モップガール 3 (小学館文庫)

  • 85人登録
  • 3.43評価
    • (2)
    • (11)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 加藤実秋
  • 小学館 (2017年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094063868

モップガール 3 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 続きが読みたくなります。

  • シリーズ第3弾・完結編。
    事件・事故現場を専門とする清掃会社「クリーニング宝船」で働く桃子は、現場に遺された想いに感応する特殊能力の持ち主。
    クリーニング宝船は「素敵なサムシング」と銘打ち、清掃業務に加え「失せ物探し」のサービスをはじめた。

    事件よりキャラクターで読ませる作品。
    これで終了なのは、なんとも残念。

  • 【収録作品】 素敵なサムシング/黒いさざ波/シャドウプレイ/モップガール 

  • シリーズ3作目で完結。しかし。大事な2の内容を全く思い出せず。。2の事件の内容が結構関わっているのに。テンポよく読みやすいけれど、ちょっと出てくる女性陣にイラっとしたりした。としかな。
    もう一度読もう…

  • なんか登場人物みんな苦手…

  • 桃ちゃんが能力を発動させた時の症状が面白かったのに、能力が進化したら只の残留思念を読み取る人になっちゃって残念(-.-)しかもその能力「素敵なサムシング」はある事情で安定していないし…(^^;)なんだか最後まで話に乗り切れなかったなぁ(--;)

  • モップガール完結編。
    前作で終わりかと思っていたら3が出た!

    今作では桃子の能力が消えたり復活したり。
    それによって悩んだりピンチに陥ったりする。
    理由はラストに判明するけれど、これを皆の前で暴露されるのは正直物凄く恥ずかしいのでは…。
    翔はずっと読めないはっきりしない奴だなあと思ってたら最後にやってくれました。
    完結編と明記されてはいるけれど、もっとこの個性豊かなクリーニング宝船の面子の話を読みたいなあと思ってしまう。
    番外編短編集とか出ないかな。

  • 加藤さんの描く女の人は同性からも好かれるキャラだなぁ。サバサバしてて内面かわいい。
    桃子と翔の未来…素敵なサムシング。すごく嬉しい。
    綺麗に掃除したら幸せ呼び込みそうな爽やかな気分です。

  • 特殊清掃会社に勤める桃子は特殊能力「素敵なサムシング」で事件を解決する。ある事件をきっかけに知り合った苑と翔の関係が気になる一方、突然特殊能力が失われて悩む桃。ギャル美樹、売れない役者重男、ポーカーフェイス翔、犬好き社長東とのチームワークも羨ましい。桃と翔も、「素敵なサムシング」で見えてしまった未来を恐れて一度は離れたけど、結果お互いの大切さがわかってよかった。ただ2巻からかなり間が空いたので、最終話の黒幕がイマイチよくわからん。

  • 超能力で事件を解決する掃除人シリーズ第三作。

    超能力がパワーアップしたかと思いきや、力が発揮できなくなったり、何とも不安定な桃子。その原因は翔ならずとも読んでいくうちに分かってくるのだが、相変わらず桃子は鈍い。
    それでもゴタゴタのうちに単純といえば単純かもしれないけれど、収まるべきところに収まり、桃子流に言えば『一件落着』か。
    それにしても翔ってこういう感じなのね…。ツンデレならぬ…。

    やはり加藤さんの昭和ネタは楽しい。今回は特に金八先生第二シリーズネタにすっかり嵌まってしまった。
    時代劇ネタも好きだし、桃子の着ボイスには毎回笑ってしまう。
    これで完結なのはやや寂しいが、ちょうどよいボリュームか。

全16件中 1 - 10件を表示

加藤実秋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印

モップガール 3 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モップガール 3 (小学館文庫)の作品紹介

シリーズ完結。桃子、ついに翔とXX!

事件・事故現場を専門とする清掃会社で働く桃子は、現場に遺された想いに感応する特殊能力の持ち主だ。しかし、肝心な事件の真相までは思い浮かばないという半端な能力のため、同僚達の協力が必要だった。
そんなある日、桃子は死んだ父親の想いに触れ、完全な能力「素敵なサムシング」を手にする。その能力を利用し、清掃業務に加え「失せ物探し」のサービスをはじめたクリーニング宝船は業績絶好調。役者志望の重男にもテレビ出演のチャンスが訪れる!
しかし、そんな折も折、桃子の能力がまったく使えなくなってしまう。そして、桃子と翔に、かつてクリーニングサービス宝船がかかわった事件にまつわる危険が迫っていた‥‥‥。
笑って泣ける新感覚ミステリシリーズ、堂々完結。

モップガール 3 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする