アイアムアヒーロー THE NOVEL (小学館文庫)

  • 15人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
  • 小学館 (2017年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094064056

アイアムアヒーロー THE NOVEL (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漫画を読んでたからイメージは出来た。そもそも漫画自体が馴染まなかったので、読む必要は無かった。後悔。

  • 2016年4月小学館刊。2017年4月に小学館文庫刊。花沢健吾の同名コミックの映画化を記念してノベライズされた同じ世界を描いた5編のアンソロジー。興味を引くものは無く、あまり楽しめませんでした。

  • 初読作家さん大集合ということで、わりと楽しめました。朝井さんの本篇に繋がる前日譚を読んでる時、数年前に読んだ『映画 ドーン・オブ・ザ・デッド』の前日譚の短編(海外翻訳本)を思い出したはいいが、なんの本に収録されていたか誰が書いていたものだったかが思い出せずに今もモヤモヤしてます。ご記憶ある方、教えてください(苦笑)。因みに「アイアムアヒーロー」は漫画も映画も好きです。

全3件中 1 - 3件を表示

朝井リョウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アイアムアヒーロー THE NOVEL (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

アイアムアヒーロー THE NOVEL (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アイアムアヒーロー THE NOVEL (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイアムアヒーロー THE NOVEL (小学館文庫)の作品紹介

ゾンビが文芸界を侵食。大人気漫画小説化

累計800万部大人気コミックス『アイアムアヒーロー』(花沢健吾・著)の映画化を記念して執筆された、朝井リョウ、中山七里、藤野可織、下村敦史、葉真中顕、佐藤友哉・島本理生という豪華執筆陣によるアンソロジー小説集。日本文学界に激震が走ったゾンビ小説が待望の文庫化。迫り来る恐怖の物語の数々にあなたは耐えられますか・・・?
(内容)
ZQN前の世界、比呂美の幸せだったころの物語(朝井リョウ)
ZQN細胞を研究している機関で起こった衝撃(中山七里)
陸上部に所属する女子中学生たちに迫り来る恐怖(藤野可織)
ZQNに効くワクチンがあるという噂。鈴木英雄が行動を起こす(下村敦史)
将棋の最高峰「名人戦」。戦いを制するのはいったい・・・・?(葉真中顕)
男性目線と女性目線が見事に交錯。息をもつかせぬ合作小説。(佐藤友哉・島本理生)

アイアムアヒーロー THE NOVEL (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする