讃歌―中上健次選集〈8〉 (小学館文庫)

  • 62人登録
  • 3.70評価
    • (5)
    • (5)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 中上健次
  • 小学館 (1999年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094026184

讃歌―中上健次選集〈8〉 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 清純な人には奨められないかも…とにかくエネルギッシュなエロスほとばしる作品。最後まで一気に読みました。

  • バブル期の東京、女ばかりでなく男までもを虜にしてしまう「性のサイボーグ」を自称する高級ジゴロのイーブ。身体は抱いても恋などはぜず、仕事のパートナーである韓国人のチョン子と共に裏街をゆく彼だが、ふとしたことから「過去」が街の片隅から現れた時、彼は本当の自分を思い出すようになる…。
    煌びやかな東京に渦巻く淫靡な感情、過去を封印しながらも蘇る故郷への想い。これが書かれた時代はエロスが人の命を動かすエネルギーであったようにも感じる。自らを貶めながら生きつつも、希望をどこかで信じたいこと。帰る場所がないとわかっていても、そこに戻りたいと思いながら生きること。うまく言えないが、そんなことを感じた。

  • 『讃歌』が書かれるまで 池澤夏樹

  • 続・日輪の翼。高尚なポルノ。こんな圧倒的な男っているのでしょうか。

全4件中 1 - 4件を表示

讃歌―中上健次選集〈8〉 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

讃歌―中上健次選集〈8〉 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

讃歌―中上健次選集〈8〉 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

讃歌―中上健次選集〈8〉 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

讃歌―中上健次選集〈8〉 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする