木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)

  • 408人登録
  • 4.20評価
    • (68)
    • (33)
    • (38)
    • (1)
    • (0)
  • 55レビュー
著者 : 西岡常一
  • 小学館 (2003年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094058512

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不思議な本である。
    語り口が 実にうまいのだ。読むというより 声が立ち上がってくる。
    日本には このような すぐれた 職人さんが いたのだ
    と思えるだけでも すごいと思った。

    法隆寺、薬師寺の棟梁。
    そこにある 日本的な哲学の深さに 想いを巡らす。
    千年を思考する ことが出来るとは すごい。
    木というものの つかみ方が 千年という時間で把握する。
    木には クセがある。
    そのクセを活かすために、どう木の心をつかむのか。
    千年生きてきた 木は 千年もつ 建物が出来る。
    そのための 道具。
    木を組み 心を組む。

    口伝は その伝える ひとに 伝える。

    昔の鉄は なぜよかったのか?
    セメントと木ではどこが違うのか?
    本質を見ぬく チカラ のすごさ。

  • 法隆寺は何がすごいのか。

    そんな単純なことの認識さえぼんやりしていたことがわかりました。

    何度も行って確かめてみたい。

  • 手に取る機会があって読んだ。

    最期の宮大工の聞き書き。
    法隆寺・薬師寺を通して考える、木造建築とものの見方。

    すごく、ためになった。
    『木に学べ』というタイトルがぴったり。
    建築だけを述べているのではない。
    なるほどそうなのか、と思いながら、ほぼ全てを自分の仕事に落とし込んで読んでいた。
    いかに自分が情けない存在かがわかった。
    適材適所、癖を見抜く、本質を捉える。
    いつかまた、心が弱ってきたとき、自分を
    省みるために読みたい一冊だ。
    法隆寺に行きたくなった。

  • 自然と共生してきた日本の価値を改めて痛感する一冊。木は1000年持つが、コンクリートはいいところ100年とか。
    「木を組むには人の心を組め」
    「木を知るには土を知れ」
    深い言葉が盛りだくさんでした。

  • 高校の教科書で西岡氏の引用が見つけて、また稲盛和夫氏の生き方に紹介されていたので読んだ。

    道具は身体の一部で尊敬し使いこなせなければならない。当然道具は大切にするべで職人にとって命なのだと実感した。

    西岡氏の生き方に感動した。
    もう一度読み直してみたい部分が多くあるので読み直してみたい。今なおメッセージは色褪せない。

  • 宮大工棟梁 西岡常一の語り

    P12
    棟梁というのは何かいいましたら、「棟梁は、木のクセを見抜いて、それを適材適所に使う」ことやね。

    P25甘やかしてほしいものがすぐに手に入ったんじゃ、いいもんにはなりませんな。木というのは人間に似ています。環境とか育ち方が木の性質を決めてしまうです。

    P35
    三本びほうをミキいいます。ミキつまり御酒のことですから「酒」でんな。
    そんで四本のほうがヨキゆうて五穀のことです。ヨキは空気でんな。つまり四方山の山海の珍味いうことでしょう。

    P38
    仕上げに「ヤリガンナ」使うたら耐用年数が違う。長いこともちますのや。
    電気ガンナで削ったものやったら、一週間でカビが生えてくるわ。そやけど、ヤリガンナやったらそんなことありませんわ。水がスカっと切れて、はじいてしまいます。

    P43
    ノコギリの柄は、何の木でつくってもええわけやないですよ。ノコギリの柄は昔から桐で作ったもんや。なんで桐か言いましたらな、仕事をしていても手が熱うならんのや。手が焼けませんのや。

    P66自分でおぼえていかなしようがないわな。ただそういうことにも気づかずに、そのまま終わってしまう人が多いな。周囲の人で、自分よりうまい人を見て、おぼえなあかんのや。あの人のカンナは何であんなによう切れるもんやろ、おもうたら、休憩でみんなが休んでいるときに、そーっとその人のカンナ調べてみるんや。そうやっておぼえるのや。

    P120
    金剛力士(仁王)は片方が赤く、片方が黒いでしょう。人間には煩悩があるから黒い。こちらから入るわけですな。それで中に入って仏さんに接して、ちゃんと悟りを開いて赤くなって出てくるとうことを表現していてあると、おもってるんです。正面の左側が入口で、右側が出口ですな。

    P125
    東に青竜、西に白虎、南が朱雀、北が玄武のちということですが、具体的な地形にあてはめますと、伽羅の東には清流がなければならない、南には沼沢がなけrばならん。そして西には広い道が通っていなければならない。北は山でなkればならないということです。

  • 宮大工の仕事への熱い思いが語られつづられた、奇跡のような一冊。

    木の癖に向き合い、木を生み出す山に向き合う。
    建築に残された昔の大工たちの思いをくみとる。
    棟梁として、人々をまとめることへの思いや覚悟。
    学術や学者には厳しい目をむけ、自らの経験や大工の継承してきた経験こそのみを信じる。

    ひとつひとつが、当たり前ではありながら、難しいことであると感じる。だからこそ、修行のような仕事であり、修行僧のような姿さえ、読んでいて感じさせるのだろう。

    さいごの「口伝」(10カ条)に、語られてきたことのエッセンスが凝縮されていると感じる。まさに口伝であり、本来書き残していくようなものではないことから、これが本書に残されたこと自体もまた奇跡である。著者ということになっている西岡常一のみならず、インタビューに足しげく通い、文字をおこし、語りの雰囲気を存分に伝えた編集部の方々にも頭がさがる。

  • 2015/8/4

  • 資料番号:011348646
    請求記号:526.1ニ

  • この人、実は飛鳥時代から現代に遣わされたのではないだろうか?
    奈良へ旅行する前に、ただの、木造建築の解説書と思って手に取っただけに、ことさら感銘。
    学者さんとの対決には笑いましたが。

    もっと早く出会いたかった一冊ですね。

    改めて、法隆寺に参詣したいかと。

全55件中 1 - 10件を表示

西岡常一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ヘミングウェイ
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)に関連する談話室の質問

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)の作品紹介

法隆寺金堂の大修理、法輪寺三重塔、薬師寺金堂や西塔などの復元を果たした最後の宮大工棟梁・西岡常一氏が語り下ろしたベストセラー、待望の文庫版。宮大工の祖父に師事し、木の心を知り、木と共に生き、宮大工としての技術と心構え、堂塔にまつわるエピソード、そして再建に懸ける凄まじいまでの執念を飄々とした口調で語り尽くしている。氏が発するひとつひとつの言葉からは、現代人が忘れかけている伝統的な日本文化の深奥が、見事なまでに伝わってくる。

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)はこんな本です

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)のペーパーバック

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)の単行本

ツイートする