ぼくたちと駐在さんの700日戦争 23 (小学館文庫)

  • 16人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : ママチャリ
  • 小学館 (2015年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094061468

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 23 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 本編に戻ってほしい~

    内容(「BOOK」データベースより)
    第二十三弾は、大人気作品「花ちゃん番外編」の続編。井上君という許嫁のいる花ちゃんは、厳しい祖父母の元、普通に恋もして、京都でおてんばな女子高生として過ごしていた。そんなある日、花ちゃんは生き別れになっていた父親の存在を知り、会える確信もないままに、叔母を訪ねてママチャリたちの住む町へ。森田くんは、迎えをママチャリたちに依頼したものの、すれちがいの連続で会えず終い。そんな折、グレート井上くんのところに謎の電話が。相手は父親の再婚を知り、孤独にうちひしがれる花ちゃんだった。果たして会えるのか?手に汗握る展開と感涙の物語。

  • 内容紹介
    135万部超シリーズ最新巻!

    花ちゃんは、父親に会える確信もないままに、ママチャリたちの住む町へ向かいます。森田くんは、無線友達のつながりで、迎えをママチャリたちに依頼しますが、すれちがいの連続で会えず終い。そんな折、グレート井上くんのところに1本の謎の電話が。それは、父親の再婚を知り、孤独にうちひしがれていた花ちゃんからでした。
    ママチャリたちは、井上君の依頼で、花ちゃんの行方を追いかけますが、果たして見つけられるのか? スリルとサスペンスとちょっとのほろ苦さ。ベストセラーシリーズの中でも人気の番外編を収録した最新巻!

    内容(「BOOK」データベースより)
    第二十三弾は、大人気作品「花ちゃん番外編」の続編。井上君という許嫁のいる花ちゃんは、厳しい祖父母の元、普通に恋もして、京都でおてんばな女子高生として過ごしていた。そんなある日、花ちゃんは生き別れになっていた父親の存在を知り、会える確信もないままに、叔母を訪ねてママチャリたちの住む町へ。森田くんは、迎えをママチャリたちに依頼したものの、すれちがいの連続で会えず終い。そんな折、グレート井上くんのところに謎の電話が。相手は父親の再婚を知り、孤独にうちひしがれる花ちゃんだった。果たして会えるのか?手に汗握る展開と感涙の物語。

全2件中 1 - 2件を表示

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 23 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 23 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 23 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 23 (小学館文庫)の作品紹介

135万部超シリーズ最新巻!

花ちゃんは、父親に会える確信もないままに、ママチャリたちの住む町へ向かいます。森田くんは、無線友達のつながりで、迎えをママチャリたちに依頼しますが、すれちがいの連続で会えず終い。そんな折、グレート井上くんのところに1本の謎の電話が。それは、父親の再婚を知り、孤独にうちひしがれていた花ちゃんからでした。
ママチャリたちは、井上君の依頼で、花ちゃんの行方を追いかけますが、果たして見つけられるのか? スリルとサスペンスとちょっとのほろ苦さ。ベストセラーシリーズの中でも人気の番外編を収録した最新巻!

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 23 (小学館文庫)はこんな本です

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 23 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする