黄金旅風 (小学館文庫)

  • 380人登録
  • 3.72評価
    • (33)
    • (62)
    • (49)
    • (11)
    • (2)
  • 63レビュー
著者 : 飯嶋和一
  • 小学館 (2008年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (604ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094033151

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
伊坂 幸太郎
森見 登美彦
和田 竜
冲方 丁
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

黄金旅風 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 実権が徳川秀忠から徳川家光に移る過渡期における長崎を舞台にした小説で、鎖国への道を歩んでいく貿易政策の変化と切支丹への取締の様子を描いている。

    史実に基づいているのか、末次平蔵の変死とか、内町火消組の組頭・平尾才助の最期とか、いささか勿体ないような退場の模様である。長崎の民町を守る、その一点だけでぶれることなく凛とした末次平左衛門が魅力的だった。

    “夢を見ているのか現のことなのかどこか判然としないまま右肩越しに平左衛門が振り返った時、蝶は再び高く上昇し、焼け野原となった町を軽々と飛び越えて見えなくなった。夢のなかに一人だけ置きざりにされた思いばかりが平左衛門の内に残った。”

  • “放蕩息子”と言われた、実は広い視野を備えていて、正論を胸に秘めた、強い心を持つ男が代官に就任し、恐るべき陰謀を動かす敵役達と対峙…非常に痛快な物語だ!!未読の皆さんに御迷惑を掛けてしまうので仔細は綴らないが、何となく目頭が熱くなる場面も在り、夢中になる…他方で「政治とは何か?」、「“権力”とはどういう性質のものか?」というような普遍的なテーマを持ち、加えて「江戸時代とは何だったのか?」というようなテーマに関しても、キリシタン弾圧の経過や貿易制度の変遷という、平左衛門達の時代に実際に起こっていたことを交えながら、一定の回答例を示唆している…非常に充実した作品だ!!

  • 「長崎」の歴史小説です。江戸時代初期、鎖国直前の「長崎」が主人公です。
    そして、渋い小説でした。渋い。渋すぎる。
    飯嶋和一さん、という、1952年生まれの小説家さんです。
    とにかく、凄い描写力。筆力。説得力が高い、でも地味な、歴史小説好きな大人向けの小説ですね。

    将軍様で言うと、三代家光の治世の、初期。
    キリシタン弾圧から鎖国へと向かう、負の変動期とも言うべき時代。
    そこで、悪行を振るう長崎奉行に立ち向かう、長崎代官・末次平左衛門さんを中心とした、群像劇風のお話です。

    2004年に出版された小説です。
    新刊当時に、たまたま版元の小学館の文芸担当の方、「黄金旅風」ご担当の方と話す機会があったんです。
    そのときに、その方が営業トークを超えて、絶賛されてたんですね。
    「大人の男性にとって、たまらない本格小説である」という感じで。
    それを聞いて、当時、新刊で買ったんです。ハードカバーで。

    なんですけど、どうにものめり込めなくて。
    何しろ冒頭から、状況描写が執拗に多くて、なかなか心情的に寄り添える人物が出てこないんですね。
    それで、もう、ほんとに冒頭部分くらいで、挫折。
    断言しますが、少なくとも掴みは、良くありません。

    それから9年くらい経って。
    去年から、またちびちび、他の本と並行して読み始めたんです。当然冒頭から。
    そしたらだんだん面白くなってきたんですね。
    なんだけど、これは僕の趣味かも知れませんが。
    「で、いったい、何の話?誰の話?」という軸がやっぱりふらふらしてて、よく判らない。
    それで、多分全体の1割も行かずに、再びストップしてしまって。

    今年に入って、つい先週くらいからか、なんとなく再び読み始め。
    そしたら、感覚的に言うと、全体の1/4くらいまで行くと、俄然面白くなりまして。
    「あ、つまり、悪人の長崎奉行に、善玉の長崎代官が、街の為に立ち向かう話なんだな」と。
    そこから先は、割と止まらずに面白くなって、読了。10年越しでした。

    ########

    基本的には、面白かったんです。読後感としては。
    なんですが、初めに苦情から書いておくと(笑)。

    とにかく、掴みが悪すぎる。
    序盤、心情で寄り添える人物が前面に出てこない。
    また、デティール描写が執拗で質が高いんだけど、なにしろ馴染の薄い、17世紀初頭の対外貿易船舶などの話なので、よくわからない。
    だから、序盤は、ただたんに「俺知ってるもんね。俺勉強したもんね」というレポートを読んでいる気分になってしまう。
    何しろ、末次平左衛門が出てきてしばらくしないと、「あ、この人を軸に話が進むのね」ということすら分からない。
    序盤、暗闇の海を航行する心細さ。

    まあ・・・あとは・・・平左衛門さんという主人公の信念が、
    「長崎の町の人々を、守りたい」という、なかなか利他的な正義感なんですが。
    そこのところが、ちょっとある種、月光仮面すぎるかなあ?・・・と思ったりしましたが。
    行動は地味でリアルなんですけどね。心情的に。

    ・・・と、いう苦情がありつつ、でも、かなり、面白かったんですね。

    ●一回出てくれば、末次平左衛門さんは、主人公という魅力十分に君臨してくれます。
     また、火消の頭の才介さんとの友情物語も、感情移入できます。
     (ただ、その才介さんが半分くらいで死んじゃう。あれはどうなんだろう)

    ●状況描写、背景描写が執拗で、熱がある。客観性が高い。
     知らず知らず、17世紀序盤の長崎の街に、読んでる側も降り立った気分になれます。
     貿易の利、切支丹の弾圧、まだまだ完璧に盤石ではない徳川の支配。
     ポルトガルとイスパニアとオランダの利害関係。
     鎖国へと大きくゆるやかに舵を切っ... 続きを読む

  • 重かったー。気分的にじっくり読みたいときには満足感も得られそうだけど、ちとそういう気分でなかったためにともかく重い。というわけで上っ面をなめてしまった感ありながら、正義の味方というものもなく、厳しい現実を突きつけられながら読んでいくという、ある種のストイックさを求められるのであった。歴史は厳しい。

  • この作家の本は全て好きだ。
    スタイルがある。スタイルとは良いか悪いかではない。有るか無しだ。

  • 読み応えがあり過ぎでした。久しぶりにこんなに読了時間がかかった(苦笑)飯嶋和一初体験だったけど、情報量が半端ないす。大きなテーマは鎖国開始に翻弄される、日本の窓口たる長崎人。改行も少なめ、会話分も殆どなく紡がれる物語は、下手するとお腹いっぱいになるだけっていうリスクもあるけど、本作の場合は、惹き付けて離さないだけの文章力とか、物語構成の妙があって、良い意味でのくどさが満点でした。主たる漢が早々に姿を消したり、意外にサラッと人が死んでしまったりもあるけど、各人が魅力的に描かれているせいで、いちいち心に刺さる。月並みな感想ながら、偉大な自国の先人を見習って、自分も精進努力しなければ、です。

  • 2005年本屋大賞8位

    寛永5年。鎖国直前の長崎を背景に朱印船貿易の利権を争う数年間を描いた歴史ドラマ…
    と一口に言えないほどは、たくさんの話が混在している。
    オランダ東インド会社高山国(台湾)長官と対峙する浜田彌兵衛の話
    東洋人を馬鹿にするオランダ人をバッサバッサ斬っていく人望の厚い才助の話
    亜者である名鋳物師の真三郎が亡くなった子供たちの像を作製するキリシタン弾圧の話
    などなど徳川家光時代の長崎がてんこ盛り。
    初代末次平蔵時代までは非常に熱くて面白かったのですが、本筋であろう末次平左衛門と不正をはたらく竹中重義采女との対決は、歴史に弱い自分には複雑すぎて疲労困憊orz
    日本史ちゃんと勉強していたらこの本もっと面白く読めたろうになぁ、と。

  • 竹中重義の陰謀から長崎を守った末次平左衛門の話。ルーツの中に隠れキリシタンの家系もいるので興味深く読んだ。ページ数が多くて読むのに1か月以上かかった。

  • 読むのに時間がかかりました。
    歴史小説。そう、小説なんですけど、盛り上がりがないんです。

    徳川秀忠から家光へ、将軍が変わり時代も変わろうとしているとき。
    海外との交易の玄関口だった長崎を舞台に、締め付けを強めてくる幕府、私腹を肥やそうとする大名たち、キリシタン、南蛮人などを相手に、外町代官末次平左伊右衛門が町民の平和と安全を守る物語なのです。

    ドラマチックに書けば、どこまでもドラマチックになり得る題材を、淡々と書き進めるのはいいのですが、個別のエピソードが本筋にからんでこないのが、つらいです。
    一つ一つのエピソードには、人としての思いがあふれ、なにがしかのものを次世代につなごうとしているのですが、エピソードが終わればその思いがリセットされてしまうように見えます。

    面白いのに。
    面白いのに、今一つノレない。

    登場人物に感情移入しながら読むタイプの私としては、かなり苦戦しました。
    なので作戦変更です。

    これは小説ではありません。
    例えていえば、新聞の短期連載特集記事。
    そう思うことにしました。

    一つ一つの出来事は直接のかかわりが薄くても、同じ時代同じ場所で起こった出来事なんです。
    関係ないわけがないんです。
    淡々と書かれた事実を読む。事実を読む。事実を読む。
    そうすることで見えてくるその世界の在り様。問題点。

    この人がやった事だから、ではなく、名前のない人々が、それぞれの考えで積み重ねてきた出来事が歴史を動かす〈こともある〉。

    事実を元にした小説ではありますが、私の勉強不足によりどこが事実でどこからがフィクションなのかはわかりません。
    それでもその時代から日本は海外渡航をすることなく幕末まで、長い鎖国期間を迎えます。

    加藤清正の嫡子、黒田長政の嫡子が次々に領地を没収される中、幕府の思惑や海外の勢力からどうやって長崎の町の安寧を守ったのか。
    淡々と書かれていてもなお、熱いものを感じるのは確かです。
    なかなかに手こずる読書ではありましたが、読み応えのある一冊でした。

  • 本屋大賞、2006年度8位。歴史小説だけど、教科書を読んでるみたいで、あんま盛り上がってこない。史実を忠実に再現してるのか、エピソードがぶつぶつ切れてるのと、説明が多すぎてるのとで、読むのに苦労した。

  • 江戸時代の長崎での南蛮貿易の話。
    幕府や大名たちの私欲に翻弄されながらも、長崎住人を守り通そうと奮闘する、今で言う県知事を描いている。
    切支丹と縁が強い長崎ゆえの事件だったり、唯一の海外との窓口ゆえの政治的駆け引きだったり、全てのエピソードがおもしろい。
    また、主人公の人となりが魅力的で、その後をもっと知りたくなる。

  • やっと読み終わった…読みにくかったのは電子書籍だったからなのかあんまり好みの文体じゃなかったからなのか。悪い人の書き方も良い人の書き方もなんかあんまり好みじゃなかった。褒めるために他人を下げるから鼻につくというか。ガンガン死ぬくせに実は生きていた的なこともなかったのでそういう展開に慣らされた身としては全体的に拍子抜け。

  • [ 内容 ]
    江戸寛永年間、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に、二人の大馬鹿者が生まれた。
    「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたこの二人こそ、のちに史上最大の朱印船貿易家と呼ばれた末次平左衛門(二代目末次平蔵)とその親友、内町火消組頭・平尾才介である。
    卓越した外交政治感覚と骨太の正義感で内外の脅威から長崎を守護し、人々に希望を与え続けた傑物たちの生涯を、三年の歳月をかけて、壮大なスケールで描いた熱き奔流のような一千枚!「飯嶋和一にハズレなし」と賞される歴史小説の巨人が描いた、一級の娯楽巨編。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 主役がころころ変わるので、誰に感情移入したらいいのかよくわからない。一応、メインの主人公は2代目末次平蔵って人なのですが、そいつの活躍が一番少ないので余計に気持ちよさが減っちゃいました。
    あと、歴史小説はもちろん史実に作者の推測や創造が加わって成り立ってるものというのは分かってるのですが、露骨に超能力みたいなのを使えるキャラクターが出てくるのはどうなのでしょう…。

  • なかなか読みごたえがありました。
    魅力的な登場人物が多く、とても楽しめました。

  • マイナーな歴史の1ページを大作に仕上げたものです。普通主人公がこれだけカッコよければもう少しハッピーエンドになりそうなものですが、歴史小説なのでいかんともしがたいですね

  • 色々な読書録等で、非常に評判の高かった作品。
    詳細な下調べや資料を用意・検証して、物語にリアリティを与え
    骨太の人物描写や文章で歴史を描く本格派の作家…という評判でした。

    確かに入念に調べている感じはしますが、それが物語にプラスに作用
    したようには思えませんでした。
    せっかく調べたモノを生かして、なんとか当時のリアリティを再現させようとして、却って読んでいて窮屈に思えます。

    そして肝心の主人公を含めた登場人物が、勧善懲悪のテンプレを地で
    いっており、私には人物の深みを感じられませんでしたし、物語としても人物造形がありきたりのせいか、全く共感できずに終わってしまいました。

    骨太と称される文章も、ただ不器用な感じで、本人もそれで良しと思っている風で改善させる気がなさそうなのが残念です。

    良い点としては、江戸初期の長崎を舞台にした作品は島原の乱以外
    あまり無いので、とても興味深く読ませてもらえます。

    世間の評判がとても良いので、私の感性の方に問題があるかも?と、疑わざるをえないとても悩ましい一冊です(笑)

  • 飯嶋和一氏の作品で、江戸に入り秀忠が没し家光が将軍になろうかという時代の長崎の貿易商人末次家の跡取り平左衛門の大活躍を描いた大河ドラマに取り上げられても面白いのではと思わせるくらい非常にスケールが大きく面白い物語。親との確執から、まだ基督教が禁止される前に寄宿学校に入れられていた時代のエピソード、そこで仲良くなったはぐれものとの武勇伝などなど、長崎に派遣された悪代官竹中家の首領の欲にかられて政事の本質を忘れた姿に怒り、長崎の民を守る為にその代官様を追い落とす策を練り、ついには切腹にまで追い落とすまでの大筋を飾るサイドストーリーが面白い。ページ数が多いが面白いので一気に読み進む事ができた。時代小説がだめな人でも楽しめるかも。おすすめです。

  • 読みごたえバッチリ♪

  • 僕ipodのプレイリストの題名いつも最近読んでよかった本のタイトルに変えてるんですが、黄金旅風だけは格好良すぎて数年変えてません。

  • 徳川秀忠~家光の鎖国直前の時代。
    長崎の貿易商人の男たちの物語。
    男気あふれる登場人物たちがすばらしく、航海や彫り物や国のために命をかける様子に心打たれる。
    人間模様が描かれる部分は引き込まれるが、対国外の貿易についての説明が長くて少々くじけそうになる。
    素敵な人物があっけなく死んでしまうのがちょっと残念だった。

  • ドキュメンタリー映画をみているような臨場感。骨太で精緻。作者の私情は一切入らない筆致。カタルシスは若干物足りなく感じるが、濃厚な歴史小説を読みたい時にはBestな小説。感情移入したキャラが早々に亡くなり、ちょっと悲しい。

  • 江戸初期の長崎を舞台にした時代小説。知識欲求を満たされる。長崎の繁栄が感じられる作品

  • 少し詰め込み過ぎかな、という印象。
    江戸時代初期、第二代将軍秀忠から第三代家光へ権力が移行する時代の徳川直轄領 長崎を舞台とした物語。海外貿易で富を築いてきた代官 末次家のあとを継いだ平左衛門が、長崎奉行として横暴の限りをつくす竹中を失脚に追い込む 胸のすく勧善懲悪の物語が芯となるが、火消しの親方で平左衛門の幼馴染 才助や末次家の船大将 彌兵衛、蠟型鋳物師などの挿話が盛り込まれている。
    あの時代の長崎の様子が興味深い。これ程海外と貿易をしていたなんて知らなかったし、利権を巡って様々な国が入り乱れて小競り合いをしていたなんて、驚きだった。先に読んだ「出星前夜」との対比も面白かった。
    ただ、一つ一つの挿話をもう少し整理した方が読みやすいのではないかと思った。船大将の話や鋳物師の話は、それだけで独立した短編・中編として成立すると思う。鋳物師がその後どうなったのかも気になった(あのまま果てたのか、果てるとき彼は何を思ったのか…)。

    踏み潰されても逞しく生きる市井の人々の姿や心の勁さに、感銘を受けた。

全63件中 1 - 25件を表示

黄金旅風 (小学館文庫)に関連する談話室の質問

黄金旅風 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黄金旅風 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄金旅風 (小学館文庫)の作品紹介

江戸寛永年間、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に、二人の大馬鹿者が生まれた。「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたこの二人こそ、のちに史上最大の朱印船貿易家と呼ばれた末次平左衛門(二代目末次平蔵)とその親友、内町火消組頭・平尾才介である。卓越した外交政治感覚と骨太の正義感で内外の脅威から長崎を守護し、人々に希望を与え続けた傑物たちの生涯を、三年の歳月をかけて、壮大なスケールで描いた熱き奔流のような一千枚!「飯嶋和一にハズレなし」と賞される歴史小説の巨人が描いた、一級の娯楽巨編。

黄金旅風 (小学館文庫)のKindle版

黄金旅風 (小学館文庫)の単行本

ツイートする