社運 (小学館文庫)

  • 13人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 長野慶太
  • 小学館 (2016年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (564ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094063127
全1件中 1 - 1件を表示

社運 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

社運 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

社運 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

社運 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

社運 (小学館文庫)の作品紹介

二転三転する日米企業の合弁交渉の行方は!

マツイ・エクセレンスの斎藤潤は、同じ健康食品企業であるアメリカのリッチベイ社と合弁企業を設立するための交渉責任者として、シンシナティ・シティに向かった。斎藤は社長の中野の腹心の部下であり、一方、リッチベイの交渉窓口となったロバートも、副社長のキースに絶対の忠誠を誓う男だった。
マツイ・エクセレンスは、中野と副社長向山の派閥争いがあり、ライバル企業のサンセット・トレードが業界第三位開健堂に続き、アメリカ企業のランパートと合併したことで、業界のトップシェアを奪われていた。
合弁事業の予定会社、株式会社アールエムの準備事務所ができ、当初は順調に交渉が進んでいた。
突如、リッチベイ社に対等合併の話が出てきた。合併賛成派は、リッチベイ社の社長・副社長側で、反対側が会長とキースの側だった。そればかりか、リッチベイ社が重大な問題を隠蔽していることが明らかになってくる。
中野の意を受け、証拠をもとにロバートを追い込むことになった斎藤。行き詰まる交渉の結果は!


社運 (小学館文庫)はこんな本です

社運 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする