き動かしていた根本原理は「怨霊」だの「言霊」だのという呪術的要素の極めて強い部分ではなく、著者自身も認めている「リアリスティック」な「土地問題」であるだけに、そうそういつまでもそれだけで突っ走ることはできないわけでして・・・・・(苦笑)  でも、事が人間のやっていることなだけにそこには明確に「思想史」「文化史」に属する「ある種の価値観」が作用していることは間違いのないことであるうえに、おじいちゃんの代までは拘っていたものが孫の代で雲散霧消というわけにもいかないでしょうから、その継続性の部分にもうちょっと筆を割いてもらいたかったなぁ・・・・と。  そういう意味では個人的にはこの巻で出てきた「中尊寺が何故残っているのか?」とか「義経不死伝説」だけではちょっと物足りない・・・・・。

    まあ、このあたりは坂東武者というよりは「朝廷のある京都育ち」「清和源氏の末裔」というDNAを持った頼朝を筆頭とする源氏3代と根っからの坂東武者との代替わりによって転覆されたとも言えるわけだから、それならそれでいいんですけどね(苦笑)  そうであるだけに北条泰時の偉大さ(と言うよりは著者のいうところの明恵が語る落としどころの絶妙さ)があるとも読めるわけですが・・・・・。

    いずれにしろ、理論武装という意味では極めて脆弱な土台の上に立っていた「武家政治」がこの後延々と明治維新まで続いたのも不思議なら、そんな環境下でそれでも生き延び続ける朝廷(天皇家)というのも落ち着いて冷静に考えてみるとかなり不思議な存在なわけで、そのあたりをあれこれ... 続きを読む

  • 平清盛まわりをおさらいしようと思って再読。

  • 既存の歴史本に飽き飽きした人が気分転換として読むにはいいのかも。
    司馬や海音寺の小説やエッセイをたびたび引用するのだが、そのたびに「ああ、司馬や海音寺を読めば良かった」と思う。両氏と比較するのも失礼かもしれないが、限られた時間を費やすのだから良著を読みたい。

  • 逆説の日本史(4)に続いてよんでみた。

    平家の話はあんまりなかった。
    源氏、というか、いかにして武家政権が誕生したのかということが主に語られています。

    源平合戦というけども、東国武士たちの独立運動といったほうが歴史の流れとしてはしっくりくるとは知らなかった。

    「承久の乱」という歴史の変革点の重要さ、北条氏の活躍など日本史の授業で習うよりも頭に染み込みます。

    知っているつもりで知らないことが多くて面白いです。

  • 鎌倉幕府が起こった背景として、公家たちの領土に関する取り決めに不満を持った武家たちにより源氏がかつがれたことなどが丁寧に書かれている。
    横道にそれつつも多面的に歴史を検討する逆説の日本史シリーズは勉強になる。

    目次
    第1章 源頼朝と北条一族編
    第2章 源義経と奥州藤原氏編
    第3章 執権北条一族の陰謀編
    第4章 悲劇の将軍たち編
    第5章 北条泰時と御成敗式目編

  • 時代は鎌倉時代。
    何度目かの読み直し。
    「怨霊信仰」に拘り過ぎて、論理の矛盾も見られるが、歴史はいろんな解釈があるから、これはこれで面白い

  • 源氏勝利の奇蹟の謎

    ・鎌倉幕府の誕生Ⅰ
     源頼朝と北条一族編―「源源合戦」「幕府成立」を予見した北条時 政の謀略
    ・鎌倉幕府の誕生Ⅱ
     源義経と奥州藤原氏編―”戦術の天才”義経が陥った「落とし穴」
    ・鎌倉幕府の誕生Ⅲ
     執権北条一族の陰謀編―鎌倉「幕府」を教える歴史教科書の陥穽
    ・武家政治の確立Ⅰ
     悲劇の将軍たち編―「言霊将軍」実朝を暗殺した黒幕
    ・武家政治の確立Ⅱ
     北条泰時と御成敗式目編―「法の正義」に優先する「道理」精神

  • 日本人は「納得」できるかが最も大事なんだと。白黒つけるより、灰色の納得に満足する民族。



    このシリーズを読んで毎回思うことだが、歴史の奥深さを改めて感じた。

    ただ単に史的証拠とされるものが正しいことをいってるとは限らない。

    広い視野で物事を俯瞰する。それが良く分かるね。

    高校生以上におすすめです。

  • 鎌倉幕府の誕生から北条泰時による武家政治の確立までの約150年間が書かれている。

    平氏が滅び源氏が鎌倉幕府を起こした、というのに、戦では源平合戦どころか、源源合戦になっていたり、教科書で学んだ学生当時は、よくわからなかったが、時の流れと、当時の感覚に意識をのせてみると、面白いほどよく分かった。

    源氏も平氏ももとは天皇家の子孫。そこから頼朝が幕府という実体をつくり、実権を握るが、あくまで朝廷は存続し、源氏三代を経て、北条氏によって、朝幕併存体制という日本独特の不思議なシステムが確立する。

    しかも、幕府時代(武家社会)といっても、日本はあくまで桓武天皇の古代から律令国家のままだった。そして、それが明治時代まで続いていたというから驚きだ。

    果たして今の教科書は、このような物語を教えているのだろうか。

    そして、この朝幕併存体制が生まれた背景には、日本人の和の思想があった。
    「法」と「道徳」と「道理」。
    中世に生まれたこれらの思想の軋轢は、現代もなお続いている。

  • 学生時代に歴史を専門として勉強してきた私には、目から鱗。学校ではあくまで歴史書として残されているものが第一として教えられる。でもその時代の為政者の都合に書物が左右されるのも事実。結局どちらが正しいのかはその時代に生きている人しかわからないのだけれど、こういう解釈もありよね…って思わせてくれる。無理もないので楽しく読める。

  • 怨霊、言霊、穢れから日本史を見据える《赤松正雄の読書録ブログ》

     日本史をおさらいするうえで比類なき面白本をようやく見つけた。歴史の書というよりも歴史推理小説といった方がいいかもしれない。かねてからの「歴史通」や、今はやりの「歴女」には、何を今更と言われよう。このシリーズが世に出てもう10有余年も経っているのだから。しかし、恥ずかしながらその存在を私は知らなかった。井沢元彦『逆説の日本史』1~12である。未読の方は、まず文庫の第一巻を購入されることをおすすめしたい。

     日本史を追う井沢さんのキーワードは、怨霊、言霊、穢れの三つ。彼はことごとくをこれで抑えていく。見事なまでに。彼にかかれば歴史学者は形無し。木っ端微塵にやっつけている。宗教の本来的な役割を知らずに、文献至上主義に陥ってることの弊害を事細かにまた繰り返し飽きもせずに説く。読んでる端から忘れがちな私のようなものには、まことにこれは助かる。しかし、この手法ではさぞかし正統な歴史学者や同業他者から嫌われよう。であるがゆえに、あまり世の中に評価されていないように思われるのは、著者ならずとも口惜しい。

     近眼の人が寝ぼけ眼に顔を洗ってメガネをかけた時のように、ぼんやりしていた歴史絵巻が忽然と姿を現すのは嬉しい限り。というのは少々ほめすぎかも。だが、古代から中世にかけての日本人たちにとっての、様々なる神社仏閣の存在や「和歌」の持つ意味が判明するのは大きな収穫であった。軍事について現代日本人がとかく敬遠しがちなのは、何も戦後に始まったことではなく、古代からの歴史に根ざした伝統であることを知ったことも大きい。

  • 今回は鎌倉幕府成立を通して、日本の宗教感、学会の矛盾や憲法問題にまで迫っています。
    頼朝がなぜ幕府を成立できたか、義経はなぜ滅びなければならなかったのか、日本史の「なぜ」を解き明かす筆者の主張には納得の一言。

全34件中 1 - 25件を表示

逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)の作品紹介

源氏はいかにして平家を打倒し、武士政権を樹立していったのか。その解明の鍵は"源源合戦"にあった。また、義経は「戦術」の天才でありながらも頼朝の「戦略」を理解することができなかった。日本人が八百年にわたって錯覚してきた『平家物語』、そして「義経伝説」の虚妄を抉る。

逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)はこんな本です

逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)の単行本

逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする