セラフィムの夜 (小学館文庫)

  • 97人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (9)
    • (25)
    • (2)
    • (2)
  • 6レビュー
著者 : 花村萬月
  • 小学館 (1998年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094030013

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

セラフィムの夜 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エログロジェットコースターバイオレンスドラマ。前半はあまり好きじゃないが後半盛り上がって楽しめた。結末はあっけないが、ラスト近くに作者が伝えたかった主題(とても良い言葉)が書かれている。

  • ブルースのオビに「たまらんぜ、萬月。何が悲しくて、こんな小説を書く」((C)北方謙三)とあったが、本当にそのとおり。
    ネタバレ防止のために詳しくはかけないけど、萬月の小説は、どの世界にも属せない孤独な人間の悲しさが魅力の一つのようだ。
    でも、萬月は濃いわ。年に一冊が限度だな。(笑)
    あとがきの取材旅行の話し見てたらソノママやんけって思ってしまう。言わなきゃわからんのに、正直な人だわ。

  • 読み進めていくうちに、読んでいるのがつらくなるストーリー。天使のように美しい女性主人公が実は・・・ 男? 結果、まわり全てを破滅させていく。

  • 大島に強姦される場面、並びに涼子の
    意外な弱点が判明するまでの展開が
    非常にスリルありで、面白いです。
    男が誰なのかが知りたかった…。

  • 花村萬月は、性と暴力の作家だとか言われてるけど、非常にロマンチックな人なのだと思う。とてもロマンチックな恋愛小説。

  • ハマれなかった。

全6件中 1 - 6件を表示

セラフィムの夜 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セラフィムの夜 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

セラフィムの夜 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

セラフィムの夜 (小学館文庫)はこんな本です

セラフィムの夜 (小学館文庫)の単行本

ツイートする