神様のカルテ 3 (小学館文庫)

  • 1688人登録
  • 4.30評価
    • (258)
    • (254)
    • (75)
    • (2)
    • (1)
  • 199レビュー
著者 : 夏川草介
  • 小学館 (2014年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (484ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094060188

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

神様のカルテ 3 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2を読んでから随分時間が経ったような?
    こんなに患者ときちんと向き合ってくれる医師がいれば、患者の不安も随分解消されそう。状態を聞いてもらえるだけでホッとするということもあるものね〜。
    どんな仕事であっても、技術だけでなく人との接し方がかなり重要なのかもしれないな。
    一止が大学へ戻ったから何かが変わるか!?

  • 第一部、第二部と続いて主人公の一止の医師としての悩みを交えながら成長していく姿が心に響く
    今回は専門医の小幡先生が赴任して、同時期に誤診で一止の医者としての在り方を突き動かされ医療の現在の限界にどう対応するのか、患者の自制心の問題などリアルでした
    そんな修羅場な医療現場の外、ハルや男爵、屋久杉や看護師など、各々の在り方と応援が心暖まるストーリー
    親友の達也や次郎、大狸先生などキャラがますます充実していてほっとさせられる
    なんといっても一止の妻ハルの存在が素晴らしい
    大学病院に行って新たな一歩を踏み出す一止の成長を続編へと続けてほしいと思う

  • シリーズ3作目ともなると、キャタクターそれぞれに愛着が沸いてくるので、巻数重ねるごとに面白くなってゆきます。いわゆるお涙頂戴感動作には、どちらかというと「けっ」という反応を示してしまう心の汚れた私でも、このシリーズはなぜか素直に感動できてしまうのは、一癖もふた癖もある登場人物たちが、みんなそれなりに真摯でひたむきで、自分のやるべきことをきちんとはたしているからでしょうね。

    映画のほうは全く見てないんですが、四話のラストシーン(大晦日に紅白で嵐を見るイチさん)は、もし映像化されたらさぞやシュールなことになりそうです(笑)。

  • 真正面から医療の現場がかかえる問題と向き合っている物語。
    「医者っていう仕事はね、無知であることがすなわち悪なの」。
    確かにその通りだろう。無知な医師になどに正直診てもらいたくはない。
    一止が勤務する本庄病院はとにかく忙しい。
    24時間体制を貫く裏側には、たくさんの医師や看護師たちの努力と犠牲がある。
    患者に追われるように一日は過ぎていく。
    その中で、日々進歩していく医療の世界とどう兼ね合いをつけるか。
    一止は小幡先生との出会いをきっかけに、自分が成すべきことはいったい何なのか?
    自身に向かい問いかけるようになっていく。
    一止とハルの夫婦愛が静かに描かれているのもいい。
    けっして出しゃばらず、けれど一止を優しく包み込むようなハルの愛。
    よき理解者がいてくれるからこそ、医師・栗原一止が存在するのだと思う。
    ふたりの場面はいつもあたたかく、そして優しい。
    派手な物語ではない。
    劇的な何かが起こるわけでもなく、医師と患者と家族の日常が語られているだけだ。
    だが、そこには様々な思いが詰まっている。
    シリーズを追うごとによりリアルに、より深く、医療とそこに関わる人間たちのドラマが描かれていく。
    第1部完結編ということで、次作からは新しい一止が描かれるのだろう。
    大学病院というあらたな場所で、一止は何を感じ何を得るのだろう。

  • 今回は最新医療の習得と患者に向き合う時間、そのどちらに時間を割くべきかという命題がメインテーマですね。確かに患者として考えると最新医療をもったドクターが理想ではあるが、かと言って十分に診断されず誤診されてはみもふたもない。
    要はバランスなんですけどね。
    おなじみの個性的なキャラがわきを固め、ユーモアもあり読みやすいです。
    漱石はじめ名著がでてくるところも興味をそそられます。
    送別会の最後、大狸先生とのシーンで古狐先生を絡めてくるところはグッときましたね。
    医療の良心を問うた本をほかに読みたくなりました。

  • 今回も読後感は爽快。登場人物がみんな真面目なんです。一生懸命なんです。読むたびに自分も真面目に生きなきゃな…と考えさせられる本です。信州・松本の澄んだ空気が伝わってくるような本です。

  • シリーズ2冊読み終わって、3冊目はさすがにちょっとどうかなと思いましたが、いちばん気に入りました。軽いけど、いいわぁ、登場人物みんな好きになる。

  • やっと3読んだよ-。
    一部完結ってことでイチさんはここからまた新たなステージへって感じですかね。
    砂山先生と進藤先生と栗原先生の旧友トリオの絡み(というかホモ関係の噂のある2人の絡み)が地味に好きだったので次からは減るのかと思うと寂しいですけども。

    あ!小幡先生なんか嫌な人だなって思ったけど、後半で好きになった!かっこいい女医さんです。
    実写化されたら誰がやるのだろうか。

    あ…あとジャン・クリストフ読みたくなった。難しそうだけど。

  • 1、2と時間が空いたので登場人物がこんがらがってた。人や地名の読みも。あと自分が読書するときに脳内で動いているのは過去のアニメキャラの面影があることに今更気付く。
    正、一止。イチト。すてきな名前。七つの海のティコのトーマスの父親が近い。もうちょっと愛嬌あるかな。ぼやぼや。
    御嶽荘(おんたけそう)。
    外科医の砂山次郎。明るい。水無さんと。
    進藤辰也。蕎麦屋。夏菜。2から。

    外村(とむら)さん。耳をすませばの保健の先生。

    学士殿と屋久杉君も混じってた。
    男爵はルネサンスの大きい方笑。

    ハルって名前の人に悪い人はいないな!
    榛名姫、ハルグローリー、鈴木さんの春くん。
    ===========
    章ごとに患者の事情だったり、章を跨いで同僚の過去だったりが明るみになって(ミステリ的に言えば伏線が回収されていって)、読んでいて驚きや納得、楽しさがあるんだけど、それによって、時間をかけて人ってだんだんと見えてくる、わかってくるんだよなあという現実の感覚が思われる。
    新しい出会いの中での刺激と、ハルや御嶽荘の住人、同僚の安定した癒しとで生まれる神経の伸縮が味になっててまた好き。特にハル!ステキな言葉の掛け合い。私も、頭をひねらずとも自然に出てくる素直な言葉が、ハルの言葉みたいに誠実で的確で心を温められるものだったらいいのに。

  • 久しぶりに神様のカルテ。1、2巻からずいぶん間があいてしまったけど、すんなり栗原ワールドへ。
    物語全体に、人生を前に進むための応援メッセージがちりばめられていて、元気づけられました。
    「あせってはいけません。ただ、牛のように、図々しく進んで行くのが大事です」

  • 心地良い読後感。日本的な表現の多様さを軽やかに愉しめる。それぞれの理想像を真っ直ぐに追い求めている人々のそれぞれに胸を打たれる。

  • 3も期待通り!良いお話です。
    医者って大変なんだけど、医療の現場って過酷なんだけど、主人公の感性と素敵すぎる夫婦の描写、もう色々と好きな作品!

  • 医者にとって1番大切な事は 続けること。
    栗原先生が医者として頑張れるのは細君の暖かく細かな支えがあるからこそなんだろなと感じました。
    このシリーズの中で3が1番好きな作品

  • みんな自分の仕事に対して真摯に向き合っている。
    その結果として家族や同僚、患者といった結果的には人と向かい合うことになる。
    そういう人だから信用できるのかもしれない。

  • シリーズ3作目。
    前2作以上に胸にずんと重くくるものがあった。過酷な医療現場で働く医師の信念・覚悟が凄まじい。
    途中途中、信州の自然や魅力的な登場人物たちにほっと心が和む。
    色々悩みながらも、大きな一歩を踏み出した一止にエールを。

  • 最後の部長先生と飲むシーンが最高でした

  • 2013年10月から2014年3月20日までに読了した本。
    この期間、読書メモをさぼっておりました。

    砂山次郎に続き、主人公も医局へ。
    りんご。
    そのときの医師をいまだに許せない。

  • 現役医師が書いた小説の神様のカルテシリーズ最新作。
    前回同様、この主人公の医師は静かに熱い。
    人によっては青臭いと思うかも知れないけど、俺は自省も込めてこの医師が好き。
    今回は色んな名言も含んだ素晴らしい一冊でした。
    人生哲学に満ち溢れた一冊で、下手な自己啓発本なんかより、ずっと人生を深く考えさせられる。
    早くも今年度No.1かも。

    あらすじは地域医療を支えるため、常に限界を越えて働く栗原医師とその周囲を描く。今回は新たにベテラン内科医を仲間に加えるが、この人は食えないところがあるが。
    実はそれには辛い過去があり、それが栗原医師の医師としての人生を悩ませる。

    いいなと思った言葉
    焦ってはいけません。焦らずゆっくりと、牛のように、図々しく進んでいくのが肝心です。

    生きるってことは、学歴とか肩書きとかを掻き集めていくことじゃない。今、自分にできることを、少しずつ積み上げていくことだ

    忠実な友が、君と共に泣く限り、この人生は苦しむ価値がある

    智に働けば角がたつ、情に棹されば流される、とかくに人の世は住みにくい。

    やまない雨はないんですから

    素晴らしい本でした。

  • 読後、再度1頁目から読みました。
    この世界に入り込んでいたくて。

  • 神様のカルテ、第三作目。
    今回もとてもよかった。イチを取り巻く人々が優しくとても逞しく読んでいて和み力がわいてくる。
    イチの新しい決断に次作も期待

  • やっと文庫版でたー!ということで。
    今回の話は、1、2と気になっていたこと(一止の医者としての方向性というか)が表に出てきたところが面白かったです。
    キャラクターのバックボーンというか、小幡先生のもつ過去はこれまでも見たことがあるけれど、それでも一止にとって刺激のあるキャラクターになっていたし、彼女の信念のようなものは感じられてとても良かった。

