世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

  • 5971人登録
  • 3.49評価
    • (368)
    • (679)
    • (705)
    • (241)
    • (82)
  • 807レビュー
著者 : 川村元気
  • 小学館 (2014年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094060867

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 話題作のため購入。風景や人物の描写がほぼ出てこず、会話文と主人公の独白でページが進む。話題作でなければ読むのを止めていたくらい苦痛だった。はじめ100ページ読んだところで読むのを止めようか迷った。

    主人公の寿命を一日延ばす代わりに世界から一つ何かを消す、というのだが、設定が甘く主人公が想像力がない。たとえば電話。主人公に電話の記憶が残るのは良い。電話が認識されなくなる、というのもまぁ良い。主人公以外の者も電話のことを覚えていて、それでいて不自然に思わないことが非常にご都合主義。主人公と元カノの電話での恋を語りたいがために作った都合の良い設定としか思えない。

    主人公の葛藤も少ない。あなたが一つものを消すごとに世界中からそのものがなくなるんだよ?「僕の世界から消える」というように自身を主語に置いていることから自分のことしか考えていない奴という認識を受けた。あなたが消したもののうち一つを命の支えにしていた人がいるかもしれないんだよ?消すことによって支えを失ってしまう人がいるとは考えないの?想像力が足りない。気持ち悪いくらい物語が自己完結している。電話でしか話せないなよなよした関係なんてやめちまえ。

    母親は自己を犠牲に献身的な愛を家族に注ぎ、父親は不器用な愛情を持つというテンプレート的な家族像も気持ち悪い。理解し合おうとしなかったと自己完結して終わりにしようとしている姿も気持ち悪い。とってつけたように郵便屋になりたかった理由を思い出されても。主人公が死ぬと言われてすぐ信じる元カノや友人に違和感を感じた。
    ビデオ屋の友人は「優しいいい奴だがなりたくないオタク」として描かれており、全くいい気分にならなかった。

    悪魔よ、最初主人公に「明日死ぬ」って言わなかった?それが7日目には「いつ死ぬか分からない」って矛盾してるでしょ?主人公も荷造りするの早すぎる。数ヶ月生きたらどうするつもりなの?父親がいるのに勝手に葬式頼んでいいと思ってるの?

    全般に常識がなく、物語が自己完結的。「フーワフーワ」という擬音はありません。映画原作ものにはいいものがないことを思い出した。筆者が映画プロデューサーと聞いて納得。これは小説じゃないです。

  • 薄っぺらさを感じる。
    量産型お説教系小説という感じで、もっと筆力があれば説得力もあったろうと思う

  • 世界から猫が消えたなら…電話や映画が消えていったら…

    話題本ということでしたが、なるほど読みやすく、面白いので一気に読めました。「本当に大切なものを後回しにして、目の前にあるさほど重要でないことを優先して日々生きていやしないか」説得力のある一文に思わずどきっ。ストーリー仕立てになっているのですが、何かこう、哲学的というか、自分だったらどうだろうか?と、常に考えさせられることが多かったです。 猫のキャベツの描写も可愛らしく、時代劇口調がツボでした(笑)最後は切なさも残りましたが、主人公の取った選択に「うん、うん」と頷きました。遅すぎるということはない、大切なことに気付けただけでもハッピー。その人の生がたちまち輝き出す瞬間、手にできたらいいかと。諦めは肝心ではないのです。(3.5)

  • 読むタイミングによって、感じ方が変わるというのは凄く分かる小説だと思う。
    比喩やセリフが上手いなと感じた。

  • 本屋で目立つ所に置いてあって、前々から気になっていたので購入しました。

    余命宣告をされた主人公が、ある日自分にそっくりな悪魔と出会う。
    その悪魔から「世界から指定したモノをなくす代わりに、寿命を一日延ばしてあげる。」という奇妙な提案を持ち掛けられる…という話。

