楚留香 蝙蝠伝奇〈中〉 (小学館文庫)

  • 23人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 古龍
制作 : 土屋 文子 
  • 小学館 (1998年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094028225

楚留香 蝙蝠伝奇〈中〉 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「蝙蝠伝奇」(前半)

    崋山派の掌門・枯梅大師が還俗して江湖に現れ、武林は驚愕!
    楚留香は親友の花蝴蝶・胡鉄花と、快網・張三と共に騒ぎに巻き込まれる。
    謎の男・丁楓、江湖一の権勢を誇る金太夫人の娘・金霊芝、偶然知り合った軽功の達人・勾子長らと友に船に乗り込み、目指すは南海の楽園。
    しかし船には六つの棺が!?
    そして船上で一人、また一人と殺されてゆく。
    真犯人は誰か?
    そして南海の楽園の正体とは?

    ちなみに主人公・楚留香は盗賊ですが、弱きを助け強きを挫く義賊であり、またその圧倒的な強さから江湖では尊敬されています。
    盗みに入った後は、香水の匂いを残していくという怪盗です。
    また普段は船上で暮らしており、料理名人、変装名人、生き字引の三人の美少女を助手として従えています。
    ただしこの翻訳版では、その点がまったく出て来ません!(^◇^;

    ニン、トン♪

全1件中 1 - 1件を表示

楚留香 蝙蝠伝奇〈中〉 (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする