鴨川食堂 (小学館文庫)

  • 472人登録
  • 3.32評価
    • (10)
    • (50)
    • (87)
    • (12)
    • (3)
  • 69レビュー
著者 : 柏井壽
  • 小学館 (2015年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094061703

鴨川食堂 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • TVドラマを毎週楽しみに観ていて、小説も読みたくなった。ドラマは小説をかなり忠実に再現していた。こいしちゃんはドラマの方が小説よりクールな感じかな。

    ー京都 東本願寺近くで、鴨川流と娘のこいしが営む食堂には看板がない。店に辿り着く手掛かりは、料理雑誌『料理春秋』に掲載される<鴨川食堂・鴨川探偵事務所 “食”捜します>の一行広告のみ。縁あって辿り着いた客は、もう一度食べてみたいものに出会えるという。

    自分の中の大切な食にもう一度会いたくて食堂を訪れる人たち。老若男女様々で、学生もいれば時の首相もいる。
    探している食には、必ず人との絆や思い出が寄り添っている。流が見つけてくるのは依頼人に頼まれた「食」だけではなく、それに込められた人の想い。その想いをあらためて知り、流が再現する「食」を口にしたときの依頼人の心の動きに、じんと来るものがあった。
    流が初めて店を訪れるお客さまに出す「おまかせ」料理が、丁寧につくられた季節感に溢れていて、めっぽう美味しそう。食べに行きたくなった。料理の描写、上手だな~。続刊も是非読もうと思う。
    店の看板猫?の「ひるね」も可愛いくて、癒される。

  • べたべたな関西弁は、関西人以外はついていけないかもしれません
    食を探すという親子探偵の話

    会話が中心なので、テンポよく話がすすみます

    依頼を受け食を再現するという流れですが、探す過程は全く描かれません
    読むにはちょっと物足りなさを感じますが、依頼人は納得して帰って行きます

    出てくる食べ物はおいしそう
    ホッとしてホロリとする短編集

  • 京都にある、看板もない縁のあった人だけが訪れることのできる「鴨川食堂」。「もう一度食べたい、思い出の味」を再現する。テンポよく話が進んで読みやすい。出てくる食事がどれも美味しそう。本題の食事より、訪れて最初に食べる「お任せ」料理のほうに私は惹かれるなぁ。こいしと浩さんのこれからも気になる。

  • 料理や食べ物の描写を勉強しようと思って手に取った一冊。作者さんはもともとは京都の案内本などを書いていた方。
    どんな料理でも必ず見つけ出して再現する料理探偵の話。
    探偵役の鴨川流・こいし親子は京都の東本願寺の近くでひっそりと食堂を経営している。一見店とは思えないたたずまいで、知る人ぞ知る店。
    東本願寺のあたりには行ったことがあるので情景を思い浮かべながら読みました。
    京都弁と料理、食器などの知識がちりばめられた連作短編集。

    第一話では、亡くなった奥さん手作りの「鍋焼きうどん」を食べたい男性の話。男性はこの思い出を胸に、別の土地の女生徒の再婚を決める。

    第二話では、昔恋人の男性と一緒に食べた「ビーフシチュー」をもう一度食べたい老女が出てくる。一口程度しか食べておらず、男性とも別れてしまったため、ショックでほぼ記憶が曖昧という状態。

    第三話は「鯖寿司」。
    南国土佐のユズを酢飯に使った鯖寿司。
    依頼人のことはボカされていたけど、たぶん政治家なんだよね。

    第四話に出てくるのは「とんかつ」。夫に思い出の味を食べさせてやりたいと、妻が訪ねてくる。
    しかし最後に、鴨川は依頼人の夫がすでに亡くなっていることをみぬく。

    第五話は「ナポリタン」。
    これがいっちばん美味しそうだった。
    依頼人の子供の頃の記憶から再現された、タマゴが入ってて鉄板で作る名古屋のナポリタン。食べたい。
    ナポリタンには、依頼人の祖父から依頼人への「一人前の大人」としての敬意と愛情が込められていた。

  • 第一話 鍋焼きうどん――番おいしかったものにもう一度出会うのは難しい。
    窪山秀治は数年前に妻を亡くし、定年後に新たな伴侶と巡り会った。
    彼女は秀治の大好物だけうまく作れないという。
    第二話 ビーフシチュー――プロポーズされたレストランが思い出せない!?
    師走に入ると、京の都もせわしない。
    二人の老婦人が、55年の食を求めて看板もない食堂に入っていった。
    第三話 鯖寿司――おいしさに勝るのは、思い出というスパイス。
    総理大臣である岩倉友海が探しているのは、50年も前食べさせてもらったおやつがわりの品だった。
    第四話 とんかつ――“おいしい”の一言を、忘れる料理人はいない。
    大分でピアノ教師をしている広瀬須也子の元夫は、京都でとんかつ屋を開いていたが、余命三ヶ月だという。
    第五話 ナポリタン――おいしいものを食べると、泣けてくる。
    浜松に住む女子大生・美月明日香が探しているのは、祖父が旅行先で食べさせてくれた黄色いスパゲティだった。
    第六話 肉じゃが――男のソウルフードは、おふくろの味。
    六本木ヒルズ在住の実業家・伊達久彦は、亡き母が作ってくれた肉じゃがを食べてみたいという。

  • 1つ1つの話が長くないので読みやすいが、少し物足りなく感じた。軽く読むにはいいけど、続編を買うほどではないかも。

  • お腹がすく…

  • 京都の東本願寺近くにある「鴨川食堂」は、父娘2人で切り盛りしている小さな食堂。
    ただ、店の前に看板はなく、たどり着くには雑誌『料理春秋』に掲載されている「鴨川食堂・鴨川探偵事務所―“食”捜します」の広告だけ。

    運よく広告を見つけてお店にたどりついた依頼者は、こんな広告じゃ探し出せないと言いますが、縁があればたどり着けると店主は言ってのけます。

    過去に食べた、忘れられない味を探すという難題にとりくむ父娘のやりとりも面白いし、探し出された思い出の味を食べた後、依頼者が新たな一歩を踏み出していくところに、おもわずホロリとします。

    そして、なんといっても依頼者が食べるお昼の定食がおいしそうでたまりません。

    近所にこんなお店があれば日参するのに…。

    図書館スタッフ(学園前):めて

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=2410004734

  • 図書館で。
    私みたいな関東人からすると看板もなし、宣伝もなし、常連を大事にする知る人ぞ知る京都でも滅多にない小料理屋、というだけでうわぁ、まさに京都って設定だなぁなんて思うわけです。いや、京都の何を知っているとかそういうわけでは無いんですが。うん、でもなんかこう、いちげんさんお断り、みたいな雰囲気が…京都っぽいなぁと。その、良い言い方をすれば縁がある、だけど悪く言えば人を選んでる、みたいな感じが。

    そして、娘さんがお客さんの話きく必要あるのかなぁ?女性のお客さんだとなんだか冷たい態度だし、物凄いファザコンな感じだし、30過ぎて父の再婚に反対とか…なんかやけに子供っぽい子だなぁと思いました。しかも話を聞くだけで後の調査も再現調理も全部お父さんがやってるなら彼女が一人で話を聞くよりも二人で聞いた方が良いような?

    料理名は美味しそうですがあまり食べる人が美味しそうに食べてない感じがする(いや、美味しいとは言って食べてますが)。だからおお、食べたいなぁって感じにイマイチならなかった気がします。
    個人的にはお任せ料理で天ぷらとフライとかが一緒に出てくるって同じ油で揚げたのかなぁなんて変な所が気になりました。それとも虫やしない、って最初に作ってあるから早く出せるのかしら?穴子飯とかも炊き込みじゃ無くて混ぜご飯なのかなぁ…とかちょっと考えちゃいました。
    まあこの娘さんにあまり好感を感じなかったので次は…まあいいかな…

  • 【あらすじ】
    京都発! 思い出の「味」、捜します。

    第一話 鍋焼きうどん―― 一番おいしかったものにもう一度出会うのは難しい。
    窪山秀治は数年前に妻を亡くし、定年後に新たな伴侶と巡り会った。彼女は秀治の大好物だけうまく作れないという。
    第二話 ビーフシチュー――プロポーズされたレストランが思い出せない!?
    師走に入ると、京の都もせわしない。二人の老婦人が、55年の食を求めて看板もない食堂に入っていった。
    第三話 鯖寿司――おいしさに勝るのは、思い出というスパイス。
    総理大臣である岩倉友海が探しているのは、50年も前食べさせてもらったおやつがわりの品だった。
    第四話 とんかつ――“おいしい”の一言を、忘れる料理人はいない。
    大分でピアノ教師をしている広瀬須也子の元夫は、京都でとんかつ屋を開いていたが、余命三ヶ月だという。
    第五話 ナポリタン――おいしいものを食べると、泣けてくる。
    浜松に住む女子大生・美月明日香が探しているのは、祖父が旅行先で食べさせてくれた黄色いスパゲティだった。
    第六話 肉じゃが――男のソウルフードは、おふくろの味。
    六本木ヒルズ在住の実業家・伊達久彦は、亡き母が作ってくれた肉じゃがを食べてみたいという。

    【感想】

全69件中 1 - 10件を表示

柏井壽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

鴨川食堂 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鴨川食堂 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鴨川食堂 (小学館文庫)の作品紹介

京都発! 思い出の「味」、捜します。

第一話 鍋焼きうどん――番おいしかったものにもう一度出会うのは難しい。
窪山秀治は数年前に妻を亡くし、定年後に新たな伴侶と巡り会った。彼女は秀治の大好物だけうまく作れないという。
第二話 ビーフシチュー――プロポーズされたレストランが思い出せない!?
師走に入ると、京の都もせわしない。二人の老婦人が、55年の食を求めて看板もない食堂に入っていった。
第三話 鯖寿司――おいしさに勝るのは、思い出というスパイス。
総理大臣である岩倉友海が探しているのは、50年も前食べさせてもらったおやつがわりの品だった。
第四話 とんかつ――“おいしい”の一言を、忘れる料理人はいない。
大分でピアノ教師をしている広瀬須也子の元夫は、京都でとんかつ屋を開いていたが、余命三ヶ月だという。
第五話 ナポリタン――おいしいものを食べると、泣けてくる。
浜松に住む女子大生・美月明日香が探しているのは、祖父が旅行先で食べさせてくれた黄色いスパゲティだった。
第六話 肉じゃが――男のソウルフードは、おふくろの味。
六本木ヒルズ在住の実業家・伊達久彦は、亡き母が作ってくれた肉じゃがを食べてみたいという。




【編集担当からのおすすめ情報】
柏井壽氏は、数々のTV番組や雑誌の京都特集を監修し、京都ガイドやエッセイの著作は、どれもベストセラーとなっています。本作は、誰もが必ず持っている食の思い出を、京都という「おもてなし」の街の空気に乗せた、涙なしでは読めない温かな物語です。読んだあと、家族の食卓、父の背中、母の手料理を必ず思い出すはずです。
作中に出てくる和食、そのほかの料理の美味しそうなこと!
一冊で六食味わえます!お得です!

鴨川食堂 (小学館文庫)のKindle版

鴨川食堂 (小学館文庫)の単行本

ツイートする