わが息子の心の闇―バスジャック少年両親の“叫び”&子どもを幸せにするアドバイス (小学館文庫)

  • 17人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 町沢静夫
  • 小学館 (2000年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094045512

わが息子の心の闇―バスジャック少年両親の“叫び”&子どもを幸せにするアドバイス (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 事件が起きた時したり顔で出てくる評論家のどうでもいいようなうんちく話。
    特に取材をしている様子もなく、〇〇だとすれば、〇〇だ的な文章が多い。
    子供をイビツ育てない方法ではなくいびつに育った大人がどうしたらいいかが知りたい。

  • 町沢静夫総監修.
    執筆部分:出産、育児より自分の仕事や遊びを優先している母親へ(pp.109-144)
    少年非行を未然に防止する上で家庭の役割がいかに大きいかという問題について、内外の実例を引用しながら論じた。

  • 『心の闇』という言葉に惹かれて購入しました。バスジャック事件や2000年代初頭にたて続けに起こった17歳少年の事件の概要や,いかにして彼らの「心の闇」を理解するかということが書かれています。

  • 本を買ってもらうためだと思うのですが、バスジャックを前面に押し出して、1章はその出来事について詳しく、2章は同種の事件について説明しています。

    1章、2章は、読み飛ばしても良いかなって思います。

    が、3章〜8章で医師やカウンセラー等が説明している内容は、子供の心の闇を理解しようとするときに、とても参考になると思います。

  • 2007.8.26読了。例えば息子が犯罪を犯しそうだと感じたら・・・・。1.病院に強制入院させるなど、外部機関に委託して世間と隔離する。2.自宅に監禁する。3.殺す、もしくは心中する。他に術があれば教えて欲しい。

全5件中 1 - 5件を表示

町沢静夫の作品一覧

町沢静夫の作品ランキング・新刊情報

わが息子の心の闇―バスジャック少年両親の“叫び”&子どもを幸せにするアドバイス (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わが息子の心の闇―バスジャック少年両親の“叫び”&子どもを幸せにするアドバイス (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする