PLATONIC SEX (小学館文庫)

  • 504人登録
  • 3.11評価
    • (12)
    • (46)
    • (189)
    • (23)
    • (8)
  • 86レビュー
著者 : 飯島愛
  • 小学館 (2001年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094023961

PLATONIC SEX (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 普段なら全く興味を持たないたぐいの本ですが、この間、著者の飯島愛さんが亡くなったのを思いだし、手に取ってみました。
    彼女とは同年代です。親が厳しく、学校で2番の成績だったとき、ほめられるよりも、「なんで1番じゃないの!」と怒られたというエピソードは、私も全く同じ経験があります。私は全く逆の、真面目で地味な青春時代を過ごしましたが、時代が重なるので、懐かしさもありました。
    私と彼女がもっとも違うのは、彼女は人一倍寂しがりやだというところ。また、彼女のあらゆる努力の原動力が、その時点で好きだった男性への思いだったというところ。
    本の中に、彼女の恩人がマンションで謎の死を遂げたのを発見される話がありましたが、飯島愛さん自身の亡くなり方によく似ていて、びっくりしました。一人暮らしをしている人は、孤独死になる可能性があります。
    プロの執筆家ではないので、人に勧めるものではないですが、10代の頃から、世の中の裏の裏まで体験してきた彼女の本には、こなれた文章にはない重みがあります。太く短い人生でした。合掌。 "

  • たまたま実家の本棚にありました。おそらく妹が買ったのでしょう。
    普段なら全く興味を持たないたぐいの本ですが、この間、著者の飯島愛さんが亡くなったのを思いだし、手に取ってみました。

    彼女とは同年代です。親が厳しく、学校で2番の成績だったとき、ほめられるよりも、「なんで1番じゃないの!」と怒られたというエピソードは、私も全く同じ経験があります。私は全く逆の、真面目で地味な青春時代を過ごしましたが、時代が重なるので、懐かしさもありました。

    私と彼女がもっとも違うのは、彼女は人一倍寂しがりやだというところ。また、彼女のあらゆる努力の原動力が、その時点で好きだった男性への思いだったというところ。

    本の中に、彼女の恩人がマンションで謎の死を遂げたのを発見される話がありましたが、飯島愛さん自身の亡くなり方によく似ていて、びっくりしました。一人暮らしをしている人は、孤独死になる可能性があります。

    プロの執筆家ではないので、人に勧めるものではないですが、10代の頃から、世の中の裏の裏まで体験してきた彼女の本には、こなれた文章にはない重みがあります。太く短い人生でした。合掌。

  • 故・飯島愛の自伝。

    携帯小説みたいな感じなので読みやすい反面、性的・反社会的な描写があるのでその手の表現が苦手な人には不向きかも。
    自分は彼女の壮絶な人生が知れて、面白かった。

  • おもしろかった。
    なんかすごい人生やなぁ。こんな人おるんやなぁ。犯罪にはしらんくてよかったな、、
    子育て怖いわ
    子供褒めて育てよう。

  • 飯島愛さんのことはよく知らない私だったが、とても面白く読んだ。

    実体験に基づいて幼少期の非行時代から一人暮らし時代、芸能界時代に渡って余すところなく主観的に記述されている。
    その夜の世界っぷりが生々しくて危うく、未体験の出来事の連続に興味が寄せられる。

    何より良かったのは構成。最後には家族と仲直りしたことに安心感を覚えた……かと思いきや、母親が娘の非行時代に残していた日記が衝撃。
    まだ私は22歳だから親の気持ちってなんとなく分かり始めた程度だったが、想像を遥かに超えていた。
    まさに「人を傷つけるのならば自分が傷ついたほうがいい」に尽きる。

    ノンフィクションに勝るドラマはないってのを体現しているかもしれない本。

  • 親が厳しくてグレてしまった話。
    最終的にはav女優になる飯島愛だが彼女は昔よくタレントでも出ており、ハッキリモノをいう、派手な女性というイメージが強い。
    グレてしまってavに出たが、最後には親と会って和解したもハッピーエンドでこの本は終わる。

    この本で学ぶべき事は子供に対してあまりにも厳しい接しない。頑張った時は褒めてあげる。
    どんなにグレても人の心を少しでも残っていれば親と和解し合えることができる。
    最後に親の日記を読んで親の愛情を感じることができて親と和解するが、すべてが間違った育て方をしたわけではない事が分かる。
    キャバやavなど当時のぎりバブル世代に生きた飯島愛なので派手な生活をら伺えるが最後は人の愛情が大事だと気づいていた。
    彼女の師匠よべるお金があって結婚もして子供も生まれたけど離婚して、結局糒モノが手に入らなかったとある。
    やはり人間の気持が行き通うココロの部分はお金では買えないのだ。

  • 本棚の整理の際にふと手に取り再読。
    買った当時に読了したかどうかも不明なくらいだったけど、なぜか読みたくなり完読。
    ご本人がもういないと思うと、とても重みのある内容に感じれた。私がもしも親になって子供が思春期になったときにもう一度読み返したい。

  • プラトニック【Platonic】
    純粋に精神的なさま。特に、恋愛において、肉欲を伴わず純粋に相手を思うさま。「 -な愛」


    私が産まれた頃のお話。
    著者をよく知らないが壮絶な人生経験と思う

    現代で親や世の中に憎まれた子供たちは
    部屋に引きこもり、メンタル科に通い、
    抗うつ剤で頭がぼやけた毎日を暮らす

    果たして、どちらがマシなのだろうか。


    それは悩む本人にしか答えは出ない。

  • 親の期待に応えたかった子供。
    うちも、99点だと褒められなくて、さっさとそんなもんだと諦めて、時々くれる愛情にやっぱり良い子になりたいと考え直した。
    うちと彼女が違うのは、彼女は目に見える愛を与えられず、だからこそ愛が何だかわからず、だけど愛を諦めきれなかったところだと思います。

    うわ~、本当にピュアな女性だったんですね。

    ご冥福をお祈り致します。

  • 飯島愛さんの自叙伝です。

全86件中 1 - 10件を表示

飯島愛の作品

PLATONIC SEX (小学館文庫)に関連する談話室の質問

PLATONIC SEX (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

PLATONIC SEX (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PLATONIC SEX (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

PLATONIC SEX (小学館文庫)の単行本

PLATONIC SEX (小学館文庫)のKindle版

ツイートする