新橋烏森口青春篇 (小学館文庫)

  • 38人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 椎名誠
  • 小学館 (2015年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094061352

新橋烏森口青春篇 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 誰でもある懐かしいエピソードを楽しく切なく懐かしく読ませてくれる椎名さんは本当に素晴らしい。
    入社当時の自分を思い出しました(´・ω・`)ノ

  • 椎名誠による、明るく楽しくどこか物悲しい私小説。親近感。細かい経験は違うのだけれど、入社数年間は、こんな感じだったかなぁ、などと懐かしく思った。
    私小説という同カテゴリーながら、苦役列車とはえらい違い(笑)

  • なんだかほのぼのする話。椎名作品、読んでみようかなと思わせる。

全3件中 1 - 3件を表示

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

新橋烏森口青春篇 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

新橋烏森口青春篇 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新橋烏森口青春篇 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新橋烏森口青春篇 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新橋烏森口青春篇 (小学館文庫)の作品紹介

明るいけれど少しかなしい青春私小説

東京の下町・小岩のボロアパートで友人たちと共同生活を送っていた二十三歳のシーナマコトは、ある日見た新聞の求人広告がきっかけで、小さな業界新聞社の編集者になった。
入社した百貨店ニュース社は、新橋西口通りのずっと先にあるビルに入っており、そこで出会った怪しく個性的な人物たちと、シーナは仕事、酒、賭け事という怒濤のサラリーマン生活を送る。そして恋の挫折も経験したシーナに訪れた、ひとりの女性との決定的な出会い・・・・・・。
『哀愁の町に霧が降るのだ』に続く自伝的青春小説。

「この小説の『バンカラ世界』にこそ、人生の本質は存在する」
中川淳一郎さん(ネットニュース編集者)激賞!

新橋烏森口青春篇 (小学館文庫)はこんな本です

新橋烏森口青春篇 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする