多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)

  • 29人登録
  • 3.21評価
    • (1)
    • (2)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 井伏鱒二
  • 小学館 (2000年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094041064

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名作の「山椒魚」の他「本日休診」「多甚古村」の三作。山椒魚の短さには少し驚いた。

    「本日休診」は戦後まもなく、「多甚古村」は戦争中の当時の人々を暮らしを描いている。日記風なので、少し飽きてくるが、三作を通して作者の人への温かみが感じられる。

    最後に作者の写真等があるのは非常に良い。

  • 「山椒魚」
    短編で読みやすくて、人間でないものを描く。視点が面白いね。

  • 言わずと知れた昭和の文豪井伏鱒二の処女作「山椒魚」、戦前の徳島のある村の駐在さんの日記という形を借りた「多甚古村」、戦後すぐの東京蒲田を舞台に医師と貧困にあえぐ街の人々の姿を描いた「本日休診」の豪華3本立てです。

    井伏は今の福山市(実際は福山市北部の加茂という集落です)出身。福山勤務時代は、家の近くの福山城に「文学館」があって、山椒魚を再現した展示なんかがしてありました。

    彼の通った旧制福山中学(現福山誠至館高校)も家のすぐ裏だったので、いつかは読まなくちゃと思ってましたが、やっと実現しました。

    「山椒魚」:言わずと知れた井伏鱒二の処女作(大正12年)です。
    お話自体は有名な小説ですので、あらかたの筋はみなさんご存知かも。
    2年間を文庫本12ページで読み切る短編です。標準の文法から逸脱しながら、抑制の効いた文章が綴られています。
    問題はラストの蛙のセリフですよね。色んな読み方ができると思います。私は「今でも」というセリフから、いつから蛙がそのような心持になったのか非常に気になりました。

    「本日休診」:昭和24年に第1回読売文学賞にも輝いた作品です。映画化もされました。
    本日休診って言うとなんだかほんわかした感じがしますが、実際には、東京蒲田を舞台に、戦後の貧困にあえぎながらも何とか生にしがみついている人たちの風俗を赤裸々に活写した作品です。
    お金がないので治療を拒否して死んでいくエピソードなど胸をうちます。

    「多甚古村」:徳島のある村の駐在さんが日記を井伏に送り付け、それをもとに日記風の小説にした昭和14年の作品です。これも映画化された作品です。日中戦争のさなかとは言え、のんびりした田舎の風俗が描写されます。
    でも、ところどころに「非常時」とか「日本が一番強い」とか「出征兵士の見送り」とか戦争が影を差します。
    駐在という権力装置の末端にありながら、村人に頼られる姿。一方で、権力に対し遠まわしに批判を示す村人。駐在さんを取り巻く環境は一様ではありません。文章の端々におっと思わせる作品です。

  • 多甚古村のほのぼのとしたお話がいい。
    おまわりさん、ご苦労様と声をかけてあげたくなる。

  • 短編集で表題作の山椒魚も屋根の上のサワンも朽助のいる谷間もすべてよかった。

  • エキセントリック

  • 山椒魚。人生アキラメも必要。ってか深いー

全7件中 1 - 7件を表示

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)はこんな本です

ツイートする