    屋久杉くんのその後も気になっていたし、2の一止の言葉からの3の彼の言葉になっていたのがとても良かったなぁ…。

    ぜひとも続いてほしい。気になって仕方ない。一止がどういう風になっていくのか。

  • 1,2巻と読んできたが、この3巻が一番いいと思う。一つは新キャラが登場するからだが、登場するからには「事件」が起こらないわけがない。そのお話は中盤あたりから始まるため、ほのぼのした雰囲気が一転して緊迫した雰囲気に変わるのだ。「事件」に関連することだが、新キャラがもっている哲学(この場合仕事観に近い)に一止が打ちのめされ、新キャラとのレベルの差、医師としての覚悟の甘さなどを痛感する。その場面で私は彼に感情移入してしまい、なんだかみじめな気持ちになった。しかし、そんな彼を励まし、支えてくれる存在が彼の周りにはたくさんいることをこのシリーズのファンなら既知のことであろう。同期との友情、恩師からの激励、そしてなにより愛しの細君の一止だけでなく男性読者をも虜にするような愛、が本作でも溢れている。また、詳しいことは申せないが、ちょっと驚きの展開が待っているので、お楽しみに。
    もう一つ、このシリーズの魅力に言及しておくと、どうもこの小説「信州のガイドブック」としても使えるのではないか。というのも、作品中で信州にある場所や信州で催される行事などが紹介されているが、私は信州に行ったことがないので、その都度ネットで調べるのだが、まあどれも行ってみたい!と思うような魅力的な場所・行事ばかりなのだ。本作で特に私の心を捉えたのが、【鹿教湯温泉の氷灯ろう】である。非常に綺麗なのだ。これはぜひ生で見たい。このままシリーズが続けば、さらに信州にハマって最終的には移住してしまうのではなどといささか気が逸っている、そう思わせる魅力が本作にはあるのだ。
    著者がインタビューに答えている記事をネットで読んだのだが、4巻を書くかどうかはわからないとのこと。次回作があることをにおわせるような終わり方を好まないらしく、いつどこで終わっても良いように書いてきたとのこと。プレッシャーをかけるつもりはないが、本作で終わったらファンは納得しないと思う。続きがあるような感じで終わりますし(笑)
    成長した一止を楽しみにしてるのは、本庄病院のスタッフの方々だけでなく、読者も同じです。続編を期待します。まだまだここで終わってほしくない。と思わせること、これがこのシリーズの最大の魅力なのかもしれない。

  • 3冊目。毎回毎回、大切にしたい言葉を多く、くれます。

    しばらく寝かせておいて、内容を忘れかけたら読みかえそう。

  • 3部作読了。
    どれもキャラクターが魅力的で楽しく物語を読み進められた。1、2と読んでからしばらく経っていたため、人物の相関やエピソードを忘れてしまっているところもあった。個人的には1が1番好き。

  • シリーズ3作目にして、どうやらこれで一区切りらしい。
    基本的にはシリーズ物で、過去の登場人物や出来事の話も出てくるため、1、2の後に読むことをお勧めする。
    シリーズ通して、医療ものとはいえ温かい作品で、かなり緊迫したシーンというのはあまりないけど、今回はちょっとしたトラブルも発生していた。
    愛からず細君は素晴らしく、こんな奥さんがいたら幸せだろうなぁと思う。

全199件中 1 - 25件を表示

神様のカルテ 3 (小学館文庫)に関連する談話室の質問

神様のカルテ 3 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

神様のカルテ 3 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神様のカルテ 3 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神様のカルテ 3 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

神様のカルテ 3 (小学館文庫)の作品紹介

シリーズ275万部のベストセラー最新作!

栗原一止は、信州にある「24時間365日対応」の本庄病院で働く内科医である。医師不足による激務で忙殺される日々は、妻・ハルの支えなくしては成り立たない。昨年度末、信濃大学医局からの誘いを断り、本庄病院残留を決めた一止だったが、初夏には恩師である古狐先生をガンで失ってしまう。 夏、新しい内科医として本庄病院にやってきた小幡先生は、内科部長である板垣(大狸)先生の元教え子であり、経験も腕も確かで研究熱心。一止も学ぶべき点の多い医師だ。
しかし彼女は治ろうとする意思を持たない患者については、急患であっても受診しないのだった。抗議する一止に、小幡先生は「あの板垣先生が一目置いているっていうから、どんな人かって楽しみにしてたけど、ちょっとフットワークが軽くて、ちょっと内視鏡がうまいだけの、どこにでもいる偽善者タイプの医者じゃない」と言い放つ。彼女の医師としての覚悟を知った一止は、自分の医師としての姿に疑問を持ち始める。そして、より良い医者となるために、新たな決意をするのだった。

【編集担当からのおすすめ情報】
映画「神様のカルテ2」映画化決定!
2014年3月21日(金・祝)、全国東宝系にて公開!

神様のカルテ 3 (小学館文庫)の単行本

ツイートする