付添い屋・六平太 龍の巻 留め女 (小学館文庫)

  • 69人登録
  • 3.40評価
    • (3)
    • (10)
    • (14)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 金子成人
  • 小学館 (2014年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094060577

付添い屋・六平太 龍の巻 留め女 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2,3巻を先に読んでいたので、佐和の結婚の経緯が良くわかった。複雑な想いを抱えての結婚が、後の不幸となる、ということか?
    でも、良い経験かも・・・

  • 付き添い屋という商売があるんですね。

  • 一ヶ月、小説を読まないようにしていて、復活の際の一冊。
    やっぱり時代小説からと思いまして。
    ずっと気になっていて、やっと手にしました。
    淡々と、でもおもしろく読めました。
    筋の通った登場人物に惹かれます。

  • 血の繋がりのない兄妹って複雑。

  • 時代劇脚本家として著名な著者の小説家としてのデビュー作であることを知り、面白い時代小説に飢えていたこともあって飛びつきました! 今後の展開も楽しみになる、期待通りの読後感です。

    基本、短編4つが収録されているので読みやすいです。痛快だったり爽快だったり切なかったり、それぞれに違ったテイストが味わえるのもいいですね。

    血の繋がらない妹、佐和が嫁いで家を出てしまったのが何とも惜しまれますが――

  • L 付添い屋六平太1

    カバー画の影響をモロに受けてしまってどーにもこーにも受け付けない。もっとシックなものにできなかったものかね。イメージに引っ張られてよくない。
    諸々詰めすぎ感あり。
    もっと着崩した浪人然としててもいいはずなのに…だから表紙絵がさぁ…。妹佐和も子供の頃に長屋住まいになってるはずなのに、武家が染み付いててどんだけ裕福なんだ、と疑問。佐和が稼ぎ頭といってもアンバランス。なーんかちくはぐで気持ち悪い。
    超大物脚本家小説デビュー!なんて書かれるから、一体どのへんの俳優想定して書いてんだよ…と思っちゃうし、あのへんか、と思えるような書き方。付き添い屋という言葉が目新しいだけで中身に特徴なし。

    血の繋がらない兄妹って設定ならもっと違う書き方あるだろ、と不満。

  • なぜか夢中になれないのはなぜか

  • 167

  •  長く脚本家として活躍して来た著者らしい、どこまでも王道な、人情時代劇。想い人を探して江戸へやって来た女性がお金が無くて困窮したり、大名行列を横切って武士に突き飛ばされ、昏睡状態に陥った息子の為に復讐する父親の話などなど。現代にも通じる、江戸っ子達の悲喜こもごもが描かれている。全4編。

     最後の「祝言」で、血のつながらない兄・六平太へ複雑な想いを抱きながら呉服屋へ嫁いでゆく義妹・佐和の物語は、それまでの登場人物が勢ぞろいして、4編のまとめ的な意味合いであるのと同時に、一つの区切りにもなっていて、筋自体はとっても王道なのだけれど、佐和の姿に思わずホロリとした。

     勧善懲悪、ほぼ大団円の物語なのだけれど、自分自身のせいではなく、不覚にも浪人となっていまい、一時期荒れていた六平太の悲しみとか、最後の佐和のいない家の寂しさとか、所々悲しみが滲んだ物語。

全10件中 1 - 10件を表示

金子成人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

付添い屋・六平太 龍の巻 留め女 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

付添い屋・六平太 龍の巻 留め女 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

付添い屋・六平太 龍の巻 留め女 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

付添い屋・六平太 龍の巻 留め女 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

付添い屋・六平太 龍の巻 留め女 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

付添い屋・六平太 龍の巻 留め女 (小学館文庫)の作品紹介

時代小説界最後にして最強の新人!

主人公・秋月六平太は、かつて信州・十河藩の供番(籠を守るボディーガード)を務めていたが、家中の権力闘争に巻き込まれゆえあって浪人となった。いまは裕福な商家の子女の芝居見物や行楽の付添い屋(これもボディガード)で身を立てている。
血のつながらない妹の佐和は、六平太の再士官を夢見て、浅草元鳥越の自宅を守りながら、裁縫で家計を支えているが、本人にその気はない。相惚れの髪結い・おりき、音羽界隈を取り仕切る毘沙門一家の菊次とともに、浮き草な日々を過ごしながら、付添稼業を続ける日々だ。
その六平太のまわりには、幸せになりきれないが、一生懸命生きている人たちの悩み事が今日も迷い込むのだった。妹・佐和の祝言までを描くシリーズ第一弾。「雨祝い」、「初浴衣」、表題作「留め女」、「祝言」の四話を収録。人情話ここにあり!

【編集担当からのおすすめ情報】
書き下ろし時代小説界
最後にして最強の大型新人、
満を持してデビュー!
オビコメントは、北大路欣也さん!
カラーイラストは『JIN-仁』『龍-RON』の村上もとか氏!

付添い屋・六平太 龍の巻 留め女 (小学館文庫)はこんな本です

付添い屋・六平太 龍の巻 留め女 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする