デビクロくんの恋と魔法 (小学館文庫)

  • 387人登録
  • 3.28評価
    • (13)
    • (28)
    • (44)
    • (15)
    • (5)
  • 38レビュー
著者 : 中村航
  • 小学館 (2014年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094060874

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

デビクロくんの恋と魔法 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読み終わりました!






    あぁ…切ない。。切ないよ。。。
    好きな人の為に、自分の気持ちを封印してまで
    応援しちゃう杏奈が切なすぎる。:゚(。ノω\。)゚・。

    この文庫の裏表紙のあらすじを読むと、
    それだけでも切なさが伝わってくる………


    だって好きな人から、
    好きな人が出来たと聞かされるなんて…こんな結末辛すぎる(>_<)



    杏奈の気持ちが痛いほど伝わります!
    それに…好きな人に会いたくて、
    つい探してしまう行為が凄く共感。。


    切ないがいっぱいの前半。。








    デビクロ通信も言葉一つ一つが、
    読んでいる私の心にもスーッと入ってくる

    ドキッとされることもあったり、きゅんとなったり
    映画ではどう描かれていくのか気になりますね(〃ω〃)














    あのおまじないって。。本当に効くのだろうか…
    試してみたくなりますね!

    占いに頼りたくなる光の気持ち分かります(ノω・、)
    こうでもしないと…
    一生会えなくなるって思いますよね。。


    おまじないの結果…
    光は違った捉え方をしましたが(苦笑)当たってると思います!

    違った捉え方をしなければ
    きゅーんとなったのですが…笑




    杏奈の恋心が切ないというのが強いけど、
    光の気持ちも分からないでもない

    ソヨンも杏奈もとっても良い人。。
    どちらか凄い悪役だったら良かったのだけれど(笑)


    切ないけど、どちらも応援しちゃいますよね(苦笑)
    ラストは杏奈と結ばれたらいいなと思いますが////








    でも…読み進んでいくと、ソヨンさんもある想いを抱いていて。。






    クライマックスにいくと、
    過去と未来が繋がってある奇跡が起こるのですが…

    最後…良かった。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。って思えるようなラストでした!






    片想いって切ないよ。。という話の内容でもありました(^ω^;)


    まだ早いけど、
    皆さんも素敵なクリスマスになりますように……。
    奇跡が起こりますように

  • 飛行機の中で映画を観た後で読んでみた。
    登場人物の関係性が映画と原作でほんの少し異なるものの、基本的には忠実に再現されていたかな。
    何と言ってもデビクロ通信の文章がポイントです。この使い方は上手いなぁと思う。
    「言いたいことがあるなら、今のうちだぜ!」か。
    確かにその通りだ。

  • デビクロ通信、絵は可愛いが中二過ぎて読んでいて痛かった。闇というより、黒歴史。最後の展開もものすごく唐突で、結局振られたからそっちにいったんじゃないのかといいたくなった。読むのが辛すぎて途中で挫折するかと思ったが、なんとか読みきれてよかった。

  • 爽やかな読み口で楽しかった。ストーリー自体に特別なところはないけれど、特別じゃない物語を特別に語れるのがこの人の凄さだと思う。

  • 書店員・光は絵本作家を夢見る若者。見る者を温かい気持ちにさせる絵本を描きたい気持ちの反面、「闇」の気持ちから生まれた「デビクロくん」として「デビクロ通信」を描きそれを様々な場所に撒き散らす通称ボム行為、を行う一面も持っている。しかしデビクロくんの正体は誰にも秘密、だ。
    ある日光は昔の自分が描いた絵本の言葉そのもののような、赤いコートを着た韓国人デザイナー・ソヨンと出会い、これは運命の恋だ…!と感じる。昔から光に憧れ、恋し、しかし「友達以上兄妹未満」の関係性を続けてきた杏奈は、自分の気持ちを封じ込めるかのように光の「運命の恋」の話を聞いて応援していくことになるが…

    メインになる人間関係をちょっと説明しようとするだけで「ひと昔前の少女漫画かっ!」となる。それくらい、大筋はベタ。「好きな人の好きな人」がテーマのハチクロっぽい雰囲気も、ベタ。
    でも文章の語り口調が、センスのある読み易さで活字を読む楽しさ、を感じて読むことが出来たから結構楽しめた。

    なんとなーく「ほっこりするもの」を読みたいとき、に丁度良い一冊だった。

  • 以前、相葉ちゃんが主演で映画化された作品。
    偶然図書館にあったので借りた。
    最初デビクロくんの魅力がわからなかったけど、だんだん面白い作品だと思うようになった。
    光は相葉ちゃんの分身みたいで似合ってた。

  • 主人公・光が嵐の相葉ちゃんなのか。相葉ちゃんは好きだけどこの光の闇はどこからくるものなの?自分の好きな人の恋を応援するって切ないってのはわかるけどまさにありきたり。もっともっと若い時に読んだら違っていたでしょうね、感想。

  • 淡くピュアな恋愛本。心がポッと温まる。

  • 本当は冬に読もうと思って時期をはかっていたのだけれど、とりあえず何かてっとり早く文庫本を1冊借りようとしていたので前倒しで借りました。
    主人公、嵐の相葉君で映画化されたのぴったりだわー。(見てないけどイメージ)
    主人公の一目ぼれを応援するヒロインも可愛い。(榮倉奈々はちょっと違うんだけどな……)
    主人公が配っているチラシが随所に入せいか、コミックっぽい展開ですが、ヒロイン杏奈の後半の叫びが切な愛しいです。
    一応確認で映画公式HP見に行ったらば、ちょこちょこ設定変更があるようで、えーいるかな変更?その設定いる?尺合わせ?とか思ってしまった。
    やっぱり小説を先に読むと映画は見る気なくなるパターン……。

    解説 / 三橋 暁
    カバーイラスト / 宮尾 和孝
    カバーデザイン / 山田 満明

  • 中村さんの本はとても好きだ。
    誰かを大事にしたい、というとても尊い気持ち。
    間違った方向であっても、好き、という純粋な気持ちを伝えることの大切さ。
    言いたいことを言うなら、今だけなんだぜ。
    デビクロ通信のひとつひとつの言葉が刺さる。
    自分の本当に大事なものってなんだろう、って考えてみよう、って思う。

  • 毎年クリスマスが近くなると読みたくなる作品。映画がとても気に入ったので読みました。原作を呼んでも光は相葉くんにぴったりだなと思いました。内容は王道ラブストーリーでありながら、デビルクロースという存在がどこかファンタジーで御伽噺めいている。解説にもあるように途中で先が見えてしまうけれど、全体的に少し切ないながらも温かく、安心して読めるので、普段ミステリー系ばかり読む私には丁度いい箸休めでした。

  • 登場人物に魅力を感じることができず、あまり得意ではない作家様だと感じたけれど、全編を通して温かさの残る作品でした。
    映画の光役が嵐の相場ちゃんだと知ったのが読書中だったので、おしゃれに装いつつある彼を想像するのは楽しかったです。

  •  映画化されていたからタイトルは聞いたことがあって、表紙が可愛かったので手に取ってみた。
     ほのぼのとしたラブストーリー。うーん、ただ芸術的センスに乏しいわたしにはデビクロ通信の良さがよく分からず…。
     読み始めて、デビクロ通信が現れたあたりから、あ、肌に合わないやつだ、と思ったけれど、中盤くらいから面白くなってきて、どんどん読み進めてみるも、最後の主人公に、なんだよそれ、と白けてしまった。わたしだったら、そんな変わり身の早さで乗り換えられたら、どこまで本気なのか疑りたくなるけど。
     それにしても杏奈の人間性はすばらしい。あんなにも大切な人の幸せのために我が身を省みず行動できる人ってなかなかいないんじゃないだろうか。そういう意味では幸せになってくれて良かったな。鉄工所の将来は心配だが…。

  • 映画は未視聴ですけど相葉くんは光にピッタリですね。
    カニのチョキチョキ似合うw

  • おしるこキャンディ

  • 幸せそうな、だけどちょっと切ないような恋愛小説が読みたくて。
    前から気になっていたこの本を買いました。

    ファンタジーっぽい、だけどリアリティーもある小説だと思います。
    特に恋愛の切ない気持ちにすごく共感しました。友人の切ない気持ちを聞いているうちに、私も一緒になって泣いてしまうような感覚になりました。

    ただ、一気読みすると、時系列や背景が混乱しそうになるので、ゆっくり読んでいくことをおすすめしたいです。

  • 「デビクロ通信」、なんか闇をかかえてるっぽいけど、ほんとは気のいい草食系男子。
    この作者のお話はいつもそうだけど、登場人物がみんないい人で安心して読める。読み終わりがさわやかでほっこり。
    相葉ちゃんで映画化されたな、そういえば。

  • 途中から先が見えてしまうのだけど、胸キュンの物語もたまには良いかと。デビクロ通信の方が気になる(笑)

  • なんとなく中村航っぽくない?ストレートな恋愛もの。
    なんだよ光どうなってるんだよ。と思いつつ杏奈の気持ちになって応援したり、杏奈の本当の気持ちになって泣いたり。
    デビクロ通信全部読んでみたいね。

  • 映画になったので。
    相場くんと榮倉奈々ちゃんね。

    内向きがちな男の子が、かめんをかぶって息抜きをしていたのが、仮面なしでも頑張るようになる話。

    ひとめぼれをきっかけに。

    チラシに釣られる人ってのはどれくらいいるのか。

  • とてもすがすがしい気持ちになりました。

  • 人間は光と闇の二つの顔を持っていて、それらが交互に現れるのではないか。なぜならタイトルにもあるデビクロくんというのは、主人公・光のもう一つの顔だからだ。お人好しで面倒事を押しつけられるタイプの光は、デビクロ通信を書き闇の中でばらまくことで、心の調和を取っているようだ。恋愛面で言えば、好きな人に好きな人がいるなら身を引くタイプの人は共感できる部分が多いのでは。

  • 映画が気になってたから。

  • 期待してなかった分、けっこう楽しく読めた。
    杏奈がかなりいじらしい。
    恋愛ものとしては、有川浩を薄めた感じで、
    まあわりとベタなんだけど、、、

    光がついついボムしてしまうのは、
    きっと自分が心の中の澱がたまったときに、
    ついついブログに吐きだしてしまったりするのと
    たぶん同じなんだろうなと思う。
    だからちょっと共感して読めた。

    デビクロ通信が意味わかんなくて、
    いい味出している。

全38件中 1 - 25件を表示

デビクロくんの恋と魔法 (小学館文庫)に関連するまとめ

デビクロくんの恋と魔法 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デビクロくんの恋と魔法 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デビクロくんの恋と魔法 (小学館文庫)の作品紹介

相葉雅紀主演映画原作、早くも文庫化!

書店員・光には、絵本作家になりたいな、という漠とした夢があった。恋に関しては、だいたい相手から告白されて付き合うが、「やさしいんだど……」といわれて最終的には終わってしまうパターンが続いていた。そんな光には、「デビル・クロース」、略して「デビクロ」という謎キャラに変身して、「デビクロ通信」なるイラスト入りのメッセージを添えた手製ビラを、ポストなどに無差別に撒くという意外な一面が。そんな光に思いを寄せる実家の鉄工所で働く溶接女子の杏奈の好意に気づくことなく、ある日、光は彼女に運命の人が現れた話を嬉々としてしまうのだが――。
この冬読みたくなる、ミラクルなラブストーリー。

デビクロくんの恋と魔法 (小学館文庫)のKindle版

デビクロくんの恋と魔法 (小学館文庫)の単行本

ツイートする