水木しげるの憑物百怪〈下〉 (小学館文庫)

  • 33人登録
  • 3.53評価
    • (2)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 水木しげる
  • 小学館 (2005年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094047035

水木しげるの憑物百怪〈下〉 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今まで読んだ水木しげるの本の中で、一番絵が薄気味悪いような気がする。
    憑き物に憑かれた人の顔が、何気に怖い。

  • なななんと、妖怪界のスーパースター、水木しげる御大も、一時は「妖怪なんていないんじゃないか」と懊悩した時期があったとは!何よりそれにびっくり。

  • 古本屋で発見!まさかのオールカラー。文句無し。

  • この書で水木しげるさんは憑物も妖怪も同列に扱うことを宣言したように思えます。
    どちらも霊的な現象だと。
    また人の精神(心)もやはり霊的な現象なので人-憑物-妖怪すべては結局のところ霊の異なる相と見られるのではなかろうかと考えておられるのではないでしょうか。
    いずれもあらわれかたの違いというだけで。
    妖怪がいるものだと考えたとき科学的な態度でこれをとらえようとするとこうなるかもしれません。
    水木さんは民俗学的にではなく科学的に妖怪現象を追究していこうとしているようにも見えます。

    (2006年08月27日読了)

  • 仔細は(上)にて行っているので、そちらを参考のこと。

全6件中 1 - 6件を表示

水木しげるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

水木しげるの憑物百怪〈下〉 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

水木しげるの憑物百怪〈下〉 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

水木しげるの憑物百怪〈下〉 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

水木しげるの憑物百怪〈下〉 (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする