からいはうまい (小学館文庫)

  • 70人登録
  • 3.35評価
    • (3)
    • (6)
    • (21)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 椎名誠
  • 小学館 (2004年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094030129

からいはうまい (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 椎名誠が辛くて美味しいものを求めて韓国、チベット、日本を旅するエッセイ。
    なかなか浅い食レポで、聞いてきたことを品良くまとめている感じなのでテーマに比してパンチが足りないという気がします。

  • 「からいはうまい、うまいはえらい」を合言葉に、
    椎名さん率いる極辛追跡探検隊が本場の辛味を求めて韓国、チベット、日本の岩手県、長野県を旅する。
    椎名さんの旺盛な好奇心によって生まれたとても薀蓄に富んだ奥の深い1冊であります。

    個人的に意外だったのは、
    韓国キムチの歴史が予想以上に浅いこと。
    トウガラシを使ったキムチが文献に登場するのに、
    17世紀まで待たなくてはならない。
    日本を経由して韓国にトウガラシが伝わったことも意外であった。
    五千年以上の悠久の歴史を誇る韓国の伝統料理にしては、、(以下略)。

    とても勉強になりました。
    ちなみに日本の漬物が記録に現れるのは、天平年間(8世紀前半)の木簡らしい。

    巻末の小泉武夫・東京農業大学教授による「辛味食文化初級入門塾」も必見。
    韓国ほどトウガラシが広まらなかった日本の事情として、
    オールマイティな醤油の存在が一因にあるらしい。
    からいはえらいがしょうゆもえらい。
    しょうゆにあうワサビもえらい。

    地元のうめいトンカツ屋に辛味大根を使ったメニューがあります。
    トンカツと辛味大根の組み合わせにピンとこなかったのだけど、
    この本のおかげで俄然興味がわいてきました。
    未体験なので、近いうちにチャレンジするつもりです。

  • アジア突撃極辛紀行 韓国・チベット・遠野・信州編

    久々の椎名節!?とでもいおうか。この人はやっぱり「紀行」のようなものが面白い。読後に、キムチを買って食べさせるだけの力のある文章であった。

  • タイトル通り「辛さ」を求めて駆け回るオジサン一行の食べ歩き旅行記。韓国、チベット、遠野、信州。それにしてもよく食べる、食べる、食べる、食べる。どれも本当に美味しそうに書かれていて、読んでいてお腹が空いてくる(笑)韓国旅行食べ歩きガイドとしてぴったりの一冊かも…今では気軽に食べられるようになった「辛いもの」だが考えてみると、昔は日本にこれだけ「辛い」ものは滅多に存在しなかったような…以前に比べて家庭の食事が国際化して、日本人の味覚も変化しているような気がする。私も以前はキムチだのニンニクだの食べられなかったのに今じゃ大好物だ。また韓国に辛くて美味しいものを食べに行きたいなあ…

  • 唐辛子や、わさび、辛味大根等辛いものを求めての旅の記録。興味深い。

  • 「長期で休んで日本から出てえよちくしょー」って思いました

全6件中 1 - 6件を表示

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

からいはうまい (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

からいはうまい (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

からいはうまい (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

からいはうまい (小学館文庫)はこんな本です

からいはうまい (小学館文庫)のKindle版

ツイートする