アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)

  • 45人登録
  • 3.59評価
    • (3)
    • (6)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 佐藤正午
  • 小学館 (2015年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094062090

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 自宅マンションの隣人が何者かに殺害されて15年。突然、主人公の前に現れた当時四歳の娘との再会により、封印された未解決事件の真相が紐解かれる。
    記憶だけを頼りに状況証拠だけで真犯人を追う。疑うべきは全て女性陣、そして交換殺人という荒唐無稽な仮説だけが成立する。推理小説ではないのでスッキリ感はないが、このモヤモヤ感がこの作家の真骨頂でもある。

  • 人の想いは言葉にしても足りないくらい大きい。しかし、一方で言葉にすると、その大きさに驚いたりもする。人は自分の想いの量を想像したりはしないのか。

  • やっぱりこれもつまらなかった。なのに最後まで読み通し、読み終わった後、1章をもう一度読み返した。さすがのテクニック、力量です。だけど、暗く、しつこく、色彩のない、この雰囲気が嫌い。しかも登場人物がことごとく魅力なし。二度とこの人の本を読むことはないでしょう。

  • 解説で伊坂幸太郎が書いた通り、ストーリーはもうわかってるという上で、緊張感とか心情の微妙な変化をうまく書いてて、そして、やっぱり読み返しちゃうっていうのが、小説ってこういうことができるんだなーと思えるところ。
    私は好きです。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    自宅マンションの隣人が何者かに撲殺されてから十五年。検察事務官・古堀徹のもとに、当時四歳だった隣室の娘が訪ねてきた。思わぬ再会によってめくれはじめた古い記憶のページ。そこに記された、かつての交際相手や被害者の妻、そしてもうひとりの女の存在。彼女たちが秘めていた過去が、未解決事件の真相をひも解く。記憶を頼りに組み立てた荒唐無稽な仮説―交換殺人という絵空事が、疑いのない現実となる!サスペンスフルな語りと展開の長編小説『アンダーリポート』に、衝撃的な後日譚が描かれた短編小説『ブルー』を併録した完全版。

  • 「ブルー」の結末は『当然よ!!』という感じです。鈍感すぎます。

  • 後日談の驚きは大きい。
    また違った印象を残す

  • 皆さんが第1,2章が読み難いと書かれていたので、多少構えて読み始め、そのお蔭で分かり難くはあったが面食らわずには読めた。
    そして確かに読み終えると、と言うか私の場合は読んでる途中でもだったけど、そこに戻ってくる。
    しかし、そうした変わった構成だけで読ませた訳ではないですね。
    読んでる途中から、何だかミスリードされているのではないかという疑心暗鬼と言うか違和感のようなものがずっと引っ掛かっていて、読み終って最初の章に戻っても、「ブルー」という別に書かれて今回一緒に収められた、一種の完結編のようなものを読んでも、その印象は残る。
    変哲の無い、読みようによっては陳腐なお話しを、含みを持たせて一筋縄ではないものに仕立てたところが、この作者たるところ。

全10件中 1 - 10件を表示

アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)の作品紹介

衝撃の結末が加わった傑作長編小説の完全版

15年前、ある地方都市のマンションで男が撲殺される事件が起こった。凶器は金属バット。死体の第一発見者は被害者の隣人で、いまも地方検察庁に検察事務官として勤める古堀徹だった。事件は未解決のまま月日は流れるが、被害者の一人娘・村里ちあきとの思わぬ再会によって、古堀徹の古い記憶のページがめくれはじめる――。
古堀は事件当時、隣室に暮らすちあきの母親・村里悦子と親しい間柄だった。幼いちあきを預かることも多く、悦子が夫の暴力にさらされていた事実や「もし戒める力がどこにも見つからなければ、いまあなたがやろうとしていることは、あやまちではない」という彼女の人生観に触れる機会もあった。その頃の記憶にはさらにもう一人の女性の存在もあった。女性はある計画について村里悦子を説得したはずだ。「一晩、たった一度だけ、それですべてが終わる」と。
よみがえる記憶を頼りに組み立てたひとつの仮説――交換殺人という荒唐無稽な物語が、まぎれもない現実として目の前に現れる! サスペンスフルな展開に満ちた長編小説『アンダーリポート』に加えて、新たに衝撃的なエンディングが描かれた短編小説『ブルー』を初収録した完全版。




【編集担当からのおすすめ情報】
著者の佐藤正午さんは、「嘘をほんとうに見せることに僕は魅かれるんです」と言い切ります(『書くインタビュー2』小学館文庫より)。本作でも“交換殺人”という、現実にはあり得ないと思えるような「嘘」がモチーフになっています。けれども本作を読んでみてください。あり得ないと思えていた絵空事が、読み進めるうちにあり得るかもしれないと思え始め、いつのまにか読者のみなさんの足元にまで迫ってくるはずです。「嘘をほんとうに見せる」ためには手間を惜しまない作家の真骨頂ともいえる、読む愉悦に溢れた作品です。
※併録の短編小説『ブルー』は、単行本『正午派』のために書き下ろされた作品で、今回初めて所収されます。

アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)はこんな本です

アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)のKindle版

ツイートする