異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)

  • 44人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 中上健次
  • 小学館 (1998年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (952ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094026122

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
ガブリエル ガル...
有効な右矢印 無効な右矢印

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)に関連する談話室の質問

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)の作品紹介

「路地」に生まれたタツヤ、在日韓国人二世のシム、アイヌモシリのウタリ-胸の同じ場所に、同じ形の青アザを持ち、互いの血を啜り合って義兄弟の契りを結んだ三人の屈強な男たち。そのアザの形に旧満州の地図を重ね見る右翼の大立者・槇野原は、空手の猛者である三人を前に、青アザの三勇士による満州国の再建を説く。右翼への傾倒と、三人の確執。自らの根源を求めての闘争と呻吟。数奇な運命に導かれるように次々と姿を現す青アザの「異族」たち。海を越え、民族を越えた混沌の中に日本の根を問い、文学の未知なる地平に挑んだ中上健次最後の超大作。

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)はこんな本です

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)の単行本

ツイートする