なぜあなたはやらないのか―異端起業家になる (小学館文庫)

  • 77人登録
  • 3.04評価
    • (1)
    • (4)
    • (19)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 大前研一
  • 小学館 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094021677

なぜあなたはやらないのか―異端起業家になる (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • -----2012.03.02-----
    先輩から譲っていただいた一冊。
    前半はナイキの会長や幹部たちのインタビューから共通して経営に必要なことを紹介している。内容としては「Just do it !!」これに尽きる。
    全編に通じて「起業しようぜ!」という内容にもかかわらず、後半からは規制緩和していない現代日本は若者が起業するには適さないと色々な角度から指摘している。若干「?」と感じることも。しかしながら、「本当に起業を阻害しているのは安全思考のメンタリティー」とのこと。確かに納得。
    自分が不便と感じていることにはビジネスチャンスがある!とのことだが、実際に調べてみると、多くの会社がすでにビジネスとしてある程度大きくしていたりする。「そんな中で一から勝負しても、勝てっこないよー」なんて思ってしまう私は上記に書いたとおりの「安全思考のメンタリティー」の最たる例であろう。
    リスクを恐れず、Just do it ! そして徹底的に Do it !! これに尽きる。

  • ここにレビューを記入してください

  • Nikeの幹部達やその企業の考え方をベースにワカモノを喚起する言葉が並んでいる言葉。大前氏の本はどれをとっても一貫して同じ事を主張しているように思えるが、今回もまた同様彼の考え方が一本通っている。個人的な体験から、現地のにおいを嗅げという彼の考え方に賛同する。

  •  75%はナイキのナイト会長やナイキ社の組織形態・経営形態についての説明と解釈である。この本を読むまではナイキのサクセスストーリーを知らなかったのでためになった。
     起業して成功するには飛びぬけたものをもっていたり、それを更に追求したりすることも必要である。多角経営もよいが、会社の特徴や事業内容をコンパクトにサマリーできないような会社より、ナイキや日本ではシマノ、ワコール、オムロン、ダスキンなどなどのように突き抜けた分野を追求する起業の仕方を著者は勧める。
     エモーショナルタイで事業を拡大していく、JUST DO IT! である。

  • ・5/20 読了.2日で読みきった.Nikeのケースは参考になるというものの、その他に参考になるケースがあまり紹介されてないからちょっと物足りないと思った.また、日本での起業や日本をターゲットにした起業の話しで、海外で起業する場合の考慮点までは記述がなかったから、残念だ.まあ自分で考えろってことだろうな.どこだって同じだって話だろう.

  • ほとんどがNIKE幹部のインタビュー記事で、ちょっと肩すかし。

全8件中 1 - 8件を表示

なぜあなたはやらないのか―異端起業家になる (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜあなたはやらないのか―異端起業家になる (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜあなたはやらないのか―異端起業家になる (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

なぜあなたはやらないのか―異端起業家になる (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする