ドリアン魂 (小学館文庫)

  • 15人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 小学館 (1998年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094030211

ドリアン魂 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 高校生の頃、ラジオで聞いてから、何となく好きになって、それから古本屋で見つける度に、著書を購入し、挙句、CDも購入している程だ。本の大半は詩なのだが、本人が暗黒と称する放送作家時代の話が最後に載ってあり、一見の価値ありである。また、冒頭も詩ではない。世の中の欺瞞をバッサバッサ斬っている。「夢」「成功」「正義」「修行」これらは、くだらない大人が植えつけた“綺麗な若者像”。何ものにも刷り込まれていない感覚をこそ、時にアナーキズムと呼ぶのかも知れない。

  • 凄まじい人生だと思います。

  • ラジオから、なんだか暗くて、泣き入りそうな深刻な声が流れてきた。その十四の春、ぼくはドリアン助川というひとを知った。無骨で不器用な声が、いまだ消えない。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする