悲劇の洋画家 青木繁伝 (小学館文庫)

  • 13人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 渡辺洋
  • 小学館 (2002年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094053715

悲劇の洋画家 青木繁伝 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同郷の家族がどっかから手に入れてきた本らしく、家に転がってたので読んでみた。有名な画家だけど、やぁ絵に書いた様なダメっぷり、まさに破滅型の天才というか何というか。凡人の自分からみると腹立たしいことオンパレードだけどまあ天才だししゃーない、ただ友達には絶対なれない。

  • 伝記ではなく歴史小説。主人公の絵に描いたようなダメ人間っぷりに勇気をもらった。

  • ブリヂストン美術館で開かれている青木繁の展覧会に行って、会場で購入しました。
    「海の幸」で有名な青木繁が若くして亡くなった画家であるということは知っていたのですが、その人生が小説の形で書かれています。小説ですが、書簡などは残されていたものが収録されており、事実に基づいているということですね。傑作を残した画家ではありますが、その人格は決して美化して描かれてはいません。
    自分に対するかなりの自信と自己主張。手に入った金は使い果たしてしまうこと。女性関係、家族との確執。
    自分の身近にいたらきっと親しくはならなかったであろうと思いますが、またこのような強烈な性格であったからこそ記憶に残る作品が残せたのかもしれません。

全3件中 1 - 3件を表示

渡辺洋の作品

悲劇の洋画家 青木繁伝 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

悲劇の洋画家 青木繁伝 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悲劇の洋画家 青木繁伝 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする