付添い屋・六平太 鳳凰の巻 強つく女 (小学館文庫)

  • 27人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 金子成人
  • 小学館 (2016年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094062786

付添い屋・六平太 鳳凰の巻 強つく女 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おりきさんは、どこ行ったの?

  • 37

全2件中 1 - 2件を表示

金子成人の作品

付添い屋・六平太 鳳凰の巻 強つく女 (小学館文庫)の作品紹介

この時代小説がすごい!2016年版第4位

第一話 残り雁
六平太は、夕闇のなか三人の侍に襲われている男を行きがかり上、助けた。狙われた男は、大身の旗本、戸田左近家中の高山金之丞。高山は、女郎と心中した戸田左近の身代わりにされ、死んだことにされていた。
第二話 毒空月
大名家、旗本、大店に出入りする乗り物医師・志村了斎の付添いを請け負った六平太。了斎は溜まった薬代の片に商家の娘をを妾にしているという。そんな阿漕で意地の悪い了斎の乗り物が、子供達に襲われた。
第三話 強つく女
六平太は、小間物問屋「沢野屋」の女主、お寅の付添いを番頭の与左衛門から頼まれる。お寅の物に対する審美眼は確かなのだが、腕の落ちた職人に対して容赦がないため、ほうぼうで恨みを買っているというのだ。
第四話 長屋の怪
同じ長屋住まいの噺家・三治の顔色が良くない。訳を聞くと、神楽坂の料理屋で、偶然押し込みの密談を耳にしてしまい、以降誰かに付け狙われているという。折しも江戸では、荒っぽい押し込みが頻発していた。



【編集担当からのおすすめ情報】
ドラマ時代劇の英雄
北大路欣也さん、高橋英樹さん、里見浩太朗さん、
松平健さん、村上弘明さん、中村梅雀さん
こぞって絶賛!(コメント到着順)
書き下ろし時代小説界最後にして最強の新人!
最新刊第七弾のオビコメントは、西郷輝彦さん。

付添い屋・六平太 鳳凰の巻 強つく女 (小学館文庫)はこんな本です

付添い屋・六平太 鳳凰の巻 強つく女 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする