恋に落ちる方法 (小学館文庫)

  • 12人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Cecelia Ahern  倉田 真木 
  • 小学館 (2015年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094060386

恋に落ちる方法 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • ネタバレありです。



    たまたま拾った自殺男が大富豪のイケメンだなんて、できすぎている。けれど、主人公のクリスティンは嫌いじゃない。たしかに、おせっかいで、ハウツー本に頼りすぎなところは鼻につくし、最後までアダムの揺れる気持ちに気づかないところも、カマトトぶってんじゃねーよ(失礼)と言いたくなる。それでも、彼女のユーモアや一生懸命なところが憎めなかった(とくにバスに乗れないオスカーを応援するところが好き)。
    脇を固める登場人物も、好感が持てた。お気に入りはクリスティンのパパとお姉さんたち。3人がテンポよく、愛情を持ってクリスティンをからかうシーンでは、ほほ笑まずにはいられない。
    自殺という重いテーマを扱いながら、決して重くなりすぎないところもよかった。起こってしまったことは仕方がない、どうやって前に進み続けるかが問題だと思わせてくれる。
    ありきたりなシンデレラストーリーでも、読んでよかったと思える温かみのあるお話。

  • 2016/3/14~3/18

    三十三歳のバツイチ女性クリスティンは偶然通りがかった橋から飛び降りようとする男性を必死で止める。自殺を思いとどまらせるため説得していた彼女は、二週間後の彼の誕生日までに人生の素晴らしさを彼に取り戻すことを約束してしまう。その日から、彼の監視兼人生の希望探しのため一緒に暮らし始めた二人。元来、ハウツー本依存症のクリスティンはその都度さまざまな本に頼っては作戦を練る。作戦は紆余曲折の末、成功。たったひとつの計算外の恋に落ちてしまったこと以外は…。彼の人生を立て直すため奔走するクリスティンの切ない恋の行方と二人の運命は…。

全3件中 1 - 3件を表示

恋に落ちる方法 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋に落ちる方法 (小学館文庫)の作品紹介

ハイセンスでキュートな現代シンデレラ物語

33歳のバツイチ女性クリスティンは、ひょんなことから見ず知らずの男性の自殺未遂現場に出くわしてしまう。その事件への強いトラウマから、通りがかった橋から飛び降りようとする男性を必死で止める。アダムという名のその男は、人生すべてに絶望していた。なんとしても自殺を思いとどまらせたいクリスティンは、あの手この手で説得。2週間後の彼の誕生日までに何とか人生の素晴らしさを彼に取り戻すことを約束してしまう。
その日から、彼の監視兼人生の希望を探すため、一緒に暮らし始めた二人。まずは、アダムをふった恋人マリアを振り向かせ、クビにされた沿岸警備隊のパイロットに復職させ、家族と和解させ・・・。元来、ハウトゥ本に頼るクリスティンはその都度さまざまなマニュアル本に頼っては必死に作戦を練る。
クリスティンの作戦は、紆余曲折ありながらも、ほぼ成功に向かっているように見えたのだが・・・。
どんなマニュアル本にもない事態が勃発。クリスティンがいつの間にか、恋に落ちてしまったのだ。切ない気持ちを押し殺しつつ、アダムの人生を立て直すため奔走するクリスティン。
彼女の、そして彼の運命は・・・。


【編集担当からのおすすめ情報】
人に頼ることが下手で、不器用で、でも憎めない主人公のクリスティン。
自殺しかかった男性をほうっておけなくて、彼に人生の希望を取り戻すことを命題に必死で作戦を練り、遂行する彼女の姿。そして、恋に落ちてしまった切ない気持ち。王道のラブストーリーながら、キュンとすること必至です。
また、アイルランドの街並みと、現代を切り取った新鮮な描写もセシリア・アハーンならでは。
上質な恋愛映画を観た後のような、素敵な気持ちになれる一冊です。

ツイートする