砂のクロニクル 下 (小学館文庫)

  • 39人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 船戸与一
  • 小学館 (2014年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (567ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094060515

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
東野 圭吾
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

砂のクロニクル 下 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 登場人物のほとんどが哀しい結末を迎える。

    ある者はイラン革命防衛軍の腐敗を正せずに散り、ある者は民族国家樹立の夢破れ撤退する。

    欲望のままに生きてきたマフィアは実に呆気なく悲惨に、冷酷な武器商人は自分が売った武器の行く末を見届けて死ぬ。

    隻脚の東洋人はかつて自身が魅せられ追い求めた“革命”が迎える結末の無情さを痛感し静かに息をひきとる。

    それぞれ立場も考え方も違うが確固たる信念によって生きてきた。そのほとんどは光を浴びることはない。だけど、この物語に登場人物たちはなんとカッコいいのだろう…

  • もうお腹いっぱいです。
    文庫上・下巻で合わせて1210ページの大部。
    本書は1991年に毎日新聞社から単行本として刊行されました。
    25年も前の作品ですから、割と古い作品といえましょう。
    ただ、決して色あせないのは、本書の内容と同様、今もなお宗教、民族、その他の問題で、世界中でおびただしい量の血が流れているから。
    しかも、かつてのような国家間の戦争・紛争というよりは、テロという形で世界中に脅威が拡散しており、より困難な時代に直面しているといえましょう。
    さて、本書はイスラム革命後のイランが舞台。
    世界中に2500万人という人口がいながら、迫害されてきたクルド人が、聖地マハバードで独立国家樹立を目指して武器の調達を目論みます。
    そのクルド人ゲリラの指揮官が、清廉潔白なハッサン・ヘルムートという男。
    武器調達を請け負ったのは、目的のためなら殺人もいとわない冷酷な日本人武器密輸商人で、「ハジ」と呼ばれる駒井克人です。
    イスラム革命後に腐敗した革命防衛隊を正すため、実力行使に打って出るのが、若き革命防衛隊小隊主任のサミル・セイフ。
    そして、かつては非スターリン主義的マルクス主義組織フェダイン・ハルクに所属し、ある事情によって隻脚となった、これもまた「ハジ」と呼ばれる日本人の男。
    物語はこれらの登場人物の視点で多元的に展開し、マハバードであいまみえて壮絶なラストを迎えます。
    読み終えた後は、歴史に翻弄された者たちの哀しみがひしひしと胸に迫ってくるでしょう。
    余計な感傷を極力排し、乾いた筆致で感動を呼び起こす作者の力量にも感服する次第。
    日本人にとっては複雑な中東情勢の一端を理解するための一助にもなりましょう。
    おススメです。

  • 読み応えがあった。

全3件中 1 - 3件を表示

砂のクロニクル 下 (小学館文庫)に関連するまとめ

砂のクロニクル 下 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

砂のクロニクル 下 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

砂のクロニクル 下 (小学館文庫)の作品紹介

交錯する民族と宗教、今決戦が始まる

マハバード奪還をめざすクルド人への武器の供給が、いよいよ間近に迫る。だが、武器密輸商人ハジの前にあらゆる障害が立ちはだかり、思うようにクルド人の元へたどりつけずにいる。
一方、そのクルドの民を押さえ込まなくてはならないイランの革命防衛隊が、内部の腐敗により、その機能が低下しはじめる。機能を失いつつある革命防衛隊を立ち直らせたいと、崇高な理想を掲げるサミルが、まさかの裏切りにあい、窮地に追い込まれる。
いざ決戦の時。クルド人のもとに、ようやく20000丁のカラシニコフが届く。彼らはマハバード奪還を成し遂げられるのか。イラン革命防衛隊は、それに応戦できるのか。マハバードの地でクルド人のカラシニコフが一斉に火を噴く。

絡み合った糸が、ほどけていくように、奇跡の再会を果たすサミル・セイフと姉のシーリン・セイフ、そして隻脚の日本人ハジと武器密輸商人ハジの一瞬の邂逅、そして、かつて愛し合ったシーリンと隻脚の日本人ハジとの不思議な縁・・・。
全ての伏線が一つになり、驚きの結末に。読む者は必ず、その壮大なストーリーに打ちのめされる。船戸与一最高傑作とも呼べる超大作。

砂のクロニクル 下 (小学館文庫)はこんな本です

砂のクロニクル 下 (小学館文庫)のKindle版

砂のクロニクル 下 (小学館文庫)の文庫

ツイートする