南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)

  • 150人登録
  • 3.27評価
    • (2)
    • (16)
    • (24)
    • (5)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 北村泰一
  • 小学館 (2007年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094060041

南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    なぜ一五頭のカラフト犬は無人の南極に置き去りにされたのか。
    そもそも日本初の南極観測事業とはどのようなものだったのか―。
    南極第一次越冬隊の隊員にして、タロジロとの再会を果たした唯一の人物である著者による、映画『南極物語』にも描かれていない探検と観測の一年。
    そして犬たちとの日々―。
    50年を経て甦る、素晴らしい本物の感動。

    [ 目次 ]
    第1章 旅立ち~いざ、南極へ
    第2章 越冬開始
    第3章 犬と隊員たち
    第4章 厳寒期のカエル島へ
    第5章 ボツンヌーテン犬ゾリ行
    第6章 オラフ海岸の夏の旅
    第7章 宗谷の苦闘、犬たちの悲劇
    終章

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • ドラマが始まって、原作と言うことで読みました。越冬隊のことも、活躍した犬たちのこともよくわかりました。一緒に生活を共にした著者をはじめとする隊員達は、犬たちとの信頼関係を築き、基地へ残していくことが、大変くるしかったろうと思います。でも犬たちも、すごく心細く、辛くて、怖くて寂しかったでしょう。犬の気持ちになっちゃって、涙止まりません。著者とタロジロの写真見て、再会できて嬉しいけど、隊員たちのせいでもないけど、あなたたちが帰っちゃった後、辛い思いをしたり、生きていく為に頑張ったり、本や、ドラマで書かれる以上の、想像を絶する辛いことや、生きるために頑張ったことがたくさんあったんだよ!と代弁したくなりました。犬たち、ありがとう。隊員のみなさんもありがとう。

  • タロとジロだけがクローズアップされて、亡くなった犬たちのことを忘れられてしまうのがつらいんだろうな、と思った。
    越冬時代の話では、どの犬も平等に書かれていたように思うし。
    生きていたそのことも素晴らしい、でも無念のまま、謎のまま亡くなった犬たちのこと、彼らが生きていたときのこと、伝えたかったんだろうなぁ。。

  • 犬も、人間と同じようなことを感じながら南極の共同生活を送っていたんだ。

  • 402.979 キ 登録番号8659

  • 連ドラ出演作品。原作本

  • 題名のわりにはタロジロの生存のことがあんまり書かれてなかったなぁ。いい話ではあったけど。

    2012.2.23

  • キムタク主演の南極大陸の基にもなった本

    マイナス30度を超える南極では、マイナス16度は「たいして冷たくない」 らしい
    温度感覚ってそんなにも相対的なものなのだろうか

    最後の「私の魂はつぶれた」という表現がとても印象に残った

  • 日本未踏の南極に基地を立て、越冬する。敗戦国日本にそんなことができるわけがないと、諸外国から笑いものにされる中、物資等足りない時代にさぞや厳しいばかりだろうという想像をアッサリ覆されてしまうほど、北村氏の初の越冬は楽しみ、喜び、ワクワクに満ちたものだったようだ。
    樺太犬たちとの交流も細やかに描かれている分、第三次越冬隊として再度南極にたどり着いた際、犬たちの亡骸を弔うシーンに胸が引き裂かれそうになる。
    最後、北村さんが三度リピートした言葉がそれを物語る。
    「私の胸はつぶれた」

  • 鈴木:感動でした。ドラマよりも感動しました。

    石賀(2012.9.17)
    うっすら覚えている映画とは少し違いましたが、懐かしく感動でした。

  • 過去に南極物語(映画)を観たことがある人なら「なんで今更?」と思うかもしれない。しかし、この本の発行年月日を見てもらえればわかるが、この本は比較的最近に出版されたものだ。

    さて、今回はいつもと少し違ったスタイルで書評を書いてみたい。題して、「南極越冬隊タロジロの真実を読むべき3つの理由」である。

    理由その1)寒さ・暑さを吹き飛ばしてくれる!
    理由その2)知識欲を満たしてくれる
    理由その3)真実を知ることができる

    あっという間に読める本だ。値段も決して高くない。「映画を観たことあるし、古い話だし・・・」と一蹴せず、ぜひ読んでほしい一冊だ。

    書評全文はこちら↓
    http://ryosuke-katsumata.blogspot.com/2012/01/blog-post_21.html

  • ドラマ原作ということで、手にとってみました。感じ入ったのは、「夢 希望」の開拓者であった越冬隊の様子です。初めての越冬にプロもアマもないと思うのですが、プロ意識が行間に溢れている気がしました。何事に当たるときもこうあらねばと思います。

  • 2011年11月14日読み始め、読了。
    ドラマ「南極大陸」の原案本です。タイトルに「タロジロ」と入ってますが、特にこの2頭の犬がメインというわけではなく、第一次南極越冬隊に参加した北村さんの回想録になってます。
    犬ぞりで南極を旅した北村さんの犬に対する愛情や苦労、風景の描写は面白いです。
    ただ、前に読んだ西堀栄三郎氏の本は当時の日記を元にしているので、臨場感がすごくあったし、基地内の雰囲気も書いてたので、わたしは西堀栄三郎氏の本の方が面白かったです。

  •  第一次南極越冬隊で実際に犬の世話を行った北村泰一の手記。今オンエア中のキムタクのドラマ「南極大陸」の原案ということで、始まる前に読了しようと思っていたのですが、遅くなってしまった。

     当時のエピソードを事細かく書いてあり南極越冬隊の様子を窺い知れるのは良いのですが、犬を置き去りにして、その後再開する下りに割かれているページ数はさほど多くなく、タイトルに書かれる「タロジロの真実」という言葉に惹かれて読み始めるとちょっとがっかりするかもしれません。
     タロジロのエピソードよりも、ボツンヌーテン登頂などのエピソードの方が文面も力が入っている気がします。

     南極越冬隊全体のこと・南極紀行として読むなら☆四つ。
     タロジロ目当てで読むと星三つというところだと思う。
    自分としては植村直己の記録物なども好きな人なので楽しく読めました。

    ちなみに、ドラマ「南極大陸」第一話の宗谷改造や犬探しのエピソードのあたりは本書にはさっぱり出てきません。

  • 時系列で語って欲しかった。

  • 犬係りだった北村さんが書いた本。犬を南極に残して来たことの無念さに涙が出そうだった。キムタクのドラマがきっかけで読んでみた。

  • 2011.11.06
    ベックがしんじゃった。

    2011.10.30
    リキとクマがけんかした。

    2011.10.17
    ドラマはじまった。みたよ!
    リキがでてきた。

  • 「南極大陸」
    TBS 日曜21時
    出演:木村拓哉、綾瀬はるか、堺雅人
    http://www.tbs.co.jp/nankyokutairiku/

  •  作者は北村泰一氏で、第一次南極越冬隊の犬係の方です。北村氏は後に九州大学の教授になられたのですが、現在は退官されているとのことです。
     実際にあの伝説のタロ・ジロ達とふれあった方が書く、南極越冬隊の物語。著作中、犬たちの比重はタイトルに比してそれほど大きくはないのですが、南極越冬隊の生活も興味深いですし、犬たちの描写も『生きている』感じがして非常に好感がもてますね。
     苦渋の決断を迫られた第二次越冬隊派遣断念のくだりの無念さも直に読み手に伝わってきます。
     そして歴史上知られている、第三次越冬隊到着時の『南極大陸に1年間自力で生き残った兄弟犬』との再会シーンもしっかり描写されています。
     これは、映画(南極物語)のように劇的なまでに感動的なシーンではないんですけど、なんというか生の事実だからこその感動というものがあって、いいんですよ^^

     そしてもう一つ、この本を読んでおおっと思ったことが一つ。
     第9次越冬隊が昭和基地に行ったとき、昭和基地近くで、一頭の犬の遺体が発見されたという事実が書かれていたのです。当然第一次越冬隊が残していかざるを得なかった15頭の犬の一頭でしょう。北村氏はリキであると推測されていますが、なんとも言えない思いにかられました。

     日本南極史を彩った犬たちに乾杯です。

全21件中 1 - 21件を表示

南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)の作品紹介

なぜ一五頭のカラフト犬は無人の南極に置き去りにされたのか。そもそも日本初の南極観測事業とはどのようなものだったのか-。南極第一次越冬隊の隊員にして、タロジロとの再会を果たした唯一の人物である著者による、映画『南極物語』にも描かれていない探検と観測の一年。そして犬たちとの日々-。50年を経て甦る、素晴らしい本物の感動。

南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)はこんな本です

南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする