海難1890 (小学館文庫)

  • 53人登録
  • 3.58評価
    • (7)
    • (4)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
  • 小学館 (2015年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094062366

海難1890 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 28年12月28日読了

  • 他の物語でも 海難事故による漁師さんの真心を綴った内容があったが、その舞台は伊豆だった。
    日本に真心は広がっていたのでしょう

  • [2015年日本・トルコ合作、劇場鑑賞]<ユナイテッド・シネマ札幌>
     遭難者に対する献身的な救助、負傷者に対する我が身を省みないホスピタリティ、これは太古の昔から自然の脅威に対峙してきて身についた日本人の本質なのだろう。テヘラン救出で日本人を優先させる決断をしたトルコ人の友好心はエルトゥールル号遭難事故をずっと語り継いで恩義を忘れなかったために違いない(トルコの教科書掲載の話は出てこなかったが・・)。一方で自国民救助のために手を打てなかった日本政府はひどすぎる!(当時の総理大臣は中曽根康弘、2006年1月、小泉首相はトルコ公式訪問の事前説明で、トルコ航空によるテヘラン在留邦人救出事件の話を聞いて感激、テヘランで、トルコ航空の元総裁、元パイロット、元乗務員たち11名の叙勲を行なった。)

  • 映画『海難1890』のノベライズ。
    映画では描かれていない一幕や背景も書かれている。
    エルトゥールル号事件及びトルコ航空による日本人救出の背景を少しだけ掘り下げて知ることができる。

    ただ、出版に当たってきちんと校閲したのか、一つだけ疑問に思う箇所がある。
    第三章で、ハルが田村の呼び掛けに「はい」と返事していることに、あれ?と思ってしまう。
    第二版以降では訂正されるのだろうか?

  • トルコが親日である由縁
    日本人もイランでの出来事は語り続ける義務がある
    映画もおすすめ!

全5件中 1 - 5件を表示

小松江里子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
村田 沙耶香
又吉 直樹
宮下 奈都
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

海難1890 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海難1890 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海難1890 (小学館文庫)の作品紹介

奇跡の実話に基づいた大作映画のノベライズ

1890年、親善訪日使節団を乗せたトルコの軍艦エルトゥールル号が、和歌山県串本沖で沈没。500名以上犠牲となったが地元住人たちの懸命な救助活動により69名の命が救われ、母国トルコへの帰還を果たす。
時は移って1985年。イラン・イラク戦争に伴いフセインはイラン領空の航空機無差別攻撃を宣言。各国は自国民の救出に動くが日本には手立てがない。多くの在留邦人の身に危機が迫っていた――。
日本・トルコ友好125周年記念合作映画を完全ノベライズ。時を隔てた二つの出来事には、深い絆の物語があった。

脚本・小松江里子(こまつ えりこ)
脚本家。大河ドラマ『天地人』、木曜時代劇『かぶき者慶次』などのTVドラマのほか、映画『利休にたずねよ』『サクラサク』など数多くの脚本を手掛ける。二〇〇八年に橋田賞、一〇年にエランドール賞受賞。

著・豊田美加(とよだ みか)
文筆家。ノベライズ作品に『SPEC』シリーズ、『愛を積むひと』『小説 心が叫びたがってるんだ。』、オリジナル作品に『台南の空ゆかば―ボクとうさぎのマンゴーデイズ―』など。

海難1890 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする