コンカッション (小学館文庫)

  • 31人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : Jeanne Marie Laskas  田口 俊樹 
  • 小学館 (2016年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094062809

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョー・ウォルト...
ピエール ルメー...
ベン・ホロウィッ...
ドストエフスキー
遠藤 周作
ドストエフスキー
三浦 しをん
ヴィクトール・E...
ニック・レーン
ミシェル ウエル...
ドン・ウィンズロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

コンカッション (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • タイトルの『コンカッション』とは「脳震盪」のことだ。NFL(全米アメリカンフットボールリーグ)におけるプレー時の衝撃がプレイヤーの脳に与える影響をひとりの医師が究明していく過程を描いたものだ。

    主題はふたつ。ひとつはNFLという大きなスポーツビジネスにおける致命的な脳神経系における健康障害の実態。もうひとつは、ナイジェリア生まれの医師で、それがゆえに被ったであろう差別や不利益を産む現実。そして、このふたつに関してビジネス利権を背景にした不誠実な圧力が絡んでくることになる。

    読書前に期待していたのは後者のストーリーよりも前者の現実や危険性や対策についての科学的な分析や知見であった。そういう意味では映画化の原作であることも理由であろうが、後者に重きを置いているところは若干不満が残った。またノンフィクションとしての出来を問うのであれば、NFL側について不誠実な対応をすることとなった科学者たちへのインタビューなどが必要であろう。

    それにしても、元プロボクサーの言動や調子がおかしいことをもはや笑うべきではないのだと思う。脳の繊細さを知るとともに、脳の可塑性に着目したリハビリ技術の向上にも期待したい。

    しかし、おそらくはほとんどの日本人がコンカッション(Concussion)が脳震盪のことだとはわからないのではないか。さらに言うと、そのタイトルからはNFLのプロスポーツにおける身体障害の危険についての警鐘というテーマが伝わらない。原題含めて「NFL」や「アメフト」という名前やそれを示唆するタイトルをつけることは難しかったのではという勘繰るのはうがちすぎなのだろうか。いずれにせよ、映画のタイトルにもなっているので仕方がないのかもしれないが、本としてのタイトルには工夫の余地があるのではと思う。



    ---
    この本の主人公でもあるBennet Omaluが次のような本を出している - ”Play Hard, Die Young: Football Dementia, Depression, and Death”。どうやら日本語化の予定はないようだけれど読んでみたい本だ。

全1件中 1 - 1件を表示

コンカッション (小学館文庫)の作品紹介

米国で今一番スキャンダラスな映画の原作!

戦火のナイジェリアに生まれ、アメリカに渡り監察医となったベネット・オマルは、ある時NFLの元スター選手マイク・ウェブスターの脳を司法解剖する。マイクは引退後に異常行動を取るようになり、破産、離婚。ホームレス同然となり、心筋梗塞で死亡した。
オマルはマイクの脳に、ある異常を発見する。実は異常行動を起こして死んだ選手は彼だけでなく、その選手たちの脳にも同じ症状が見られたのだ。オマルは激しいタックルを繰り返すことが原因と結論づけて論文を発表するが、NFLは彼の主張を受け入れず、逆に彼に圧力をかけはじめるーー
約6000人の選手がNFLを告訴し、オバマ大統領が「自分に息子がいたらフットボールのプレーを許可しない」と発言するなどアメリカ全土を巻き込むことになったアメフット脳震盪スキャンダル。その裏側と、選手の命を守るためにたった一人で巨大組織NFLに立ち向かった医師を描いた衝撃の実話。
ウィル・スミス主演の映画は制作中からNFLとの軋轢が報じられ、2016年の「白すぎるオスカー」の犠牲になったと言われる、アメリカで最もスキャンダラスな映画の原作がいよいよ日本上陸!



【編集担当からのおすすめ情報】
「2年連続で演技賞に一人も有色人種がノミネートされていない」ことを理由に、多くのハリウッド関係者が欠席を表明したことが世界中に報じられた2016年アカデミー授賞式ボイコット問題。実は映画「コンカッション」の主演俳優ウィル・スミスも演技を高く評価され、オスカーを有力視されていたにも関わらず、今回は落選。スミスも「白すぎるオスカー」の犠牲となったという見方もあり、その後、スミス夫妻は授賞式ボイコットを表明するという顛末がありました。
本作の文中にも、主張が無視され落胆するオマルに対し、「君が白人だったら状況は違っていた」と仲間に言われるシーンがたびたび登場し、今なお解決することのないアメリカの人種差別の現実について考えさせられます。
また映画製作中には製作側とNFLとの軋轢が報じられるなど、スキャンダラスな要素をたくさん含んだ本作ですが、その中でもアフリカ移民である主人公が「アメリカの正義」を体現していく姿は感動的です。
スポーツものであり、医療ものであり、一人の男の成長を描いた一気読み必至のノンフィクションです。ぜひ読んでみてください!

コンカッション (小学館文庫)はこんな本です

コンカッション (小学館文庫)のKindle版

ツイートする