夏の果て (小学館文庫)

  • 10人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 岡康道
  • 小学館 (2016年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094063059

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夏の果て (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 小説という表現方法を取っていますが、限りなく自伝として読んでしまいました。泡沫の昭和の広告の世界の物語をこういう表現で記録していくことは必要なことだと思いましたが、でも一番この物語を小説として書き残すことを必要としていたのは著者なんだろうな…とぼんやり感じました。

全1件中 1 - 1件を表示

夏の果て (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夏の果て (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏の果て (小学館文庫)の作品紹介

NHKBS ドラマ化原作が遂に文庫化!

広告界のトップクリエイターが、父と子の30年に渡る相克を描いたあまりにも鮮烈な自伝的小説。
NHKBSプレミアムで2015年にオンエアされ、大きな話題となったドラマ『私は父が嫌いです』原作小説が遂に文庫化!
広告業界に身を置く僕は、東京オリンピックに沸く池袋に育った。事業に成功していたはずの父親は、19歳のとき5億円の負債を残し失踪してしまう。苦学しながら大学を卒業し、バブルまっただ中の大手広告代理店に入社し、百鬼夜行の業界を生き抜いていく僕。仕事は成功し賞も多数獲得する。しかしその裏に暗くまとわりつくのが父親の影だった……。失踪から30年後、父親と同い年になった僕は父親の行方を捜すことにした……。
父親の影にに翻弄される主人公の人生を縦軸に、生々しCM制作現場での戦いを横軸に描いた本格長編小説。

夏の果て (小学館文庫)の単行本

夏の果て (小学館文庫)のKindle版

ツイートする