ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)

  • 486人登録
  • 3.89評価
    • (38)
    • (63)
    • (32)
    • (6)
    • (3)
  • 71レビュー
制作 : Deborah Install  松原 葉子 
  • 小学館 (2016年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (453ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094062373

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
三浦 しをん
ピエール ルメー...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 近い将来には、この小説の出来事が実際に起こりうるのか…と思える物語の内容です。
    人間に近い体型をしたアンドロイドではなく、AIを内蔵したポンコツロボットと妻に三下り半を突きつけられた青年との友情物語です。ある日突然、ベンの妻エイミーは家の庭にロボットを見つけます。タングと名乗るそのロボットは、内蔵されたシリンダーにヒビが入っており燃料の液体が漏れているようなのです。まるで幼児の様なたどたどしい喋り方と駄々をこねるタングにベンは魅了されます。エイミーのタングへの冷たい視線をよそにベンは、タングを連れて彼の製作者を探す旅に出ます。両親が事故で亡くなり、仕事もせず引きこもりがちだったベンでしたが、タングのために敢然と行動し始めたのでした。
    如何にも昔からのロボットというイメージどおりの姿が、タングの愛らしさに繋がっているのは不思議です。人間そっくりの姿は却って不気味なのかもしれません。
    最近の将棋や囲碁の世界では、もう人間を凌ぐ知能の進化を遂げたAIを搭載したロボット事情に、楽しみと言うか末恐ろしいと言うのか複雑な心境です。

  • 表紙の絵にもかかわらず、頭の中での絵はダンボー。
    タング、口調やしぐさがいちいち可愛いなあ。
    名もなき日本のヒトを好感をもって描いてくれていて
    日本人としてはうれしいなあ。
    ベンは、うじうじしたダメな男(30歳超!)に見えて
    タングと自然と対等に接するあたり
    器用じゃないけど優しいなあ。
    最初のタングの印象は幼児だったけど
    タングが成長していくのとともにベンのこころに
    変化が生まれてきて周りも理解を示してくれて・・・
    エイミーの行動に一部釈然としないものがあるけど
    それもタングが穏やかに吹き飛ばしてくれて
    優しい気持ちになれる。映画化されたらぜひ見たい。
    続編をぜひ読みたい。

  • 表紙が可愛いっ!こんなロボットが庭にいたらうちにいれるな〜♪(´ε` ) ダメ男とダメロボットが助け合って頑張るって、あれ? のび太とドラえもん?∑(゚Д゚)

  • 久しぶりにSF小説を読んだ。アンドロイドが家庭で実用化されている世界の話。ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれただけあって、物語の情景が浮かんでくる。
    最初はタングとベンのコミュニケーションが上手く取れていないことや、タングのわがままにはらはらしていた。後半になると、タングが人間の子供みたいに自分で考えて判断する能力を身に着けていることを頼もしく思えた。
    さくっと読めるSF。

  • 妻に愛想を尽かされた中年のダメ男ベンと、タングと名乗るぽんこつロボットの物語。あらすじを読んだ時点ではあまり惹かれなかったけど、手に取って読んでみたらタングの愛くるしさにすっかり参ってしまいました。まるでわがままな子どものように駄々をこねるタング。でも、不安になるとベンの脚にしがみついたり、いじけると胸に張ってあるガムテープをいじったりと、しぐさのひとつひとつがかわいい。ストーリー自体は、ダメ男が他者との交流を通して成長していくという、ありがちな物語のような気もするけど(相手がロボットなところはありがちじゃないけれど)、タングを修理してもらうため作り主を探して旅しているうちに、ベンとタングの間に徐々に友情と信頼が芽生えていく過程は読んでいてほほえましい。読み終えたあとにカバー画を改めて見ると、脳内で形成されていたタングのかわいらしさが倍増すること間違いなしです。

  • 中年ダメ男とポンコツロボットとの心温まるお話。
    まあ読んでてロボットがもはやロボットというよりは完全に単なる子供に感じてしまいましたが。いっそロボットじゃなくて実際に人間の子供とかしゃべることができる犬とかでも・・・と考えたけど、それだと虐待的な話が生々しくなってくるのかもな・・・きっと作者さんは小さなお子さんがいてその育児体験からこのロボット「タング」が生まれたんだろうなあ・・と思ったらホントにそうだったようで。なるほど。
    しかしこの話でちょっとおもしろかったのは「ダメ男」のダメっぷりの描写。基本的にこの男の視点で話が語られるので「自分がダメ男だ」と認識しての語りにはならず、むしろとげとげしい妻よりも彼の方に感情移入したくもなるけどでもやっぱりダメ男でもあり・・というなんとも絶妙のダメさ加減。ステレオタイプなダメっぽさじゃなくほんのりと、それでいてリアルに感じさせるさじ加減がすごい。

  • 感想に悩むぐらいに名作。
    ミステリー、人工知能であるAIの近未来、夫婦間の食い違い、出産・子育てなどを描き、そして、必ず癒やされるSF。
    前例ないぐらいポンコツロボットが、子供のように可愛い過ぎて、一気読み間違いない。
    母親経験のある著者による緻密な構成が素晴らしい。そして、読みやすく見事に仕上げた翻訳者もいい。
    ハードSFに疲れた人達にも、是非とも読んで頂きたい。

    作者のコンセプトは以下の通りなのだろう。
    ・ニートでダメ中年男性の再生
    ・子供の成長
    ・人間とAI(人工知能)との共存
    ・外見の差別

  • 最近は、ネットで書評をチェックしてからでないと本も買わなくなっていた。
    というわけで、こちらひっさびさのジャケ買い。
    酒井駒子氏のデザイン画が素晴らしい。

    身近にアンドロイドが存在する近未来のお話し。
    なんとも頼りない男性ベンと旧型ロボットタングの友情物語。

    旅に出たベンとタングが少しずつ成長し、お互いを必要とする気持ちが強くなっていく様子がとても丁寧に描かれていて、読んでいると優しい気持ちになる。

    脳内で酒井駒子氏の描いたタングになっているせいもあるが、まあロボットのタングがかわいくてかわいくて!

    ちなみに、本文とは関係ないが、
    この著者の日本の描写が非常にうまい。
    二人は旅の途中で日本に寄るのだが、外国人の書く日本は「?」と思うことも少なくない中、電車のシーンなどリアルで、読んでいて嬉しくなった。(日本人の名前は少し「?」だったけど…)

  • 可愛い。
    読み終わった後に、将来来るであろう問題は考えないことにした。
    タングは特別だから。

  • ベンとタングは奇跡的な素晴らしい出会いをした。なぜか惹かれ合う恋愛のようでもあり、一緒に遊び学ぶクラスメイトのようでもあり、相手を放っておけない親子のようでもあり、とにかくお互いにとって欠かせない存在になった。人間とロボットという間で。
    タングは小さな男の子みたいで手がかかるけど可愛らしい。世の小さな子がいる母親なら毎日のように嫌というほど、目にしている光景なのかも。小さな子の「なんで?」「どうして?」「やだ」は、面倒でもほっこりするところがあるけど、大人から聞かされると面倒なだけだ。でも、そうわかりながら言える人は素直な人なのかもしれないなぁ。
    ベンとタングの物語はすごく面白かったんだけど、ベンとエイミーの元の鞘に戻る流れはなぁ、ハッピーエンドなのかもしれないけど、離婚しなければロジャーとの関係もなかっなわけたしベンも傷つかなかったのにと思う。男と女の話になると途端によくわからない。
    映画になるのが楽しみだな。

  • ロボットを恋人にできるか?
    この自問にYes!と答えさせてくれた一冊

  • こういうロボットものはホッコリするよ。

  • 読んででほっこりした。

    ロボットの役割は「人の生活に必要なモノ・͡コトをつなげる」こと何だなぁと感じる。このつなげるモノは人と人もそうだし、人の心も入るんだろう。

    いまはまだそこまで高度になっていないが、これから技術が進むと、いまいじょうに技術が私たち人間の心をつなぐ手伝いをするのではないか。そんな気がしてなりません。

    ホントは技術の助けがなくても人の心がつながればいいんですけどね笑

  • 最高に良かった。すごい感動とか泣けるとかじゃなくて、ジワジワと、ちょっとずつタングとの距離が縮まっていくストーリーが、気づいたらもう離れられないところまで来ていて、読み終わるのがもったいなかった。2人のこれからを読みたいような、読みたくないような。。。子育てもこんな感じなのかなー。

  • 心がぬくぬくする。

  • 店頭ポップに洋風ドラエもんと書かれていたので購入。うん、ドラエもんじゃない。でも、主人公がタングに関わることで成長していく過程が良かったです。

  • デボラ・インストールのロボット・イン・ザ・ガーデンを読みました。

    ベンとエイミーが暮らす家の庭にロボットのタングが迷い込んできます。
    タングは金属製の四角い箱の胴体に四角い箱の頭、排水ホースのような腕と足、旧式のロボットなのでした。
    タングのAIは未発達で幼い子供のようです。そしてタングの胸の中のシリンダーにはひびが入っていたのでした。

    優秀な法廷弁護士のエイミーに頭の上がらないベンは定職に就いたことがなく親の遺産で生活しています。
    そしてベンとタングはタングを修理できる技術者を探してカリフォルニア、ヒューストン、東京、パラオと旅をしていくことになります。

    幼い子供のようなタングの言動がほほえましい物語でした。

  • ウォーリー(ピクサーの)と3歳児を掛け合わせたようなロボット、タング
    癒しになりますね
    タングの能力が未知数すぎてすごい笑

  • AIの開発が進み、便利なアンドロイドが家事や仕事についているけれど、高価で誰もが持てるとは限らない…そんな感じの少しばかり未来のイギリス。
    親から譲られた家と遺産に頼り、無職で、ほとんど引きこもって未だ人生に迷っているベンは、人生で何一つ成し遂げた事が無く、結婚生活も雲行きがあやしい情けない30男。

    ある日、ベンの庭にひどくボロボロになった旧式のロボットが忽然と現れる。最初は何を聞いても「アグ・リット・タング」、「オーガスト」しか言わないロボットは、どうやら壊れかけているらしい。そんなポンコツロボットに、他のアンドロイドには無い何か特別なものを感じたベンは、タングと名乗るそのロボットに強い関心を持ち始める。そして、とうとう法定弁護士の妻に愛想を尽かされ出ていかれたベンは、タングを修理してくれる人を探す為に一大決心をして地球を半周する大変な旅に出る。

    このベンとタングの2人?の珍道中と友情が本当に面白くて切なく、ユーモアとウィットに溢れ、ページを繰る手が止まらなかった。特に男の子であるらしいロボット、タングの可愛らしさは「反則」!(笑)と言いたくなるほど。おそらく、繰り返し読むだろうと思う、大好きな一冊になった。

  • タングが可愛くて、優しくて、いじらしい。
    後半はタングの優しさで泣きながら読んだ。
    都合良く話が進みすぎる所もあるけど、気持ちよく読めた。
    タングが可愛いからまあなんでもいい!

  • タングが、ひたすらかわいい!
    ベンの名前を連呼するところなんか、胸がくーっとなります。やだ!やだ!が、まさに幼児のいやいや病で、しかたないなぁとほほえましくなります。
    お別れがいつ来るのか、ひやひやしながら読んでいたでけど、最後まで一緒で、ほんとよかった。

    「映画化したい本」らしいので、なんか情報ないかなと思って検索したら、NHKのラジオドラマがありました!5月6日だった!終わってる!(泣)

  • 読み始め…17.3.2
    読み終わり…17.3.4

    AI(人口知能)の開発が進み
    仕事や家事をこなすアンドロイドが
    世界的に一般化している近未来──

    イギリス南部で弁護士として活躍する
    妻・エイミーとは対照的に
    親から譲り受けた財で漫然と過ごす
    夫・ベンはある朝、自宅の庭で
    壊れかけた旧型ロボットを発見します。

    このうだつの上がらない夫・ベンは
    突然迷い込んだその旧型ロボットに
    他のアンドロイドたちにはない
    "何か"を感じて持ち主を探す旅に出ます。

    まるで駄々っ子のようなロボット
    ”タング”にベンは優しく寄り添って
    幼い子供をあやすようにあれこれと世話をやきます。
    時には”タング”が反抗期のようなしぐさを見せても
    放っておくことができないベン。
    そんな心根に優しさを持ったベンと、
    人間ではないロボットとが心を通わせていく
    温かさが感じられるストーリーです。

    ”タング”の持ち主を探す旅ではなんと
    日本(東京)にも訪れる二人。。

    ”歌う電車”
    なるほど...♪外国からみたら
    確かに”歌う電車”だよね。と思ったり
    ”テレビでクイズ番組”
    ふふ..♪その通りかも~!と思ったり。
    外から見ると日本(東京)は
    こんなふうに見えているのですね。
    なかなか的を得ているように感じられて
    そんなところにも関心しきりでした。

  • 庭の石畳の上に、ポツンと佇むレトロなおもちゃのような姿のかわいらしいロボット。
    行きつけの書店で平積みになっていた、酒井駒子さんの手によるこのカバー画を見て、思わず頬を緩めながら本書を手にとっていました。

    現代とそう変わらない雰囲気を持ちながら、高性能のアンドロイドが家事や仕事に就くのが当たり前となっていることからすると、少し未来になるのでしょうか。
    イギリスの田舎に住む、法廷弁護士として成功している妻エイミーと、対照的に職にもつかず、親から譲り受けた家で、親からの遺産のおかげでぼんやりと過ごしている夫のベン。この夫婦の家の庭に、ある日忽然とボロボロの旧式ロボットが現れたところから物語は始まります。
    タングと名乗るこの迷子のロボットに興味を持ったベンは、タングとともに、その生みの親を探す旅に出ることにし…

    キュートで魅力的なカバー画と、面白そうなストーリーにも拘らず、冒頭しばらくは、何かと頼りないベンとそれに苛立つエイミーとのやり取りにこちらまでウンザリしました。それに加えて、うるさくて駄々っ子で言うことをきかないタングの様子を見て、少しでもかわいいと思った自分に腹が立ったほどです。
    そう、誰一人共感できるキャラがいないところからスタートしたんです。

    ところがところが、二人(一人と一体!?)が旅に出てからは、いくつものトラブルやいろんな人との出会いを通じて互いに理解を深め、少しずつ少しずつ変わっていく二人(いや、そやから一人と一体)の姿に、冒頭部での苛立ちも忘れてのめり込んでいきました。
    そしてタングの仕草のかわいらしさ、微笑ましさといったら!
    時にハラハラ、時にドキドキしながら、いつの間にか、ずっとこの二人と一緒に居たいと願っていました。

    ストーリーは全く違うけど、ロボットと人間の温かい絆を描いたと言う意味で、これは現代の「ロビー(アシモフが書いたロボットものの短編)」ですね。本当にいい本でした。

  • 読み終わるとほっこりあたたかい気持ちになった。
    タングは本当に子どもみたいなロボット。タングがいたら、日常がすごく振り回されるだろうけど、子どもとの日常もそうなんだろうなぁ。

  • 壊れかけの夫婦の下に現れた、時代遅れのロボット、タング。
    タングとベンの不思議なふたり旅がこまっしゃくれててかわいい。

全71件中 1 - 25件を表示

ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)に関連する談話室の質問

ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)の作品紹介

抱きしめたいほど切なくかわいい友情物語!

2016年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、抱きしめたいほどかわいくて切ない友情物語!
AI(人工知能)の開発が進み、家事や仕事に従事するアンドロイドが日々モデルチェンジする、近未来のイギリス南部の村。法廷弁護士としてバリバリ働く妻エイミーとは対照的に、仕事も家事もせず親から譲り受けた家で漫然と過ごす34歳のベン。エイミーはそんな夫に苛立ち、夫婦はもはや崩壊寸前。
ある朝、ベンは自宅の庭で壊れかけのロボットのタングを見つける。「四角い胴体に四角い頭」という、あまりにもレトロな風体のタング。けれど巷に溢れるアンドロイドにはない「何か」をタングに感じたベンは、彼を直してやるため、作り主を探そうとアメリカに向かう。そこから、中年ダメ男と時代遅れのロボットの珍道中が始まった……。
「とにかくタングがかわいい!」と世界中の読者を虜にしている、抱きしめたいほど切ない物語。

【編集担当からのおすすめ情報】
カバー画は、「よるくま」「ぼく おかあさんのこと…」などで知られる大人気の絵本作家・酒井駒子さんが担当しました。

ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)のKindle版

ツイートする