    この悪魔が悪魔らしからぬなんとも陽気な悪魔で、もうすぐ主人公が死んでしまうという話の重さも、その悪魔のキャラのおかげで少し重さが軽くなるくらい。笑

    色々なモノを消していく中で、主人公は大切なことを思い出したり、今までの自分の家族のこと等を考え直したりするのだけど、主人公の気持ちには少し同感な部分もあって、読んでいてとても感情移入ができた。

    私も20歳までは家族とはとても仲が悪くて、心が通じてない部分も多かったのだけれど、それは今まで私が逃げてきたから…。
    ラストの主人公の行動する場面で、ふとそんな風に感じ、自然と涙が出てきました。

    この小説を読んで、後悔しない生き方というのは、自分を大切にしてくれた人たちと、いかに真正面から向き合うか。
    本当に大切な人との繋がりを、どうやって終わりにするのかが「後悔しない生き方」なんじゃないかな…と思いました。

    この小説を読み終わったら、きっと大切な人が恋しくなる。
    そんな気持ちにさせてくれる温かい作品だと思います。

  • これは感動する人とぜんぜんしない人と、極端に分かれそう。
    わたしは後者だった。

    これで感動できるほど、わたしは純粋なこころをもってない。
    それだけ「生きてて汚れた」ってことなんだろうけど。

    人生の体験によって、この小説の受け止め方はかわるとおもう。
    じぶんの汚れのリトマス紙みたいな小説。

    映画化されるってことでこの作者がラジオにたーくさん出て、なんどもおなじ「これを書いたエピソード」を話してた。
    ケータイをなくしたとき、乗ってた電車の窓から大きな虹を見たけど、ほかの人たちはケータイを見ててだれも気づいてなかった、っていうの。
    なにかを失ったことでなにかを得た、というその体験をもとに、この小説を書いた、っていう話。

    そこに惹かれたから、わたしはこれを読んでみたんだけど。

    あまりにも「そのまま」に書かれてた文章表現は、小説というより啓蒙書みたいで。
    コンビニでよく売られている名言集みたいなのを小説仕立てにした、っていうかんじ。

    あのコンビニ本の名言集を好んで買うか、手を出す気にもならないか。
    そんな選択がそのまま、この小説に感動するか否か、にも当てはまる気がした。

    文体はわりと好みだし、ところどころ感嘆する文章もあったけど、全体的に作者の言いたいことが凡庸すぎて、「ただしい人がただしいことを書いた」っていう印象しかない本。
    ラジオでの作者のトークはそんなつまらない印象はぜんぜんなかったのに。

    感動できなかった疚しさはうっすらと残る。
    「小説」とはどういうものか、「小説」の描き方、みたいなことをかんがえさせられた。

  • 郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、「この世界から何かを消す。その代わりあなたは一日だけ命を得る」という奇妙な取引を持ちかけてきた。僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計…僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化!

  • 余命半年と宣言された30歳の郵便配達員。
    病気治療の選択肢も耳入らず、考えたことがマーサ―ジのスタンプカードのサービス券という軽いノリにの青年の前に現れたのは、もう一人の自分に似た悪魔!

    1日長生きできるための交換条件で、世界の中から、一つだけを消していけば、いいと、、、
    電話、映画、時計、猫、、、

    悪魔とのやり取りが、余りに命を賭けて迄することなのだろうか?と、思えるほど、軽い感じがして、最後まで読めるかな?と、思ってしまった。
    しかし、彼女ヘ託した青年の母親の手紙で、———私の死ぬまでにしたい事10を読んで、母親とは、子供の幸せを一番に考えることが、自分の最もしたいことなのだと、、、、、

    阪神大震災、東北大震災で、皆、大事な人、物、思い出を、無くしてしまった。

    世の中の便利さから、物が1つなくなれば、どんなに不自由なのかと、、、、
    そして、今、自分がこの世から、消えたら、、、一つの命の明かりが、消えるだけなのだろうか?と、、、

    初めの軽いノリが、深く感じる本になってしまった。

  • 佐藤健さん主演での映画化ということで、興味を覚え読んでみました。
    映画は機会を逸して未見です。

    タイトルが印象的で、各メディアで大絶賛されていた印象でしたが、
    正直30分とかからず読み終えられてしまう内容の浅さで、
    とても”古典””小説”とは思えませんでした。
    ライトノベルやケータイ小説と言われればまだ納得がいくかな、という内容です。

    読んで毒になるような内容ではありませんが
    少なくとも私は期待したような内容ではなく、命についてなど
    響く描写もほとんどなく、淡々とあっさりと、深いところに切り込むこともない
    ストーリーでした。

    現実にファンタジーが紛れ込む設定は大好きなのですが
    その分納得のいく練り込みが必要と考えます。
    突然悪魔がやってきて、なにかを消すことで一日寿命を貰える
    という設定時代は面白いのですが、消すということについての捉え方が非常に曖昧です。

    ”電話を消す”と言っても、電話とは何を差すのか、機種なのか概念なのか
    世界的になくなるのか、その辺りが非常に適当です。
    時計がなくなって、主人公は仕事を休んでいるからさほど困らないが
    世間は時計がなくても出社しています。
    その人たちは元々時計がなかったと思っているのか
    突然なくなったのか、説明がなく混乱の描写も曖昧なのです。

    また郵便配達員になったきっかけが父からのハガキだというのですが、
    折角貰ったハガキを水にひたして切手を剥がすというのが
    自分としては理解できませんでした。大切ならハガキごと取っておくのではと思ってしまったので。

    制服についても、部屋に一式持ち帰っていることにやや違和感がありましたが
    これについては洗濯のため持ち帰ることも有りえます。
    しかしながら、白いワイシャツにストライプのネクタイ、チャコールグレーのスーツというのはどういうことでしょうか。

    平成24年から合併していますが、合併以前の郵便局株式会社、
    つまり窓口であれば、確かにチャコールグレーのスーツでしたが、
    配達員はネイビーのポロシャツとパンツです。
    配達員という設定にしている割に、窓口業務の人の制服を
    事細かに描写するというのはどういうことでしょうか。

    日本ではない、現実の日本ではない、のかもしれませんが
    それにしてもニアミス過ぎます。
    筆者の方が勘違いされているのではないでしょうか。

    大事な設定部分がこのように全て曖昧で
    きちんとした下調べもない様子なところに、説得力のなさをよりいっそう感じてしまいました。

  • 頭痛に受診をしてみたら脳腫瘍(ステージ4)が発覚。
    30歳の主人公は、もう長く生きれないらしい。
    そこで登場したのが、なんとも軽妙なアロハシャツの悪魔。
    「この世界からひとつだけ何かを消す。その代わりにあなたは1日の命を得ることができる」と取引を持ちかけてきたが・・・

    奇天烈な設定もおもしろいし、どこまでもノリが軽い悪魔をはじめとした文体の軽妙さが楽しいです。
    一方で、話は深刻。なにせ、寿命はもうあとわずかです。
    世界にはいらないものが溢れているし、どんどん消しちゃえば長生きできるじゃん!と思いきや、やはり消すものは自分で選べないらしい。「そのへんのゴミを消してよ」みたいなのじゃ、だめなんですよね。当たり前か。

    電話、映画、時計・・・と次々寿命と引き換えに消されていき、思わず自分もその世界を想像してみます。
    あってもなくてもいいか、と思うようなものが、実は今の自分を作り上げているのだという気付き。自由は不安を伴うという発見。それに、もしかしたら人生の終わりは、恋の終わりに似ているのかもしれない、なんて思ってもみたり。

    死へ向かう物語なのに、根底には静かな愛情が漂っていて、それがきっと母親の愛情なんだと気付くのは最後のこと。それに、猫の描写がまた愛に溢れてて。フーカフーカ、伝わってくる寝息、猫と一緒に住んだことのある人ならわかるはず。

    少しずつ何かが消えていく世界で、最後に残るのが愛情だといいな、と静かに思いました。

  • とにかく読みやすい。サクッと読めてしまう。
    設定は古典落語の「死神」に似た感じだが、死神ではなく悪魔だし、展開の仕方も全く違う。
    世の中に本当に必要なものとは何か?違う視点で考えさせてくれる。主人公が泣き虫すぎるのがちょっと読み手としては引いてしまいました。彼女、母親、父親とのエピソードはしんみりします。2016年映画化されるらしい。キャストに佐藤健の名前が。キャベツの声を「るろうに剣心」のように「~でござる」という緋村剣心風にしゃべったらウケる。
    まあ間違ってもそんな事はないんだろうけど。

  • 面白そうな設定を考える事と、それを面白く仕立てる文章を書く事は別のものなのだと思った作品。
    お涙ちょうだいがみえみえで萎えてしまった。

  • 話自体は面白い。文章も読みやすい。
    が、なにかが足りないという印象。
    オチのパンチが弱いか?

    また、夢を叶えるゾウと設定が似すぎているように感じた。

  • うん、わかる。言いたいこと、泣きどころもとても良く伝わる。実際、母へのくだりは自分と重ねて涙がでた。ただ、ライトノベルの延長線上でしかない印象。というか、猫鳴りを読んだ後に同じような猫と生死をテーマとしたこの本を読んだのがいけなかった。圧倒的な差が、如実に現れてしまった。日本語が陳腐だと思ってしまった。何様だ自分。

  • タイトルが謎めいていて素敵。手にとったけれど、少し期待していたものと違ってた。猫やアクマをキャラクター化させようとしているとこが淡々とした文章の中妙に気になってしまった。

  • 一気に読了。
    自分だったらどうなのか考えさせられた。


    ●気になっあフレーズ
    プレゼントは、物“そのもの”に意味があるのではなく、選んでいるとき、相手が喜ぶ顔を想像する“その時間”に意味があるのと同じように。

  • 「モテキ」や「君の名は。」など大ヒット映画の企画に携わった若手映画プロデューサー、川村元気氏の小説。川村氏の小説は、「億男」でも感じたが、映画界のプロだけあって、名作映画のセリフなどを所々で引用し、教訓めいた展開が多いようだ。
    本作は、主人公が余命一週間と突然言い渡されることから始まる。そこに悪魔なる人物が登場し、余命を1日増やす代わりに、悪魔の決めたあるものを世の中から消す、という少し不思議な物語。病死した母との思い出が象徴的に描かれる。作者は多分、母親のことが大好きなんだろう。父との確執を含め、全体的にはしっとり暗いんだけど、相棒の猫・キャベツとの微笑ましいやりとり、破天荒キャラな悪魔とのちぐはぐな会話が明るさをプラスする。

    この作品のポイント
    「ほとんどの大切なことは、失われた後に気付くものよ」
    「何かを得るためには、何かを失わなくてはね」

    ハッピーエンド好きとしてはラストが悲しく、二度は読まない本だけど、川村氏はとても掴みがうまい。引き込まれて、1日で読んでしまった。

  • もうすぐ死ぬ、と言われた主人公のもとにやってきた悪魔。
    それが言う事には、世界からひとつ『もの』を消したら
    1日自分の寿命が延びる、と。

    ものが消えて行く一週間。
    消えるだけで、それがあった、という認識は
    しばらくはある状態。
    分かってはいるけれど、何だか変な感じです。
    けれど案外、なくても生活できるものです。
    昔はなかったわけですし。

    しかしそれが、寝食を共にするものだったら?
    思い出が詰まりすぎているものだったら?
    最後の葛藤、走馬灯のように回る思い出。
    何をしたいか、ではなく、何をするべきか。

  • 【「当たり前のもの」など一つもない】
    2017.03.31読了

    「私」は猫「キャベツ」と一緒にくらす、30歳の郵便配達員。ある日突然、死に至る病に冒され、余命あとわずかと宣告される。そんな私の前に、見た目が自分そっくりの「悪魔」と名乗る人物が現れ、契約をもちかける。「大事なものを一つ世界から消す代わりに、命を一日延ばしてやる」と。

    私は大切なものを一つずつ世界から消すことを決めた。チョコレート、時計、映画。恋人との思い出、死んでしまった母との思い出、飼い猫を拾ってきたときの思い出、そして4年間も連絡をとっていない、時計屋の父との思い出。一つ消すごとに大切な思い出がよみがえる。そして、ついに悪魔は「次は猫を消す」ということを告げる。

    「死」を題材としていながら、非常にポップな作品で、はじめは”軽い”物語のように思えた。特に、私と悪魔とのやりとりが軽い。
    だが、そのポップなやりとりの中の中に時折、絶妙な緊迫感や重苦しさを感じる。死が刻々と迫っているのである。
    彼女とのやりとりや思い出、母親が死ぬ前に書いてくれた手紙、一緒に暮らしてきた家族のような猫を失うかもしれない悲しみなど、様々な場面に自分の過去の経験などを重ね合わせて、入りこむことができた。

    この本を読み終わって私が感じたのは「感謝」である。変な感想かもしれないが。もし自分が、あと一週間の命だと告げられたら、何を考え、どうするだろうか。今周囲にあるもの、毎日会える人。ありふれた毎日がいかに大切で、ありがたいものであったかに気づくに違いない。

  • びっくりしました。もうすぐ寝る時間だし、1時間くらいで読めそうな薄い本を探してたら、積本の中に発見。そういえば映画にもなって有名だけど読んでないや、読も。っと軽い気持ちで読み始めたのですが...ぼろ泣きしました。何が?お母さんの言葉、キャベツ、自分の余命。なんて言えばいいかわからない感情で今は胸がいっぱいです。半分くらいまではテンポよくスラスラ読めました。悪魔とのやりとりに軽快さがあったり。なのにどんどん心に刺さる。あとがきにもあるように苦い哲学を含んだ寓話。自分の生き方考えさせられるお話だったな。死ぬまでにしたい10のこと。私も誰かの幸せにつながることしたいな。
    h29.3.13

  • 川村元気『世界から猫が消えたなら』小学館文庫, 2014年 読了。
    『電車男』『悪人』『君の名は。』etc.を手がけた映画プロデューサー・川村元気の小説デビュー作。
    *
    あらすじはこちら↓(Amazonより引用)
    郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、奇妙な取引を持ちかけてくる。 「この世界からひとつ何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得ることができる」
    僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計……そして、猫。
    僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まったーー
    *
    読みやすさは、ラノベの如し。
    台詞回しは、春樹の如し。
    突然の余命宣告、という小説あるあるな設定と、猫と僕との奇をてらったようなやり取りが鼻につき、どうにも好きになれない、というのが正直な感想です。
    ストーリーは、テンポ良く進み、終盤の山場etc.緩急のある構成。
    作者の川村氏は、小説家というよりは、映画畑かつプロデューサー肌な人なのかな、という印象を受けました。

  • 死ぬ間際になって本当に大事なことに
    気づけた主人公は幸せな人生だったと思います。
    お母さん、お父さん、キャベツ、昔の彼女、いい人たちに出会えたこと。それだけで充分幸せ。
    長く生きることが大切ではない。誰のために生きるのか。どういう人生を送るのか。
    そういうことを考えるいい機会になった。

  • 生死について考えさせられる本。とても温かくて、読みやすかった。映画も観たい。

  • 読んでる途中からの率直な意見としては、言葉のチョイスが砕けすぎてたのと悪魔の設定がチープだなと感じた。
    ただ内容自体は考えさせられたので、総合して評価は3程度。

全807件中 1 - 25件を表示

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)に関連する談話室の質問

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)に関連するまとめ

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)の作品紹介

感動のベストセラー、早くも文庫化!

世界から猫が消えたならは、脳腫瘍が見つかり、 余命わずかであることを宣告された、ちょっと映画オタクで猫とふたり暮らしの郵便局員の男性が主人公の物語です。
自分と全く同じ姿をした男がいきなり現れ、男は悪魔だと言い、奇妙な取引を持ちかけます。
「世界から1つ何かを消す。その代わりに1日だけ命を得ることができる」
生きる為に、消すことを決意した主人公と猫と悪魔の7日間が始まります。

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)のKindle版

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)の単行本

ツイートする