精撰尋常小学修身書―明治・大正・昭和…親子で読みたい (小学館文庫)

  • 75人登録
  • 3.90評価
    • (5)
    • (8)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 八木 秀次 
  • 小学館 (2002年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094027761

精撰尋常小学修身書―明治・大正・昭和…親子で読みたい (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「精選「尋常小學修身書」」八木秀次 監修
    復刻・抜粋版教科書。

    今まで具体的な修身教育の中身は知らなくて、僕らの知っている道徳教育と比較しながや読んでみました。
    共通することもあれば異なることもあり、どちらがどう優れているなどとは思いませんが、目上の人を敬い、自らを律し、苦難を乗り越える、というところが印象的でした。
    また、立派な日本国民(≠大日本帝国臣民)となることを第一義にしているのだと感じました。

    最も心に残った場所だけ抜粋。
    "約束を守るのも、また礼儀であります。約束は、かるがるしくしてはなりませんが、一度約束したならば、かならずそれを守らなければなりません。約束を果たさないのは、うそをいったことになって、相手にめいわくをかけます。"

    昔が全て良かったわけではない。昔には在って今は忘れられているものの中に、良いものもあるということだと思う。(3)

  • 興味そそらず

  • 私は、自伝を読むことの大切さを切に感じていますが、偉大な先人たちの残したものをやさしい言葉で書いてあり、なおかつ、大人が読んでもしっくりくるような内容の深さもしっかりあります。しかし、忘れてはならないのは、これを戦前は小学生が読んで学んでいたということです。団塊の世代以降の人間で、私よりも長く生きている人、私よりもはるかに社会的成功を修めている人がたくさんいますが、その割に人生や教養の深さを感じる人が案外少ないと感じるのは、アイデンティティやバックボーンといった人間の軸になるものが足りないからなのかなと私は確信しています。小学生のとき、校長先生が朝礼で勝海舟の若い頃のエピソードを話していましたが、実は修身の教科書からの引用でした。この話も収録されています。「世代の断絶」、「価値観の相違」という観点からも修身を学ぶことは意義があると私の経験からも強く感じています。

  • 今の時代薄らいでいる「人間らしさ」を目覚めさせてくれると思います。

全6件中 1 - 6件を表示

精撰尋常小学修身書―明治・大正・昭和…親子で読みたい (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

精撰尋常小学修身書―明治・大正・昭和…親子で読みたい (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする