鴨川食堂おかわり (小学館文庫)

  • 256人登録
  • 3.34評価
    • (4)
    • (31)
    • (45)
    • (7)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 柏井壽
  • 小学館 (2015年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094062281

鴨川食堂おかわり (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夜ひょっこり空いた時間に、大好きなアーモンドチョコレートを一粒一粒大事に食べるように、一話一話大切に読んだ。
    一話ごとに完結するお話しなので、そんな楽しみ方ができる。
    一作目と同じように、食を捜しに鴨川食堂を訪れた客のために、主の鴨川流がそれを捜し、思い出の風味を添えて食を再現するお話し。いつも同じ展開なのが、ほっこりと安心できて心地よい。
    第三話の「クリスマスケーキ」が温かくて切なくて、一番好きだった。克也君が和菓子屋さんを継ぐこと、翔君はきっと喜んでいると思う。

    流さんのおまかせ料理、食べてみたいな。鴨川食堂は架空のお店なんだけれど、本当にあるような気になる。こいしちゃんと猫のひるねにまた会いたいので、続編も読もう。

  • 前作から続けて読んだ「おかわり」

    読んでいくうちに 簡単にたどり着く 味の謎に慣れて来て、心地よい。

    ただ 毎回思うのだが・・・
    「探偵料は (お客の)気持ちに見合う分 お振込みください」って 優しいようで なかなか悩む。
    味を探して京都から 相談者の思い出の地に行ってたり、調理人を探しまくっているようだし。

    初回のお食事つき(時にお酒も) さて みんないくら払う??

  • ミステリーというほどのものじゃないけど、読んでいるとお腹が温かくなって、休みの日の午後の読書にはぴったりだと思う。

  •  今回は、ちょっとしみじみとしてしまう。
     答えは、依頼人が決心する材料ゆえか。

  • やっぱりベタベタな方言に、主要な人物は酒飲みばかり
    食にも器にもこだわりがあるのに、季節が飛んだりします

    話の流れはおんなじで、悪人もでてこなくて、刺激のある話ではありません

    しかし、見つけてくるのは食だけでなく、ほっこりさせられます
    探す過程、依頼人のその後はなど、余計なことは語らず読み手に委ねられています

  • シリーズ2作目もお腹が空きました。1作目と流れは同じなのですが、安定して読めます。やっぱり、お探しの料理より、流さんの作るおまかせの方が美味しそう。ちょっと、深夜食堂を思い出します。続きも読みます。

  • 板前の父と探偵の娘二人三脚で営んでいる鴨川食堂には人生に迷いをかかえた人々が思い出の食を探しにやってくる。
    思い出の食と再度出会えた人々は深い感動と共に新たな人生を歩み始める。父、流がかけるひと言も心に沁みる。

  • 食を捜す探偵、第二弾。「海苔弁」「ハンバーグ」「クリスマスケーキ」「焼飯」「中華そば」「天丼」の6篇。今回もほのぼのしてました。

  • んーーー普通に美味しそう。

  • 2017_01_20-007

全29件中 1 - 10件を表示

柏井壽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印

鴨川食堂おかわり (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

鴨川食堂おかわり (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鴨川食堂おかわり (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鴨川食堂おかわり (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

鴨川食堂おかわり (小学館文庫)の作品紹介

あの日の家族の食卓、捜します。

第一話 海苔弁 料理下手な父親が覚えた、たった一つの手料理
近体大の北野恭介は、水泳界のホープだ。彼は中一の夏から中三の卒業まで、父親に毎日同じ弁当を持たされたという。
第二話 ハンバーグ 息子の大好きなハンバーグが許せない母親の後悔
食ジャーナリストの竹田佳奈は、息子の一番好きな食べ物が、実家のハンバーグであることが気に入らない。
第三話 クリスマスケーキ 息子を交通事故で亡くした夫婦のけじめ
和菓子屋『香甘堂』を営む坂本正幸夫妻は、六年前に一人息子を亡くした。過去に踏ん切りをつける決心をしたが…。
第四話 焼飯 知られたくない、でも忘れられない過去がある
白崎初子は、鴨川こいしと大学の同級生。初子は、大企業の御曹司からプロポーズを受けているという。
第五話 中華そば 引き継がれたものは、夢を追い続ける心
小野寺勝司は大学時代、バンド練習を北大路橋の下で行っていたが、そこにはいつも同じ屋台が出ていた。
第六話 天丼 迷わん人生てなもん、どこにもありまへん
「北のひとつ星」という大ヒット曲の歌い手藤川景子は帰郷を決意したが、その前にかつてご馳走してもらった天丼を食べたいという。



【編集担当からのおすすめ情報】
連続ドラマ化決定!
2016年1月より、放送予定。

「京都の井戸水で丁寧に引いたお出汁のようにじんわりホロリとおなかに染みこむ。いくつもの親子の絆に、涙がこぼれました」
――本上まなみさん
「涙と笑顔がいっぱいのおかわり。『思い出』の隠し味に心があたたかく満たされました」
――押切もえさん

鴨川食堂おかわり (小学館文庫)の単行本

鴨川食堂おかわり (小学館文庫)のKindle版

ツイートする