ちょうかい 未犯調査室 2 (小学館文庫)

  • 18人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 仁木英之
  • 小学館 (2017年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094064087

ちょうかい 未犯調査室 2 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作をほとんど忘れていて、再読しておけばよかった。。。
    でも、途中からはなんとか流れにのれた感じ。
    帯の「その女」はあの人なんだろうな。あちらだったらすごい衝撃だけど。
    ジョシュが、ああ描かれていても、どこかに叙述トリックがあるのではと期待してしまう。
    あの最後では一気読みで3巻になだれこむしかないでしょ。

  • 繭をネコにする意味がわからない。さらに迷走してるな。

全2件中 1 - 2件を表示

仁木英之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西條奈加
宮部 みゆき
北村 薫
宮部 みゆき
村山 早紀
有効な右矢印 無効な右矢印

ちょうかい 未犯調査室 2 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ちょうかい 未犯調査室 2 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちょうかい 未犯調査室 2 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちょうかい 未犯調査室 2 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちょうかい 未犯調査室 2 (小学館文庫)の作品紹介

「僕僕先生」シリーズ作者新3部作第2弾!

室長の枝田千秋を触媒にした「繭」システムを使って、ネット空間などに溢れるデータのなかから犯罪の兆候を嗅ぎ取り、その抑止を任とする未犯調査室。東陽銀行の支店長を狙った凶悪事件から、謎の集団ポリスの存在に辿り着くことに成功した。
だが一方で、警察の本来の職分を逸脱したその活動内容が上層部で問題となり、2か月の活動休止に追い込まれる。さらに追い打ちをかけるように吉祥寺にある調査室のある古いビルに謎の隕石が落ち、全壊してしまう。
時を同じくするように、病院に長期入院していた通島武志の妻・沙織が忽然と
姿を消してしまった。

ちょうかい 未犯調査室 2 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする