ありんこアフター・ダーク (小学館文庫)

  • 13人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 荒木一郎
  • 小学館 (2014年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094060898

ありんこアフター・ダーク (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 青春の思い出の名曲を残した作者の本ということで、期待したが。もっと当時の時代(1960年代初め)の雰囲気やモダンジャズの匂いが描かれていたら。

全1件中 1 - 1件を表示

荒木一郎の作品

ありんこアフター・ダーク (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ありんこアフター・ダーク (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ありんこアフター・ダーク (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ありんこアフター・ダーク (小学館文庫)の作品紹介

異才・荒木一郎の幻の青春小説が甦る!

〈1960年代、「ありんこ」という名の小さなダンモ喫茶があった。……十八歳から二十歳まで、私は、ダンモのバンドを持ち、ドラムを叩いていた。街には、チンピラのヤクザがあふれていたが、私たちは、それとは違う意味の不良だった。私は、いつか小説を書こうと思った。そこに起こった、その路地裏で起こったいくつもの出来事、いくつもの青春をジャズの音にのせて書いてやろうと思った〉(荒木一郎)
あの荒木一郎が、モダンジャズに魅入られた若者たちを、ジャズの名曲にのせて描いた半自伝的青春物語。そこには都電が走りミニスカートがあふれる懐かしい東京があり、酒と煙草、そしてハイミナールに溺れる若者たちがいた。
本書は、若さの残酷性と繊細な感性に彩られた見事な傑作である。


【編集担当からのおすすめ情報】
巻末に著者による書下ろしエッセーを収録。
解説は川本三郎さん。

ありんこアフター・ダーク (小学館文庫)はこんな本です

ありんこアフター・ダーク (小学館文庫)のKindle版

ありんこアフター・ダーク (小学館文庫)の単行本

ツイートする