真剣師小池重明の光と影 (小学館文庫)

  • 16人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 団鬼六
  • 小学館 (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094030174

真剣師小池重明の光と影 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大山名人が小池にプロ入りを勧めた、という自叙伝の一節が
    解せない。伏線もなく、いきなりというのは考えづらい。

    傷痍軍人と夜の女に育てられて、
    破綻人生をすごした、才能ある男の一生、と
    言えばかっこいいが、周囲に対する迷惑は相当。
    それでも酒の席を和やかにする才能はあった
    というのだから大したもの。

  • 団鬼六先生だけどEROくないよ! 漢の将棋本。

  • 賭け将棋打ち師の破天荒な一生。

全3件中 1 - 3件を表示

真剣師小池重明の光と影 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真剣師小池重明の光と影 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真剣師小池重明の光と影 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

真剣師小池重明の光と影 (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする